版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いずれくる死にそなえない 名郷直樹(著/文) - 生活の医療社
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910700014

いずれくる死にそなえない

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-910700-01-4   COPY
ISBN 13
9784910700014   COPY
ISBN 10h
4-910700-01-3   COPY
ISBN 10
4910700013   COPY
出版者記号
910700   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年12月3日
最終更新日
2021年12月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

僕らに必要なのは「下り坂の哲学」だ。 日本の高齢者人口は世界一、寝たきりも認知症もすぐそこにある我が事だ。なのに、やれ筋トレだ脳トレだと「健康な老い」という無理ゲーにはまって死ぬまで安らげない。僕らに必要なのは「下り坂の哲学」だ。 EBMの大家である名郷直樹さんが、そんな僕らに「安楽寝たきり」から「ことほがれる死」へという道を指し示してくれた。老いを楽しみ死をことほごう、これは僕らの時代の人間賛歌です。 ――高木俊介(精神科医)

目次

はじめに

1章 健康欲望から死の不安へ

2章 死について――まず電車の話で

3章 死について――死を待つものたち

4章 医療は高齢者に何を提供しているか――加齢と健康、そして死

5章 「寝たきり欲望支援」から「安楽寝たきり」へ

6章 死を避けない社会

終章 死をことほぐ社会

参考文献
あとがき

著者プロフィール

名郷直樹  (ナゴウナオキ)  (著/文

1961年、愛知県に生まれる。自治医科大学卒業。愛知県作手村国民健康保険診療所に12年間勤務。へき地医療や研修医教育を中心に活動し、2011年6月に西国分寺でクリニックを開業。地域家庭医療に従事し、20年以上にわたりEBM(エビデンスに基づく医療)を実践する。著書に『EBM実践ワークブック―よりよい治療をめざして』(南江堂)、『気負わず毎日使えるEBM超実践法』(金原出版)、『「健康第一」は間違っている』(筑摩選書)、『65歳からは検診・薬をやめるに限る』(さくら舎)など。

上記内容は本書刊行時のものです。