版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
医療用語ハンドブック 室原良治(監修) - あおぞら音楽社
.
音楽療法士のための わかりやすい

医療用語ハンドブック 基本から略語まで

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ13mm
重さ 290g
152ページ
並製
定価 1,762円+税
ISBN
978-4-9901325-6-9
Cコード
C3073
専門 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2006年8月
書店発売日
登録日
2015年6月5日
最終更新日
2015年6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介


「もっと早くほしかった」
「読みやすい、わかりやすい」
「音楽療法士だけでなく、介護職の人にも役立つ医療用語集だ」
…と、読者からこんな声が届いています。

音楽療法士たちが現場で耳にする用語、カンファレンス(会議)で飛び交う用語から
235語を精選し、音楽療法に必須の医療用語のイロハをわかりやすく解説しました。
音楽療法士だけでなく、在宅介護に携わる方々や一般の方々にも
じゅうぶん使える便利な医療用語集となっています。

【本書の特長】
1. 音楽療法で必要な医療用語のイロハ、看護・介護用語、疾患・障害用語を精選
2. 音楽療法ではこの用語がなぜ重要か、音楽療法ではこの用語をどのように活かすのかのコメント付き
3. 医療界の隠語、難読漢字用語、アルファベット略語、原語読みカタカナ語などをコラムで解説
4. わかりやすい文章、理解を助ける図と表(82点)、大きな文字、見やすい2色刷り

【本書の構成】
A) 病院・施設 関連用語 …(1)職種・資格・施設 (2)共通用語
B) コ・メディカル 関連用語…(1)リハビリ関連用語 (2)看護・介護用語 (3)検査用語
C) 病歴関連用語…(1)記載項目用語 (2)病歴項目用語 (3)カルテ用語
D) 疾患障害用語…(1)共通用語 (2)小児関連用語 (3)成人関連用語)
コーナー : 「難読漢字用語」 「アルファベット略語」 「原語読みのカタカナ語」 「隠語・省略語」
(付) 車イスについて  和文・欧文略語さくいん

目次


はじめに―― なぜこの用語集が生まれたか
監修にあたって―― 音楽療法の現場のニーズから生まれた一冊
凡例

◆A ◆病院・施設関連用語

●1)職種・資格・施設
主治医
セラピスト
コ・メディカル
介護予防指導員  
療養型病床群
地域包括支援センター
 …など計21項目

●2)共通用語
ノーマライゼーション
プライマリケア
リビングウィル
QOL
地域リハビリテーション
病診連携
介護保険
EBM
NBM
診療報酬    
…など計27項目

◆B◆ コ・メディカル関連用語

●1)リハビリ関連用語
スクリーニング
エバリュエーション
プラトー
片麻痺
筋緊張
廃用症候群
認知運動療法
関節可動域訓練
T字杖
…など計34項目

●2)看護・介護用語
バイタルサイン
拘縮
褥創
舌根沈下
徘徊
感情失禁
臥位
ストーマ  
清拭
排泄ケア  
口腔ケア
摘便
中心静脈栄養
…など計45項目

●3)検査用語
CT
MRI
MMSE
改訂長谷川式簡易知能評価スケール
コース立方体組み合わせ検査
WAIS-R検査
全訂版田中ビネー知能検査
WISC-Ⅲ検査
WIPPSI知能診断検査
遠城寺式乳幼児分析的発達検査法
SDS自己評価式抑うつ性尺度
POMS
矢田部ギルフォード性格検査
…など計21項目
 
◆C◆ 病歴関連用語

●1)記載項目用語
主訴
愁訴
禁忌  
神経心理学的所見
…など計10項目  

●2)病歴項目用語
発育歴
発達指数
…など計4項目

●3)カルテ用語
中枢神経  
深部感覚  
非対称性緊張性頸反射
モロー反射
電気ショック療法   
心肺蘇生法
…など計17項目         

◆D◆ 疾患障害用語

●1)共通用語  
構音障害
聴覚障害  
感音難聴
伝音難聴
 …など計7項目

●2)小児に関する用語
アスペルガー症候群
注意欠陥多動障害
自閉症
脳性麻痺
吃音   
ダウン症
…など計13項目           

●3)成人に関する用語
高次脳機能障害
作話
失認症
半側空間無視
脳血管性認知症
まだら認知症
うつ病 
統合失調症
脳塞栓
くも膜下出血
脳貧血
慢性硬膜下血腫
正常圧水頭症
脊髄小脳変性症
パーキンソン病
骨粗しょう症
慢性疾患
排便障害
音声障害
嚥下障害
…など計34項目

●[コラム]コーヒーブレイク
1.難読漢字の用語  (悪心=おしん など計18語)
2.アルファベット略語  (HTl=高血圧 など計21語)
3.原語読みのカタカナ用語  (アンビュー=人工呼吸器 など計12語)
4.隠語・省略語  (アポる=脳卒中になる など計17語)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
・参考文献
・付録 車イスについて
・索引 (和文・欧文略語)

著者プロフィール

室原良治  (ムロハラ ヨシハル)  (監修

医師、日本内科学会・認定内科医。医療法人室原会 菊南病院院長。
循環器内科を専門とし、日本循環器学会、日本プライマリーケア学会に所属。

1956年、熊本生まれ。京都大学医学部卒業後、大阪赤十字病院、大阪北野病院、京都大学付属病院第3内科に勤務後、
オーストラリアに渡り、メルボルン大学・オースチン病院で心不全の新薬をテーマに研究活動を進める。
帰国後、熊本市の医療法人室原会 菊南病院院長に就任。
同病院のリハビリ医療において音楽療法を導入、推進している。

大塚裕一  (オオツカ ユウイチ)  (

熊本保健科学大学リハビリテーション学科准教授
言語聴覚士、介護支援専門員
日本音楽療法学会認定音楽療法士

1962年、熊本生まれ。日本聴能言語学院聴能言語学科を卒業、
熊本県立大学大学院文学研究科博士前期課程(日本語日本文学専攻)を修了。
1996年より熊本市の菊南病院リハビリテーション部言語療法科において、
失語症、構音障害、認知症、嚥下障害の機能訓練の中で音楽療法を継続中。2012年より現職。
主な研究テーマは、認知神経心理学的視点からの失語症症状分析、失語症患者への神経学的音楽療法の有効性など。
主著書に、『高次機能障害のグループゲーム集』(2003)、『口の体操グループゲーム集~構音障害を中心に』(2004)、
『なるほど!失語症の評価と治療』(2010)、『摂食・嚥下障害のグループゲーム集』(2011、以上ともに金原出版)。
所属学会は、日本言語聴覚士協会、日本コミュニケーション障害学会、日本音楽療法学会。
地域活動として「くまもと言語聴覚研究会」代表、「熊本県摂食・嚥下リハビリテーション研究会」運営委員、
熊本県言語障害友の会「りんどう会」運営委員を務める。
1960年代から70年代のロックを愛好、エレキ系の楽器演奏を行う。

上記内容は本書刊行時のものです。