版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「風の谷のナウシカ」と「モモ」から学ぶ 山本哲士(著/文) - 読書人
..

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

9784924671706

「風の谷のナウシカ」と「モモ」から学ぶ (カゼノタニノナウシカトモモカラマナブ) たいせつなことは何か (タイセツナコトハナニカ)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:読書人
新書判
縦173mm 横106mm 厚さ10mm
224ページ
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-924671-70-6   COPY
ISBN 13
9784924671706   COPY
ISBN 10h
4-924671-70-3   COPY
ISBN 10
4924671703   COPY
出版者記号
924671   COPY
Cコード
C0010  
0:一般 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年7月28日
最終更新日
2022年8月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

エンデの「モモ」と宮崎駿の壮大な漫画「風の谷のナウシカ」から、現代世界の問題を解き明かし、混迷の「いま」を「生きる」ために、大切なことを探しあてる、明晰な書。
モモもナウシカも、困難な現実がおそいかかる中で、状況に振り回されず、1対1の対(つい)的な関係を何より大切に、現実を乗り切ります。
産業社会とはいかなる世界か。さかさま小路 / どこにもない家 / 時間の花の国
環境破壊された腐海は、いかなる世界か。大海嘨 / 青い地 / 墓所
コロナ禍、そしてウクライナ戦争から危機におちいった「今」の世界秩序を乗り切っていくために、ふたりの少女のあり方から、「生きねば !!」のたいせつなことを学ぶ。
流行をこえて、今こそ読まれるべき2つの名著を、世界最先端で考える哲学者が、簡明に解き明かします。

目次

まえがきーー「星の王子さま」から
❶『モモ』から学ぶ、たいせつなこと
Ⅰ モモとベッポとジジーーたいせつな存在とコンビビアルな関係と場所
  ベッポとジジ 真のともだち/「対的なもの」のたいせつさ/モモのこと①産業社会に記録されない、聞き上手の女の子
Ⅱ 時間をうばう灰色の男たちーーひっくり返った世界
  子どもたちと「子どもの家」と親たち
Ⅲ 時間の花の国とマイスター・ホラ、そしてカシオペイアーー本質的なもの
  カシオペイア、モモを「どこにもない家へみちびく」/時間の花の国で
Ⅳ 還ってきたモモはひとりぼっちにーーさらにすすんでいた産業社会
  モモとは、その② /カシオペイアが脇にいる/「さかさま小路」の意味/灰色の男たちの狼狽ぶりーー独裁世界の終末
 現代社会=産業社会のひっくりかえり
 見ているのに、見ていない・認めない
  ディズニー世界に注意を/「裸の王様」ではなく「皇帝の新しい着物」
 コラム 死と霊性と生きること

❷「生きる」ナウシカから学ぶ  対(つい)関係のやさしさ
  「モモ」から「ナウシカ」へ/ナウシカとクシャナ
  出会いと場所 第1章 風の谷
  青き衣をまとう者 第2章 酸の湖
  カイの死 第3章 土鬼戦役
  お行き 心のおもむくままに いとしい風よ 第4章 破局へ
  王蟲とともに死していくナウシカ?! 第5章 大海嘯
  清浄の世界へ行き、もどってくる 第6章 青き地
  ナウシカと巨神兵による最後の戦い 第7章 墓所

❸ 知をつくし情をつくしてたいせつなことをーー現在世界としての「風の谷のナウシカ」と真実を見ること
  生存と世界観
  1 技術と身体 生命と技術/2 独裁国家と民衆/3 腐海と大海嘯、そして真実とは・・・

終章 王蟲、カイ、テトが亡くなった悲しみをこえて生きる対の力
あとがき
  

著者プロフィール

山本哲士  (ヤマモトテツジ)  (著/文

1948年生まれ。教育学博士。元信州大学教授、元東京藝術大学客員教授。「一般財団法人・日本国際高等学術会議」を設立、理事長。世界の第一線の学者たちと交通し、新たな学問体系を哲学地盤から構築。著書・編著は50書以上、編集雑誌は150冊以上に及ぶ。『ピエール・ブルデューの世界』『吉本隆明の思想』(三交社)『ミシェル・フーコーの思考体系』『イバン・イリイチ』(EHESC 出版局)で思想家4部作を完成。国家論5部作、『吉本隆明と共同幻想論』(晶文社)『フーコー国家論』『ブルデュー国家論』『国家と再認・誤認する私の日常』『私を再生産する共同幻想国家・国家資本』(EHESC 出版局)を完成。『哲学する日本』『<もの>の日本心性』『国つ神論』『述語制の日本語と日本思想』(EHESC出版局)の日本論から哲学地盤を転換。

上記内容は本書刊行時のものです。