版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
スッタニパータ「犀の経典」を読む アルボムッレ・スマナサーラ(著) - サンガ新社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

スッタニパータ「犀の経典」を読む (スッタニパータ サイノキョウテンヲヨム)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:サンガ新社
A5判
縦216mm 横153mm 厚さ23mm
重さ 500g
272ページ
上製
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-910770-13-0   COPY
ISBN 13
9784910770130   COPY
ISBN 10h
4-910770-13-5   COPY
ISBN 10
4910770135   COPY
出版者記号
910770   COPY
Cコード
C0015  
0:一般 0:単行本 15:仏教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年12月1日
書店発売日
登録日
2022年10月25日
最終更新日
2022年11月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

最古層の仏典「犀の経典」
全41偈を明解に解説!
------------
◆宮崎哲弥氏推薦!◆
「犀の角のようにただ独り歩め」とは
あらゆる関係性からの独立宣言であり、
仏道を照らし出す灯火のような一句なのだ。
------------

覚りに達した聖者は、私たちが生きる世界をどのように分析するのか?
悩み苦しみが生まれる原因を明らかにし、
真の自由を獲得する道を提示する!

「犀の角のようにただ独り歩め」というフレーズで有名な「犀の経典」は、初期仏教経典「スッタニパータ(経集)」の第一「蛇の章」に収められている。全41篇の偈(詩)で構成されたこの最古層の経典は、覚りに達した聖者の見地から、私たちが生きる世界がどのようなものかを明らかにしていく。スマナサーラ長老の明解な解説で「犀の経典」の真意を理解し、自身の心を観察することで、悩み苦しみの原因を発見することができるだろう。「犀の経典」は自分の心に内在している汚れを落とし、自由を獲得するための教えなのである。

【目次】
序文 宮崎 哲弥
「犀の経典」の読み方
1 幻覚から目覚める
2 自由に生きる家生活です
3 善き友と歩む真理の道
4 無色透明の心
5 聖なる人は素顔で生きる
6 心の独立宣言
7 聖者は風のように

【本文より抜粋】
◆自己観察して悩み苦しみの原因を発見するためのマニュアル◆
この「犀の経典」は、自己観察するための、自分自身の悩み苦しみの原因を発見するためのマニュアルです。経典を読みながら、自分の心を観察してほしいのです。観察することで、「なぜ自分に悩み苦しみが生まれるのか?」という、その原因が見つかります。

◆内在している汚れを落とし自由を獲得するための教え◆
「犀の経典」は、外界ではなく、自分の心に内在している汚れを落として、自由を獲得するための教えです。理解できる人は、苦しい社会で苦しみなく生きられます。悩み・嫉妬・落ち込み・憎しみ・不安・恐怖などの感情で満ちているこの世で、安穏・安心に生きられるのです。

目次

序文 宮崎 哲弥

「犀の経典」の読み方

1 幻覚から目覚める
第一偈 孤独は怒りではない
第二偈 愛着はタダではない
第三偈 友人の問題

2 自由に生きる
前置きの話
第四偈 家族愛
第五偈 自由に生きられる
第六偈 仲間の間にも規則がある
第七偈 楽しい関係も愛着をつくる
第八偈 孤独を維持する性格
第九偈 人の不満に対応できない
第十偈 孤独とは出家生活です

3 善き友と歩む真理の道
第十一偈 孤独者には善友が何より大事
第十二偈 同行者がなければ孤独行
第十三偈 朋友を賛嘆する
第十四偈 よいもの同士も騒がしい
第十五偈 個人に個性がある
第十六偈 心の安らぎを求めて

4 無色透明の心
第十七偈 欲は腫瘍である
第十八偈 孤独者には忍耐が欠かせない
第十九偈 雄象のように
第二十偈  一時的な安らぎ
第二十一偈 解脱は他から貰えない境地である
第二十二偈 無色透明の心

5 聖なる人は素顔で生きる
現代人の孤独と仏教の孤独行
第二十三偈 悪友を避ける
第二十四偈 賢者と付き合う
第二十五偈 娯楽は他人と混じること

6 心の独立宣言
精神的に一人で歩め
第二十六偈 孤独行者が捨てるもの
第二十七偈 快楽の連れは大苦である
第二十八偈 網を破る
第二十九偈 孤独行者は内も外も落ち着いている
第三十偈  出家して独りで生きる
第三十一偈 出家の生き方
第三十二偈 出家は心の掃除をする
第三十三偈 出家が禅定に入る

7 聖者は風のように
第三十四偈 出家が解脱を目指す
第三十五偈 生存の禍患を観察する
第三十六偈 孤独行者は解脱を確証する
第三十七、三十八偈 覚者の生き方(性格)
第三十九偈 慈悲喜捨を完成して世と対立しない
第四十偈  すべての束縛を破っている
第四十一偈 孤独行の結論―人間関係の本音を説く

廻向の文
慈悲の瞑想

前書きなど

【本文より抜粋】
◆自己観察して悩み苦しみの原因を発見するためのマニュアル◆
この「犀の経典」は、自己観察するための、自分自身の悩み苦しみの原因を発見するためのマニュアルで
す。経典を読みながら、自分の心を観察してほしいのです。観察することで、「なぜ自分に悩み苦しみが生
まれるのか?」という、その原因が見つかります。

◆内在している汚れを落とし自由を獲得するための教え◆
「犀の経典」は、外界ではなく、自分の心に内在している汚れを落として、自由を獲得するための教えです。
理解できる人は、苦しい社会で苦しみなく生きられます。悩み・嫉妬・落ち込み・憎しみ・不安・恐怖など
の感情で満ちているこの世で、安穏・安心に生きられるのです。

版元から一言

【日本人に人気の「犀の経典」をスマナサーラ長老が解説!評論家・宮崎哲弥氏推薦!】
 本書は「犀の角のようにただ独り歩め」という有名なフレーズで人気の仏教経典スッタニパータ「犀の経典」全41偈を、スリランカ初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老が丁寧に解説した書籍です。「犀の経典」は最古層の初期仏教経典ですが、一般読者が自分の人生に引き寄せて理解できるように、平易な日本語で分かりやすく解説してあります。さらに本書の「序文」と「帯推薦文」は」論家の宮崎哲弥先生ご執筆いただきました。本書によって多くの方々に「犀の経典」の真意を理解していただきたいです。

著者プロフィール

アルボムッレ・スマナサーラ  (アルボムッレ スマナサーラ)  (

アルボムッレ・スマナサーラ
Alubomulle Sumanasara
テーラワーダ仏教(上座仏教)長老。1945年4月、スリランカ生まれ。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとる。1980年に来日。駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は(宗)日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事している。朝日カルチャーセンター(東京)講師を務めるほか、NHKテレビ「こころの時代」などにも出演。著書に『サンユッタニカーヤ 女神との対話 第一巻』(サンガ新社)、『怒らないこと』(だいわ文庫)、『心は病気』(KAWADE夢新書)、『ブッダが教える心の仕組み』(誠文堂新光社)、『ブッダの教え一日一話』(PHP文庫)、『Freedom fromAnger』(米国Wisdom Publications)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。