版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
狼煙 照井壮平(写真と文) - 道音舎
.
道音舎

狼煙 照井壮平写真集

発行:道音舎
A4変型判
縦224mm 横232mm 厚さ17mm
重さ 650g
112ページ
コデックス装
価格 6,400円+税
ISBN
978-4-9909354-0-5
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年10月
書店発売日
登録日
2017年9月8日
最終更新日
2017年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

写真家・照井壮平による初の写真集で、熊野、大峯、高野山をテーマにしています。ダブルトーンの色調にこだわった〝熊野グレー〟が見どころ。全69点の魅惑的な写真とエッセイを112ページの中に収めています。

版元から一言

照井壮平氏は和歌山県在住の写真家で、25年の長きにわたって紀伊半島を撮り続けてきました。主なフィールドは熊野、大峯、高野山。全112ページの中に収めたのは、従来の神々しい熊野のイメージとは異なる「どろりとした濃密な自然」。美しさと怖さが絡み合う紀伊山地の混沌が感じられます。

著者プロフィール

照井壮平  (テルイ ソウヘイ)  (写真と文

紀伊半島をフィールドとする写真家。都市からの目線で視覚化される高野・熊野像に違和感を持ち、聖地の発生原点を追い求めて撮影を開始する。1976年和歌山県生まれ。

上記内容は本書刊行時のものです。