版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
感染症と差別 髙石伸人(著/文) - 福岡県人権研究所
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 092-645-0388
注文FAX番号: 092-645-0387
注文メール: info@f-jinken.com
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784938725969

感染症と差別 新型コロナ感染症が炙り出した分断と差別

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
重さ 130g
88ページ
並製
価格 800円+税
ISBN
978-4-938725-96-9   COPY
ISBN 13
9784938725969   COPY
ISBN 10h
4-938725-96-7   COPY
ISBN 10
4938725967   COPY
出版者記号
938725   COPY
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年7月6日
書店発売日
登録日
2021年7月15日
最終更新日
2021年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 1 個人的な体験
 2 新型コロナウイルス感染拡大の経過
 3 新型コロナウイルスが炙り出した私たちの差別性 ― いのちの価値づけと選別 ―
 4 いのちより国策 ― 私たちはずっと少数の人の犠牲を見過ごしてきた ―
 5 私たちは「いのち」にどう向き合ってきたか ― 「生老病死」の外部化(医療化) ―
 6 コロナ禍で何が問われているか?
資 料
 1 疑心暗鬼を生ず
 2 欲しがりません、勝つまでは
 3 つながりを手放してはいけない
 4 参考文献

著者プロフィール

髙石伸人  (タカイシ ノブト)  (著/文

NPO法人ちくほう共学舎「虫の家」事務局長、筑紫女学園大学非常勤講師、元九州龍谷短期大学教授。1949年、福岡県飯塚市の寺院の三男に生まれる。鞍手郡小竹町在住。龍谷大学文学部哲学科卒業後、同和保育所児童指導員、飯塚こども劇場専従職員を経て(社福)直方市社会福祉協議会にソーシャルワーカーとして勤務。そこで、「いのち・人権・平和」をキーワードにした「市民塾」や「車イスで街を歩く会」「福祉活動体験学校」「よこいと運動会」などの企画をはじめ、障害当事者や支援ボランティアの組織化、さらに全盲児T君の「普通」校就学、専従手話通訳者の市役所配置などの運動にも取り組む。
1986年から、自宅敷地内に「障害」をもつ隣人たちと共に障害者地域活動センター「虫の家」を設立。さらに2008年には、虫の家の一角に「杉野ハンセン病資料室」を開設し、「障害」者の活動支援やハンセン病療養所入所者との交流を中心に、「少数者」の日々にこだわりながら右往左往を続けている。共著に、『「新優生学」時代の生老病死』現代書館、『水俣五〇年―ひろがる「水俣」の思い』作品社、『弱き人の側に立ちて』永田文昌堂など。主な論文に、「証言『らい予防法』を生きて」「閉塞する死~『商品化社会』の精神に関する一考察」「『住民主体』原則のアポリア」などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。