版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
語り継ぐ力 奈良アイルランド語研究会(著) - アイルランドフューシャ奈良書店
.

語り継ぐ力 アイルランドと日本

A5判
縦147mm 横21mm 厚さ15mm
重さ 397g
260ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-9906796-4-4
Cコード
C0090
一般 単行本 文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年3月31日
書店発売日
登録日
2018年11月14日
最終更新日
2019年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-01 月刊大和路ならら    3月号
評者: 安井敬子

紹介

夢現ゆめうつつの母の声、囲炉裏端の昔話。心の奥深くへ「語り継ぐ力」とは。
語りの世界は地球上のあらゆる国に存在する。地形的な条件から似た文化が存在する日本とアイルランド。そんな二つの国を比較しながら、現在の『語り』の置かれている状況、『語り』の素材となる伝承文学、次の世代を育てる教育の果たす役割に焦点を当てながら総括的に展望する。
平成26年度から3年間にわたって科学研究費助成金を受け、語り部たちの声・教育現場の声・現地調査・アンケートをふくめ研究を重ねた。できるだけ多くの方に、この本が届き、語りやそれに付随する文化、伝統が守り続けられることを、願っている。

目次

目次
第一部 論文と研究調査
1 アイルランドと日本の民間伝承
2 アイルランドと日本の異界に関する3つの民話・伝説
3 放浪の詩人の系譜
4 失われてなお生きる世界
5 昔話を語り聴くこと
第二部 アイルランドの作家の招聘イベント
6 コルマーン・オラハリーの招聘
7 エディ・レニハンとキース・レニハンの招聘
第三部  アンケート調査と伝承文学教育
8 アイルランドと日本の民話教育の実態と人々の意識(アンケート調査を含む)
9 コルマーン・オラハリーへのインタビュー
10 アンケートから見た日本の民話教育
11 日本とアイルランドの教育現場での試みの例
12 神話・民話を語り継ぐ

梗概
編集後記
注・参考文献・資料

前書きなど

本書は、平成26年度科学研究費助成事業基盤研究Cで、3年間の計画で採択された「アイルランドと日本における伝承文学教育の文化創造可能性についての比較研究」の成果報告を基に、研究参加者以外の執筆者も加えてさらに充実させた、気迫に溢れる研究書である。

版元から一言

言語と生活は密着している。アイルランドでは今やアイルランド語を話す人口は減少しているが、アイルランド語および文学は民族アイデンティティの象徴であり、祖先からの文化遺産としてとらえられている。日本では、幸いなことに母国語言語の消滅はありえないことのように感じられているが将来果たしてどうであろう。祖先から民族に伝わる伝統が伝承される日常が少なくなっている今、改めて伝承の意味、値打を、考える一助になれば、と考える。

著者プロフィール

奈良アイルランド語研究会  (ナラアイルランドゴケンキュウカイ)  (

2007年設立 
「天理大学奈良サテライト語学教室」(天理大学、奈良新聞共催)アイルランド語講座の一期生有志が集まって、講師の荒木孝子と共に結成。
2014年 「アイルランドフューシャ奈良書店」という出版社を全員で設立、運営。
年に1冊の アイルランド国内で発刊されている本の翻訳本出版を目指して毎週土曜日に活動。アイルランド語の学習会も持つ。代表 荒木孝子  会員数 6名
主な実績 
『ルーァリーのついていない一日』(2009年3月 アイルランド メイヨー出版社)
『ルーァリーびょういんへいく』(2010年6月 アイルランド メイヨー出版社)
『トーィン クアルンゲの牛捕りとクーフリンの物語』(2014年1月 アイルランドフューシャ奈良書店)
『異界のものたちと出遭ってー埋もれたアイルランドの妖精話』(2015年3月 アイルランドフューシャ奈良書店)

上記内容は本書刊行時のものです。