版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
Discovering London in the 21st Century 西野 博道(著/文) - 流通経済大学出版会
.
【利用不可】

Discovering London in the 21st Century (ディスカバリング ロンドン イン ザ トゥエンティーワン センチュリー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ9mm
重さ 180g
168ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-911205-02-0   COPY
ISBN 13
9784911205020   COPY
ISBN 10h
4-911205-02-4   COPY
ISBN 10
4911205024   COPY
出版者記号
911205   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年3月1日
書店発売日
登録日
2024年1月30日
最終更新日
2024年3月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 本書は、英国ロンドン人気観光スポット30か所を取り上げ、その歴史的変遷、見どころ、最新情報をエッセイ風に解説、あるいは学術的、哲学的な考察を試み、英国文化の本質に迫ることを意図して執筆した英文書籍です。「イギリス人の本質とは何か?」「英国らしさとは何か?」「なぜロンドンにはゴシック建築が多いのか?」「なぜ英国の女性作家は活躍できるのか?」などの主題を、ロンドンの観光名所を通して縁ある王族、政治家、詩人、作家、文学者、哲学者の思想を紹介し、さらに一歩踏み込み解釈を試みています。後半には、教会の役割、交通史、食生活、漱石のロンドン、紅茶文化などについての解説もあります。英語教育に携わる方、語学系学生、大学院生のみならず、英語に多少なりとも関心のある一般の方々も興味を持って読んでいただけます。また、大学の一般教養科目・語学用テキストとしても最適です。チャールズ3世、カミラ王妃の戴冠式直後のロンドンの写真が100枚以上掲載され、巻頭に英語のロンドン市街マップが付いており、本書内容理解の一助となっています。

目次

1. A Brief History of London

2. British Royal Family and Palaces

3. Palace of Westminster and Churchill

4. The Tower of London and King Edward the First

5. London Bridge and Tower Bridge

6. The British Museum and the Great People

7. The Globe Theatre and Shakespeare

8. Dr Johnson's House

9. The Sherloock Holmes Museum

10. London King's Cross and Harry Potter

11. Soseki and London

12. Royal Parks in London

13. Churches in London

14. Transportation in London

15. The Food of the Individualist British People

上記内容は本書刊行時のものです。