版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
困中記 菅野良一(著/文) - ロゼッタストーン
.

困中記 日本のファーブルを夢見る男に訪れるトホホな現実の記録

四六変型判
176ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-947767-08-0
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年11月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

演劇集団キャラメルボックスの俳優として活躍しつつ、大学院で昆虫の研究を続けている菅野良一の初エッセイ。日本のファーブルを夢見る男はいつでもどこでも困ってばかり。30代独身男の不器用すぎる日常生活が笑えます。
途中にはさまれたコラムでは、昆虫の生態を紹介。ツノの小さなカブトムシがメスをゲットする方法、お利口なアリばかりの集団よりもお馬鹿なアリが混ざっていた集団のほうがエサがよく採れる…など、人間世界を彷彿させる内容で、こちらも必見です。

目次

まえがき
結婚話か泣かれるか
こりゃ~まいった…
コラム:アリとキリギリス
密かに街の人気者!?
判断ミスか?? 運の悪さか??
コラム:背の高くない男性達よ、落ち込む事なかれ
チョウの羽ばたきの影響は……??
嬉しくて困惑のお手紙
コラム:緊張は命を救う??
意外とめんくいな菅野
15年ぶりの挑戦
コラム:男と女の間には
ギャンブラー菅野
早朝の訪問者
コラム:大馬鹿の役割
あとがき

前書きなど

菅野って誰よ?? 『困中記』って何よ??って思われた方の為の
まえがきに代えた自己紹介

菅野良一。
初めて会ったほぼすべての人に『かんのりょういち』と読まれるが、『すがのよしかず』と読む。関東近辺の一般的な小中学校の夏休みの最後の日である08月31日生まれ。小学校時代はほぼ毎年、自らの誕生日を夏休みの宿題の追い込みに費やす。乙女座。

血液型不明。高校生の時血液型占いブームがあり、母子手帳を見てみたら血液型が書いてなかった。多感な年頃だったので、血液型で家族に亀裂が生じると困ると思い調べられず。身長163㎝(自己ベスト)。高2の時にマーク。高1が160.3㎝、高3が160.3㎝だった。記録係である体育委員が嘘を言うはずはないので、高2の僕は我ながらかなり頑張ったと思う。現在もこの記録を抜くべく鋭意努力中だが、毎年の健康診断では160.1~160.3㎝辺りをウロウロしている。

(中略)

経歴
物心が付いた時には昆虫を始め、生き物が大好きだった。暇さえあれば生き物を探していた。小学校の遠足では、何か珍しい虫が落ちていないかと下ばかり向いて歩いていた為、地面の記憶しかない。中学生から自然保護関係のボランティアに参加。将来、バードサンクチュアリなどのレンジャーになりたくなり、生物の専門的な知識を求めて愛媛大学理学部生物学科に進学。

(中略)

卒業後大学院に進学するつもりだったが、4年間続けてきた演劇・ダンスに多少の未練が残り、自分が好きな劇団のオーディションを1つだけ受けようと、『演劇集団キャラメルボックス』を選ぶ。夏に大学院の入学試験と劇団のオーディションを両方受け、運を天に任せて受かった方に行こうと甘い事を考えていたら、見事に両方とも落ちる。因みに大学院は2つも受けていた。さらに言うと劇団のオーディションは3次審査まで有るのだが、1次の書類審査で落ちた。後で聞いた話だと『背が低すぎる』というのが理由だったらしい。

冬にも大学院と劇団のオーディションがあり、懲りずに両方受け、今度は両方合格してしまう。夏も冬も運は天に任せられなかった。ここから演劇と研究の2足のわらじの生活が始まる。

(中略)

特技
食べた物は無駄なく体脂肪に変える。地球に優しい男。
基本的に『運が』無く、「ここぞ!!」という場面での選択がほぼ裏目に出る。その為日々いろんな事に『困って』生活している。

『困中記』とはそんな人間のトホホな日常の記録です。

版元から一言

かつて著者が小田和正さんの映画『緑の街』に出演したご縁で、帯の推薦文は小田和正さんが書いてくれました。

著者プロフィール

菅野良一  (すがのよしかず)  (著/文

8月31日生まれ。東京都出身。都立三田高校卒。愛媛大学理学部生物学科入学後、『演劇部』、『モダンダンス部(現・愛媛大学ダンスAZ)』にて演劇活動を始める。卒業後、1993年『演劇集団キャラメルボックス』へ入団。同時に愛媛大学農学研究科に進学し、以来、舞台役者と大学院生という2足のわらじを履き続ける。現在は、北の大学に籍を移し、バッタを材料に種分化関係の研究をしながら、年に1~2本、劇団の芝居に出演。少林寺拳法、合気道などの武術を生かした殺陣には定評があり、沖田総司、岡田以蔵などの歴史上の有名人物を演じる事もある。主な出演作品に映画・小田和正第2回監督作品『緑の街』、舞台・演劇集団キャラメルボックス『クロノス』『我が名は虹』『風を継ぐ者』『クローズ・ユア・アイズ』など。

上記内容は本書刊行時のものです。