版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
柄谷行人発言集 対話篇 柄谷行人(著/文) - 読書人
..

柄谷行人発言集 対話篇

発行:読書人
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ41mm
重さ 1127g
940ページ
定価 7,800円+税
ISBN
9784924671454
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年11月12日
書店発売日
登録日
2020年9月30日
最終更新日
2020年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-11-15 読売新聞  朝刊

紹介

デビューから50年にわたる対話の記録
(著者単行本未収録原稿のみを収録)
1969年の文芸評論家デビュー直後から、様々な論者(哲学者・作家・批評家・研究者・音楽家)と対話をおこなってきた柄谷行人氏。その50年にわたる対話の記録。
著者単行本未収録の「対話」55本を収録。総原稿は100万字(原稿用紙2500枚)を超える。著者30代~70代までの思考の軌跡を一望に見渡すことができ、〈夏目漱石論〉にはじまり、『マルクスその可能性の中心』『隠喩としての建築』『日本近代文学の起源』『批評とポスト・モダン』『探究』を経て、『トランスクリティーク』『世界史の構造』『哲学への起源』『帝国の構造』『憲法の無意識』へとつづく、巨大なる"知の山脈"を形作った思想家・批評家の、その格闘する姿が、本書で明らかになる。

目次

【全対談者、47名】
赤坂憲雄、赤間啓之、秋山駿、浅川マキ、石原慎太郎、いとうせいこう、入江隆則、岩井克人、江藤淳、大澤真幸、大塚英志、大西巨人、奥泉光、桶谷秀昭、笠井潔、金井美恵子、唐十郎、苅部直、川村湊、國分功一郎、小林敏明、小森陽一、坂部恵、坂本龍一、佐々木幹郎、佐藤優、島田雅彦、絓秀実、関井光男、髙澤秀次、竹田青嗣、田中小実昌、田畑稔、多和田葉子、富岡多惠子、長崎浩、中村雄二郎、西部邁、日野啓三、平岡篤頼、福田和也、丸川哲史、三好行雄、横尾忠則、渡辺京二、渡部直己、汪暉

著者プロフィール

柄谷行人  (カラタニコウジン)  (著/文

思想家。東京大学大学院修士課程修了。1969年、『〈意識〉と〈自然〉――漱石試論』で群像新人文学賞(評論部門)を受賞してデビュー。著書に『定本 柄谷行人集』(全5巻)、『哲学の起源』『世界史の構造』『世界共和国へ』『遊動論』『帝国の構造』『柄谷行人文学論集』『憲法の無意識』など。1941年生。

上記内容は本書刊行時のものです。