版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
検証 党組織論 小西 誠(著) - 社会批評社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784916117601

検証 党組織論 (ケンショウ トウソシキロン) 抑圧型から解放型への組織原理の転換

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:社会批評社
四六判
263ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-916117-60-1   COPY
ISBN 13
9784916117601   COPY
ISBN 10h
4-916117-60-3   COPY
ISBN 10
4916117603   COPY
出版者記号
916117   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2004年3月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

すべての党の歴史は党員・大衆の抑圧の歴史だった―本書では、マルクス、レーニン、トロツキー、ローザ、スターリンなどの「20世紀社会主義」崩壊の根本的原因となった、党組織論が厳密に検証され、既存「党組織」の崩壊の必然性と21世紀の「解放型組織」への原理的転換が提唱される。

目次

まえがき 2
第1章 日本における左翼諸政党・諸党派の組織論  小西 誠  7
 はじめに 7
 1 抑圧的組織原理としての民主的中央集権制 10
 2 党員・大衆の抑圧システムと化した党 27
 3 二一世紀型の新しい党の組織原理 37

第2章 レーニン、トロツキー党組織論の批判的検討  吉留昭弘 47
 はじめに 47
 1 レーニン党組織論の特徴 49
 2 ローザ・ルクセンブルクのレーニン批判 53
 3 トロツキーのレーニン批判 55
 4 第一〇回党大会決議と党建設の二つの方向 60
 5 レーニン最後の闘争と党組織問題 64
 6 レーニン後の党内闘争とスターリン主義組織路線の形成過程 70

第3章 ローザ・ルクセンブルクの中央集権制批判と二一世紀の党論  生田あい 80
 はじめに 80
 1 「中央政治局の壁」の前で 83
 2 現代に継承すべきローザ組織論 91
 3 コミュニズムの理念(原理)と党観 103

第4章 マルクス『共産主義宣言』の党組織論の原点  いいだ もも 115
 1 『共産主義宣言』による初発の党観 115
 2 共同体ゲマインシャフトから契約社会ゲゼルシャフトへ 124
 3 プロレタリア革命の画する人類文明史の再構想 132
 4 一八四八年革命の帰趨とそのマルクスの組織論的総括 143
 5 意識革命の「三つの源泉」とライプニッツスピノザ哲学 151
 6 意識と実践、主体と客体のマルクス的弁証法の根底から 161

第5章 コミンテルンの加入条件二一カ条とスターリン主義組織論  来栖宗孝 173
 1 コミンテルンの創設について 173
 2 コミンテルン加入条件二一カ条の解題 177
 3 コミンテルン組織論の誤謬とはなにか 204

第6章 言語の政治におけるNAM・世界社会フォーラム組織論評註  木畑壽信 210
 1 問題の政治空間 《真理の政治》から《言語の政治》へ 210
 2 地層の移行 《言語の政治》 219
 3 《新しい型の党》組織論の生成 252

著者プロフィール

小西 誠  (コニシ マコト)  (

1949年宮崎県生まれ。航空自衛隊生徒隊(少年自衛官)卒業後、隊内で治安出動に反対して逮捕・起訴されるが、81年無罪確定。社会・軍事批評者。主な著書に『マルクス主義軍事論1・2巻』『自衛隊の周辺事態出動』『新左翼運動その再生への道』『検証 内ゲバ』など。

生田あい  (イクタアイ)  (

 大阪生まれ。1967年に立命館大学に入学し70年 安保闘争に参加。その後社会運動家として活躍。現在、共産主義協議会「コム・未来」事務局長。
 主な著書に編著『女たちのローザ・ルクセンブルグ』『共産主義者、奔走す』『誤謬―党と国家一体化の神話』など。

いいだもも  (イイダモモ)  (

1926年、東京生まれ。49年東京大学法学部卒業。作家・批評家。
主な著書に『エコロジーとマルクス主義』『20世紀の社会主義とは何であったか』『自民党大熔解の次は何か?』など。

吉留昭弘  (ヨイトメアキヒロ)  (

1937年鹿児島生まれ。著書に『ソ連崩壊とマルクス主義』など 

来栖宗孝  (クルスムネタカ)  (

 1920年生まれ。元東海大学文明研究所教授。
 『刑事政策の諸問題』などの刑事政策関係著作(共著を含む)論文多数。日本左翼運動史などの論文、紹介多数。  

上記内容は本書刊行時のものです。