版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
『ピカドン』(初版オリジナル復刻版)/『ピカドン』とその時代 丸木位里(絵・文) - 琥珀書房
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
八木     ト・日・他     書店
直接取引:あり
返品の考え方: 返品条件付き出荷

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

『ピカドン』(初版オリジナル復刻版)/『ピカドン』とその時代 (ピカドン ショハンオリジナルフッコクバン ピカドントソノジダイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:琥珀書房
四六横判
126ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-910993-21-8   COPY
ISBN 13
9784910993218   COPY
ISBN 10h
4-910993-21-5   COPY
ISBN 10
4910993215   COPY
出版者記号
910993   COPY
Cコード
C0071  
0:一般 0:単行本 71:絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年8月6日
書店発売日
登録日
2023年7月26日
最終更新日
2023年9月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-02-16 みすず  読書アンケート2023
評者: 川本隆史
2024-01-13 図書新聞  3622
評者: 宮田徹也
2023-10-20 週刊金曜日  1445
評者: 長瀬海
MORE
LESS

紹介

「原爆の的確な記録であるばかりでなく、ファンタスティクな魅力をそなえたこの小さな絵本」―大江健三郎(『ヒロシマ・ノート』エピローグより)

1950年、朝鮮戦争勃発後まもない夏、<原爆の図>制作中の丸木夫妻によって編まれた小さな絵本が、研究者の解説冊子とともに当時の姿でよみがえる。

本書は、「原爆の図」の共同制作で知られる画家の丸木位里と赤松俊子(丸木俊)が絵と文を手がけた絵本『ピカドン』(平和を守る会編、ポツダム書店刊)を、一九五〇年の発表時の状態を可能な限り再現して復刻し、あわせて別冊として研究者の解説をまとめたものである。
『ピカドン』は、連合国軍の占領下で原爆報道を禁じるプレスコード(検閲)があり、加えて六月に朝鮮戦争がはじまって反戦運動への圧力も強まるさなかに刊行された。広島に原爆が落とされた当日に各地で起きたできごとの記憶を、ペン画の明瞭な描線と簡潔な語り口によって多角的に伝えるこの絵本は、これまでにも複数の出版社から装いを変えてたびたび刊行されてきた。しかし意外なことに、一九五〇年当時のまま、掌に収まる軽やかな造本を再現する機会は、今回が初めてである。

目次

『ピカドン』絵・文 丸木位里・赤松俊子(丸木俊)

カラー口絵特別付録 
  幻灯ピカドン/「原爆の図」展ポスター/「原爆の図」関連木版画
はじめに 岡村幸宣
『ピカドン』―たぐいまれなる物語 小沢節子
『ピカドン』と「原爆の図」全国巡回 岡村幸宣
『ピカドン』という出版物の流通と変遷について 鳥羽耕史
幻灯『ピカドン―広島原爆物語―』について 鷲谷花
『ピカドン』と大江健三郎『ヒロシマ・ノート』 高橋由貴

前書きなど

はじめに岡村幸宣

本書は、「原爆の図」の共同制作で知られる画家の丸木位里と赤松俊子(丸木俊)が絵と文を手がけた絵本『ピカドン』(平和を守る会編、ポツダム書店刊)を、一九五〇年の発表時の状態を可能な限り再現して復刻し、あわせて別冊として研究者の解説をまとめたものである。
『ピカドン』は、連合国軍の占領下で原爆報道を禁じるプレスコード(検閲)があり、加えて六月に朝鮮戦争がはじまって反戦運動への圧力も強まるさなかに刊行された。広島に原爆が落とされた当日に各地で起きたできごとの記憶を、ペン画の明瞭な描線と簡潔な語り口によって多角的に伝えるこの絵本は、これまでにも複数の出版社から装いを変えてたびたび刊行されてきた。しかし意外なことに、一九五〇年当時のまま、掌に収まる軽やかな造本を再現する機会は、今回が初めてである。
本書解説編については、その歴史的な意義を明らかにするため、一九五〇年代の文化運動や原爆の表象についての研究を積み重ねてこられた方々に、それぞれの専門領域に即して解説を依頼した。『「原爆の図」―描かれた〈記憶〉、語られた〈絵画〉』(岩波書店、二〇〇二年)の著者であり、「原爆の図」のみならず被爆体験の表現について幅広い関心を寄せる

歴史家の小沢節子は、『ピカドン』の意義と役割を読みなおし、時代を超えて何度も「発見」される表現の可能性を示している。『1950年代―「記録」の時代』(河出書房新社、二〇一〇年)の著者である文学研究者の鳥羽耕史は、『ピカドン』成立の経緯を整理するとともに、その流通と復刻の変遷について明らかにした。一九五〇年代に社会運動のメディアとして広く活用されていた幻灯(スライド)の研究者である鷲谷花は、絵本を再構成した幻灯版『ピカドン』を詳細に分析し、原水禁運動における幻灯の活用の問題にも言及している。戦後日本文学の研究者である高橋由貴は、『ピカドン』を挿画に使い、その存在に再び光を当てた大江健三郎の『ヒロシマ・ノート』(岩波新書、一九六五年)との関係性を考察する。また、原爆の図丸木美術館の学芸員として「原爆の図」の一九五〇年代の全国巡回の調査研究を行ってきた岡村も、巡回展で用いられたポスターや当時の木版画運動などの複製芸術と『ピカドン』の同時代性についての執筆を担った。
以上の解説に加え、付録として収録した幻灯版『ピカドン』と巡回展ポスター図版も、まとまって初公刊となる。本書の刊行に尽力してくださった琥珀書房の山本捷馬さんに心より感謝したい。なお、原爆の図丸木美術館では、一九五〇年代における丸木と赤松をめぐる複製芸術に焦点を当てた企画展「『ピカドン』とその時代」(二〇二三年十月七日~二〇二四年一月二十八日)を開催することになった。『ピカドン』の原画は所在不明だが、〈原爆の的確な記録であるばかりでなく、ファンタスティクな魅力をそなえたこの小さな絵本〉(大江)は複製技術とともに拡がり続ける。原爆投下から八十年の歳月が過ぎようとしている、しかし核の脅威はいっそう日常と隣りあわせにある今日の時代に、人から人へと手わたしていきたい。

版元から一言

大江健三郎は、『ヒロシマ・ノート』のエピローグで、「『ピカドン』という小さな絵本のことを記憶している人々が、果たしてどれだけいるだろうか?」と述べています。
『ヒロシマ・ノート』の刊行とこの言葉の影響でこれまで多くのヴァージョンの『ピカドン』が刊行され、1965年『ヒロシマ・ノート』刊行以前よりも知られてはいるでしょうが、いまの若い世代にとっては、再び知られずにいるのではないでしょうか。
古書でもオリジナルは数万円の値段がついており、気軽に手に取れるものではないでしょう。
そのような状況の中、岡村幸宣学芸員のお声がけで、初版オリジナルの復活の企画がうまれたのは2022年の6月の広島でした。(原爆の図丸木美術館での企画展にあわせての刊行となりました。)

著者プロフィール

丸木位里  (マルキ イリ)  (絵・文

1901年6月20日に広島の太田川上流の船宿を兼ねる農家に生まれた。戦前には前衛的な美術団体である歴程美術協会や美術文化協会に参加、抽象やシュルレアリスム(超現実主義)を取り入れた独自の水墨画を発表して高い評価を受けた。1941年に油彩画家の赤松俊子と結婚。1945年に広島に原爆が落とされた時には、数日後にかけつけ、その様子を目撃した。やがて夫婦共同制作で《原爆の図》の制作に取り組み、30年以上の歳月をかけて15 部の連作を完成。その一方で風景を中心としたスケールの大きな水墨画を数多く残している。1995年10月19日永眠、享年94歳。

赤松俊子(丸木俊)  (アカマツ トシコ)  (著/文 | イラスト

1912年2月11日に北海道秩父別の善性寺に生まれた。女子美術専門学校(現・女子美術大学)で油絵を学び、その後、モスクワ、ミクロネシアに滞在。 油絵やスケッチを多数描き、二科展に入選。1941年に水墨画家の丸木位里と結婚。戦後は《原爆の図》をはじめ《南京大虐殺の図》、《アウシュビッツの図》、《水俣の図》、《沖縄戦の図》など 社会的主題の夫婦共同制作を発表している。また、すぐれた絵本作家としても知られ、『ひろしまのピカ』、『つつじのむすめ』などの絵本は今も多くの人に読み継がれている。2000年1月13日永眠、享年87歳。

岡村幸宣  (オカムラ ユキノリ)  (解説

原爆の図丸木美術館学芸員

小沢節子  (コザワ セツコ)  (解説

日本近現代史研究者

鳥羽耕史  (トバ コウジ)  (解説

早稲田大学文学学術院教授

鷲谷花  (ワシタニ ハナ)  (解説

大阪国際児童文学振興財団特別専門員

高橋由貴  (タカハシ ユキ)  (解説

福島大学人間発達文化学類准教授

上記内容は本書刊行時のものです。