版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
相談の森 燃え殻(著/文) - ネコノス
.
ネコノス

相談の森

発行:ネコノス
B6変型判
縦172mm 横117mm 厚さ12mm
重さ 210g
224ページ
仮フランス
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-9910614-5-5
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年12月1日
発売予定日
登録日
2020年9月19日
最終更新日
2020年11月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

文春オンラインの人気連載「燃え殻さんに聞いてみた。」を待望の書籍化。家族との関係に、職場での振る舞いに、恋に、将来に、過去の失敗に……。生きている限り、人はいつだって悩んでいる。そんな悩みの一つ一つに、自身も迷いながら答える燃え殻の「人生をなんとか乗りこなす方法」を大公開。ずばり解決策が示されるわけじゃないのに、なぜかホッとする回答の数々。61篇のQ&Aを収録予定。

『僕は日々、いろいろな判断が遅い上に、間違えがちだと注意されるほうだし、人生の大きな後悔も一つや二つじゃない。そんな人間が、他人の相談に答えるのはいくらなんでもおこがましい気がしている。だからせめて、相談の森に、朝が来るまで一緒にいることにします。かならず夜が来るように、かならず朝はやって来るから。』(本文より)

生活様式が大きく変わった2020年。誰もが戸惑い、将来の不安を感じている。生きづらさを抱える全ての人へ向けた人生の処方箋。

著者プロフィール

燃え殻  (モエガラ)  (著/文

1973年、神奈川県生まれ。テレビ美術制作会社企画、小説家、エッセイスト。
「cakes」に連載したデビュー小説をまとめた『ボクたちはみんな大人になれなかった』が2017年に新潮社から刊行され、発売からわずか4週間で7万7千部を超える異例のベストセラーとなる。第6回ブクログ大賞[2018]フリー投票部門の大賞受賞。今年7月に発売された最新エッセイ集『すべて忘れてしまうから』(扶桑社)も3万5千部を超えるヒットとなっている。現在、新潮社の文芸誌『yomyom』で『これはただの夏』連載中。テレビ・ラジオなどへの出演も多数。

上記内容は本書刊行時のものです。