版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アイレスト・ヨガ・ニドラ リチャード・ミラー(著) - KuLaScip
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03‐3664‐7334
注文FAX番号: 0120-999-968
注文メール: info@kulascip.co.jp
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784991014826

アイレスト・ヨガ・ニドラ 深いリラクゼーションと癒しのための瞑想の実践
原書: Yoga Nidra

スポーツ・健康
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:KuLaScip
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ18mm
重さ 300g
224ページ
仮フランス装
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-9910148-2-6   COPY
ISBN 13
9784991014826   COPY
ISBN 10h
4-9910148-2-4   COPY
ISBN 10
4991014824   COPY
出版者記号
9910148   COPY
Cコード
C2077
実用 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年8月13日
最終更新日
2021年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

NEXTヨガと注目されるヨガ・ニドラ瞑想法。本書は、米軍国防総省との共同研究において、ヨガ・ニドラが帰還兵のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に効果的であることを証明した、ヨガ・ニドラにおける世界的権威者の初邦訳本です。
現在アイレスト・ヨガ・ニドラ瞑想法は、慢性的な痛みから睡眠障害、PTSD、うつ病などへの効果が科学的に証明されており、アメリカ軍の医療現場でも正式に採用されています。
古代ヨガの智慧に基づく、実践的な10ステップにより、「気づき、迎え入れ、統合し」、心身を癒し、揺らぐことのない心の平和を手に入れ、真実の自分(真我)に至る方法を教える本書は、ヨガ・ニドラを学ぶ方の必修書です。

目次

序章 オープン・シークレット(公然の秘密)
第1章 素晴らしきヨガ・ニドラの世界
第2章 アイレスト・ヨガ・ニドラの練習
第3章 終わりに
訳者あとがき
著者紹介
訳者紹介
謝辞
アイレスト・ヨガ・ニドラについて
原注
訳注
リファレンス(参考資料)
対極の感じ方、感情、思考、イメージ、本質を学ぶためのワークシート
アイレスト・ヨガ・ニドラワークシート
アイレスト・ヨガ・ニドラを更に学びたい方に

前書きなど

ヨガは、「結合」と訳されることが多いのですが、それでは不十分です。
ヨガは、私たちの根底にある真髄とともに、偽りのない自発性が生まれてくる源である純粋な「ありのまま」の存在へ覚醒する行為を意味します。
一方、ニドラはサンスクリット語で「眠り」を意味しますが、それは真髄に気づいていない状態のことをいいます。誤った認識や、反射的な反応からくる思考や行為によって、振り回されている状態か、同一化してしまっている状態を意味します。
 
ヨガ・ニドラとは、「覚醒」と「眠り」というパラドックスであり、言葉遊びでもあります。ヨガ・ニドラは「ヨギーの眠り」という意味で、一般の人は、全ての意識状態 ――「起きている状態」、「夢を見ながら眠っている状態」、「夢も見ない深い眠り(熟睡)状態」 ―― において自らの真髄は眠っていますが、ヨギーといわれる人は、全ての意識状態において、眠っている時でさえも、自らの真髄に気づいていて、自らの真髄に覚醒しています。
私たちは眠っている時、夢の自分や夢の世界が現実だと信じています。
眠りから覚めた時、目覚めた状態が夢の世界に取って代わり、夢の自分と夢の世界は実際には中身のない空虚なものであったと思います。それらはマインドが投影させ、作り出したものに過ぎないと思っているのです。
通常、起きている時の意識は、世界は形ある、それぞれ分離した物質でできている、と知覚しています。起きている時に考えていることや、身の回りの物体が現実だと信じています。しかし実際は、起きている時の思考や物体こそ、自分のマインドが投影させて作り出したものであり、夢の自分や夢の中の世界と同じように中身のない空虚なもの、なのではないでしょうか? 
ヨガ・ニドラは、この事実の信ぴょう性を、自分で探求し発見するプロセスです。

通常、このような思い込みを疑う理由はありません。でも疑ってみるべきです。
アイレストは、全ての夢と目が覚めている時に起こる現象 ――思考、感情、感覚、イメージ、そして私たちの周りの世界 ―― は常に変化し、現れては過ぎ去っていくものだということを明らかにします。私たちの身体、マインド、世界に関連するあらゆる事象は、常に変化し続け、あるものから別のものへと姿を変え続け、思考、感情、感覚、イメージも絶え間なく渦巻くように変化していきます。
平穏無事な人生に執着すると、満たされることはありません。苦しみます。なぜなら人生は常に変化しているからです。
私たちは不安定な大海原の中で、何か摑まることのできる安定したもの、確固たるものを常に探しています。
アイレスト・ヨガ・ニドラは、私たち一人一人の内面をなすものは、安定した確固たる深い静寂と安らぎであることを明らかにします。そしてこの事実に気づくと、人生の混乱の最中にあっても、心の深い落ち着き、安らぎは常にそこにあることがわかります。これこそアイレスト・ヨガ・ニドラが基盤の真髄と呼ぶもので、それは最も深いところにある「我という感覚」です。そしてそれは、微塵も疑う余地のない、常に存在する深い安らぎです。
 
アイレストはあなたに、全ては変化し続けるという事実を認識し、「私」の根本的本質を探求する方法を教えてくれます。人生の変化し続ける多種多様な現象を観察している「私」が誰であり、何であり、どこにあるのかを探求する時、自分自身であると思っているこの「私」もまた実体はなく、しかし逆説的に「私」は、他の全てとは異なり変化しないことに気づきます。
アイレストは、「真我」、あるいは真の「我という感覚」が、永遠で限定しない広大な 「ありのまま」の存在であり、そこでは、目覚めている状態と夢を見ている状態の両方が存在し、多種多様な現象が、生まれ 、展開し、消えていくということに気づかせてくれます。アイレストによってあなたは純粋な「ありのまま」の存在として、「真我」を探し、発見するのです。

版元から一言

体、心を整えるヨガ、マインドフルネスに続く、スピリチュルアルなガイドとして、ヨガ・ニドラは欧米を中心に注目されています。日本でも、「眠りのヨガ」として出版されつつあります。しかし残念ながら本格的なヨガ・ニドラの本は出版されていません。
本書は、ヨガ・ニドラの世界的権威者であり、国際ヨガセラピスト協会(IAYT)の創設者であるリチャード・ミラー博士の初邦訳本です。これから、必ずやブームがやってくるヨガ・ニドラ瞑想法の必読書です。

著者プロフィール

リチャード・ミラー  (リチャード・ミラー)  (

臨床心理学者、ヨガ研究者、精神指導者。
ヨガ療法に関する権威ある団体である「国際ヨガセラピスト協会(IAYT)」の共同設立者/IAYTジャーナル創立者 兼 編集者。
アイレスト協会創始者・代表。
米軍国防総省との共同研究において、ヨガ・ニドラが帰還兵のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に効果的であることを証明した、ヨガ・ニドラにおける世界的権威者。
現在は、研究や執筆活動に加え、各国に出向き、トレーニングや瞑想リトリートなどiRestの普及活動にも精力的に取り組んでいる。

上記内容は本書刊行時のものです。