版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
さよならデパート 渡辺 大輔(著) - スコップ出版
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910800004

さよならデパート

このエントリーをはてなブックマークに追加
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 328g
304ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-910800-00-4   COPY
ISBN 13
9784910800004   COPY
ISBN 10h
4-910800-00-X   COPY
ISBN 10
491080000X   COPY
出版者記号
910800   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年4月27日
書店発売日
登録日
2022年3月11日
最終更新日
2022年5月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-07-20 山形新聞  朝刊
評者: 高橋義夫
MORE
LESS

重版情報

2刷 出来予定日: 2022-06-21
MORE
LESS
好評につき第2刷出荷中です

紹介

「うそだよね。大沼がなくなるなんて」

2020年1月27日、山形の老舗デパート「大沼」が突然、自己破産を発表した。
約200人の従業員は即日解雇。「全国初の百貨店ゼロ県」とも報じられた。
本書では、大沼の生きた320年をたどりながら、繁栄と終焉の内側を描く。

著者は山形で事業を営み、大沼デパートとも取引をしていた。
取材に応じたのは、破産を決定した社長や解雇された従業員、ライバル店の幹部など。
さまざまな関係者の証言と、膨大な資料で構成したノンフィクション・ストーリー。

目次

<目次と概要>

      開戦:「商い」という戦いの始まり
      全滅:明治維新の皮肉
       鬼:嫌われた英雄
     黒い雲:光明としての勧工場
    花が咲く:日露戦争に散った者たち
      炎上:街がみんな燃える
      成る:待望のデパート誕生
      挫折:のしかかる太平洋戦争
      双頭:2大デパート「大沼」「丸久」
   旅せよ日本:観光ブームの裏側
      摩擦:中小商店との軋轢
      新興:駅前の覚醒
      激突:スーパーマーケット来襲
      事件:大型店戦争
   灰から灰へ:大沼デパートの焼失
   炎は消える:昭和に消えた男たち
      脱落:平成の大穴
      家族:震災の宣告
さよならデパート:老舗看板の崩落
     日曜日:今日、全て終わる

版元から一言

山形在住の強みを生かし、長大な時間を取材と調査に投入して仕上げた1冊です。
また、ライバル店「丸久」「十字屋」「藤崎」や、スーパーマーケット「ダイエー」「ジャスコ」「ニチイ」との攻防も詳しく描いています。

著者プロフィール

渡辺 大輔  (ワタナベ ダイスケ)  (

1980年山形県生まれ。大阪芸術大学文芸学科中退。
飲食店業や食品製造業を営みながら、山形市小姓町にかつて存在した遊郭や、キャバレーを題材にした作品をそれぞれ出版。

上記内容は本書刊行時のものです。