版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北海道と九州の山々 前川整洋(著/文) - 新ハイキング社
.

北海道と九州の山々 日高山脈・幌尻岳と屋久島・宮之浦岳

四六判
縦195mm 横128mm 厚さ15mm
重さ 290g
264ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-915184-45-1
Cコード
C1026
教養 単行本 旅行
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年9月
書店発売日
登録日
2015年8月11日
最終更新日
2015年8月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

もくじ


第一部 北海道の山々 原野に聳えるアイヌ民族の風土と野生動物の山岳
羊蹄山日本海と太平洋を見渡せる山  10
十勝岳火山礫に蔽われた十勝山脈の最高峰  21
雄阿寒岳阿寒湖畔に聳える秀峰  32
雌阿寒岳すり鉢を伏せた形の活火山  38
利尻山最果ての島に聳える尖峰の富士山  45
斜里岳滝が連続する登山道の山  58
羅臼岳断崖のつづく知床岬の最高峰  67
第二部 幌尻岳 カムイエクウチカウシ山を凌ぐ高さと
三つのカールをもつ日高山脈の盟主
徒渉をくり返し登る日高山脈の最高峰  84
新千歳空港から平取町振内へ  84
アイヌの里・二風谷  91
額平川登山口から幌尻山荘  100
幌尻山荘にて  107
幌尻岳と戸蔦別岳  110
土砂降りの額平川  122
第三部 登山にあたって 登って終わりではないための知識
大雪山の魅力  134
アイヌの文化と思想  139
北海道の名づけ親・松浦武四郎  143
競馬史上最高の種牡馬・サンデーサイレンス  148
羆による登山者の大惨事  157
屋久杉と縄文杉  166
縄文人と渡来人  170
山の俳句を通しての俳句史  174
第四部 九州の山々 太陽と大陸に近い草原と照葉樹林の山岳
韓国岳と高千穂峰なだらかな火山群と神話の高千穂峰  186
開聞岳海岸に聳える南国の富士山  195
祖母山原生林に蔽われた秀峰  201
九重山草原と火山礫の活火山  210
阿蘇山世界最大級のカルデラの山  217
由布岳メルヘンの双耳峰  225
雲仙岳普賢岳も座す南国の火山  233
第五部 宮之浦岳 国内最大雨量の自然環境にある最南端の百名山
海に囲まれた屋久杉と笹原の山  240
淀川登山口から宮之浦岳  241
新高塚小屋から縄文杉  249
白谷山荘から白谷雲水峡  253

あとがき  256
参考文献  261

前書きなど

北海道および九州の山々と本州の山々との違いは、エキゾチックな装いを交えた日本の原風景がそこにあるからといえる。
北海道の広々した原野、その果ての尖りかげんの山々は、ヨーロッパ的あるいは北欧的でもある。
九州の山々は、地形的な地味さと色彩的な明るさのコントラストが、東洋的なあるいは仙人的な境地にもつながっている。(「はじめに」より)



火口にも夏草茂る羊蹄山
夏空に尖の字描く利尻岳
日盛りや空まで延びる火山礫
カールより聳ゆ幌尻岳涼し
火山湖の形真ん丸若葉風
普賢岳の山頂近くまで新緑
ごつごつと縄文杉や春の闇
               本文の俳句より

著者プロフィール

前川整洋  (マエカワセイヨウ)  (著/文

著者略歴
 前川 整洋(まえかわ せいよう)
昭和26年 東京生まれ
昭和51年 名古屋大学大学院卒業。
小学校5年のとき高尾山に隣接する景信山(727m)に登ったのをきっかけに、登山をつづけるとともに、山岳紀行、詩、俳句を書きはじめる。その体験を活かし自然、詩、俳句についての評論も書く。深田久弥の日本百名山完登。産業機械メーカーで流れと熱の解析を担当。近代詩の始祖とされるボードレールの評論を執筆して新境地を拓く。
作家 詩人 俳人
現代詩創作集団「地球」(平成21年終刊)元同人
俳句会「白露」(平成24年終刊)元会員
新ハイキング元会員

著書
『雲ノ平と裏銀座』(近代文芸社)
『秘境の縦走路』(白山書房)
『大雪山とトムラウシ山』(白山書房)
『シンセティックCAD(Computer Aided Design)』(培風館、図学会編、分担執筆)
『いくつもの顔のボードレール』(図書新聞)

入賞・入選実績
平成18年 コスモス文学新人奨励賞(評論部門) 「詩人を通しての自然」
平成18年 三重県の全国俳句募集「木の一句」 大紀町賞
平成19年 コスモス文学新人奨励賞(詩部門) 「聖岳」
平成20年 第八回うれしのあったかまつり百人一句 入選
平成21年 大好きドイツエッセイコンテスト2009 入選 「百の頂に百の喜びあり」
平成21年 NHK全国俳句大会 正木ゆう子選 秀作
平成22年 NHK全国俳句大会 金子兜太選 坊城俊樹選 佳作
平成22年 第五〇回静岡県芸術祭 詩部門入選 「赤石岳」
平成23年 第五一回静岡県芸術祭 評論部門入選 「宮沢賢治の詩が織りなす自然」
平成23年 第一六回「草枕」国際俳句大会 稲畑汀子選 佳作
平成24年 第一回与謝蕪村顕彰 与謝野町俳句大会 宇多喜代子選 秀逸
平成24年 第六三回名古屋市民文芸祭 詩部門佳作 「キュビスム」
平成25年 第六四回名古屋市民文芸祭 詩部門佳作 「五月の恵那山」
平成26年 第六五回名古屋市民文芸祭 詩部門佳作 「早池峰山」

上記内容は本書刊行時のものです。