版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
50代からの生き方のカタチ 関西学院大学ジェネラティビティ研究センター(編) - アルソス
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし
返品の考え方: フリー入帖(常時返品は受け付けます)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

50代からの生き方のカタチ (ゴジュウダイカラノイキカタノカタチ) 妹たちへ (イモウトタチヘ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:アルソス
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ16mm
184ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-910512-01-3   COPY
ISBN 13
9784910512013   COPY
ISBN 10h
4-910512-01-2   COPY
ISBN 10
4910512012   COPY
出版者記号
910512   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2022年7月10日
書店発売日
登録日
2022年4月11日
最終更新日
2023年7月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

=========================

これから⼈⽣の半分を⽣きる、 すべての「妹」たちへ


50代からの女性たちに贈る、珠玉のメッセージ!

=========================



世代と世代のはざまで、さまざまな現実に向き合わねばいけない50代からの女性たちの毎⽇は、想像以上に大変です。



両親たちのこと、⼦供のこと、⾃分のこと。未来に対する不安や迷いと向き合いつつ、「真に自分らしく生きる」には、どうすればよいのでしょう?



本書はそんな⼥性たちに心を寄せ、人生の少し先を歩く「姉たち世代」である12人の女性たちが、「そっと背中を押すような」メッセージをまとめたものです。



人生は、奇跡に満ち溢れていること。

どんな人も、いくつになってからでも、新しい人生を創造できること。

そして、私たちは誰もが何かを次の世代残せる力があるということ。



姉たちから、これから人生の半分を生きる、すべての「妹」たちへ。

あなたは「姉」たちの生き方から、何を学びますか?



【目次・構成】 本書に登場する姉世代の12人



⾚松良⼦(⽇本ユニセフ協会会⻑、元⽂部⼤⾂)

「人生は大変だからこそ面白い」



池⽥理代⼦(声楽家、漫画家)

「真の自由とは、自分の足で立つこと」



⽯井幹⼦(照明デザイナー)

「Girls, be Ambitoius 女性たちよ、大志を抱け! 」



⼩林照⼦(メークアップアーティスト、元コーセー初の⼥性取締役)

「よき人生を過ごすために、10年後の自分を常に想像する」



鮫島純⼦(エッセイスト、渋沢栄⼀⽒令孫)

「反省は、明るく短く」



柴⽥愛⼦(経済学者、元公正取引委員会委員)

「オリジナリティある『自分』を目指そう」



⽥嶋陽⼦(元大学教授、元参議院議員)

「真のフェミニズムとは、『自分自身』を生きること」



中森じゅあん(算命学者)

「人生は、考えている通りになるもの」



中村桂⼦(JT⽣命誌研究館名誉館⻑)

「人間も『生きもの』、その当たり前を忘れない」



名倉加代⼦(舞踊家・振付家)

「今がいつだって『一番いいとき』」



⼭川亜希⼦(翻訳家)

「自分を愛すると、『今』をよりよく生きられる」



やましたひでこ(「断捨離」提唱者)

「ゆとりある場所に、幸せは宿る」



*五十音順

目次

人生は大変だからこそ面白い――⾚松良⼦(⽇本ユニセフ協会会⻑、元⽂部⼤⾂)

真の自由とは、自分の足で立つこと――池⽥理代⼦(声楽家、漫画家)

Girls, be Ambitoius 女性たちよ、大志を抱け!――⽯井幹⼦(照明デザイナー)

よき人生を過ごすために、10年後の自分を常に想像する――⼩林照⼦(メークアップアーティスト、元コーセー初の⼥性取締役)

反省は、明るく短く――鮫島純⼦(エッセイスト、渋沢栄⼀⽒令孫)

オリジナリティある「自分」を目指そう――柴⽥愛⼦(経済学者、元公正取引委員会委員)

真のフェミニズムとは、「自分自身」を生きること――⽥嶋陽⼦(元大学教授、元参議院議員)

人生は、考えている通りになるもの――中森じゅあん(算命学者)

人間も「生きもの」、その当たり前を忘れない――中村桂⼦(JT⽣命誌研究館名誉館⻑)

今がいつだって「一番いいとき」――名倉加代⼦(舞踊家・振付家)

自分を愛すると、「今」をよりよく生きられる――⼭川亜希⼦(翻訳家)

ゆとりある場所に、幸せは宿る――やましたひでこ(「断捨離」提唱者)

*五十音順

著者プロフィール

関西学院大学ジェネラティビティ研究センター  (カンセイガクインダイガクジェネラティビティケンキュウセンター)  (

関⻄学院⼤学では2004 年度より、学際的、⾰新的な特⾊あるプロジェクト型研究を推進する制度として、「特定プロジェクト研究センター」制度を設けています。「関⻄学院⼤学ジェネラティビティ研究センター」も、この特定プロジェクト研究センターのひとつです。

ジェネラティビティ(Generativity)とは、アメリカの発達⼼理学者・精神分析家として活躍した、エリク・ホーンブルガー・エリクソン(Erik Homburger Erikson)が⽣んだ造語です。Generate(⽣み出す)とGeneration(世代)を掛け合わせた⾔葉で、「次世代が価値を⽣み出す⾏為に積極的に関わっていくこと」を意味します。

ジェネラティビティ研究センターは、不確実な未来に対してどのような⼈⽣の選択を決定するのか、あるいはすべきかを、ジェネラティビティ(世代継承性)を軸に、調査・検証、研究を⾏い、⼀般に広く応⽤できるデータとして情報蓄積と発信をすることを⽬的として活動を⾏います。

上記内容は本書刊行時のものです。