版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
キャットウォーク 佐々木充彦(著/文) - rn press
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910422107

キャットウォーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:rn press
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ20mm
重さ 340g
352ページ
並製
価格 1,900円+税
ISBN
978-4-910422-10-7   COPY
ISBN 13
9784910422107   COPY
ISBN 10h
4-910422-10-2   COPY
ISBN 10
4910422102   COPY
出版者記号
910422   COPY
Cコード
C0079  
0:一般 0:単行本 79:コミックス・劇画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年8月14日
書店発売日
登録日
2022年6月2日
最終更新日
2022年8月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

いらない。お前なんかいらない。使えないやつはいらない。弱いやつはいらない。おどおどしたやつはいらない。逃げるやつはいらない。お前はもういらない。お前みたいなゴミは、もういらないーー。

生きづらいこの社会に疲れ切った主人公ミロは、あるとき猫の街に迷い込む。猫といっても四本足で歩く小さな猫じゃない。彼らは服を着て、靴を履き、二本足で歩いている。毒々しいこの街で、ミロは一人の少女と出会い、自分の中の暴力性・残虐性が剥き出しになっていく。

社会に適合するとは自分を殺すことなのかーー。現代社会で誰もが抱える悩みを、佐々木充彦が美しく繊細なタッチで描く。読んでいると胸が苦しくなる。心をえぐる今夏最大の問題作。小説版と漫画版が一冊に収録された豪華仕様の一冊。

目次

小説+漫画が1冊に収録。

キャットウォーク<漫画版>
キャットウィーク<小説版>

前書きなど

 みんな猫だ、とミロは思った。
 猫といっても四本足で歩く小さな猫じゃない。彼らは服を着て、靴を履き、二本足で歩いている。
 ミロは彼らのことを「キャットウォーク」と呼んでいる。
 彼らは猫語しか話さない。ミロには当然、彼らが何を言っているのか分からない。何を言っているのか分からないから仕事にならない。仕事にならないから、ミロは会社を辞めた。
 ミロにできることは、ひとつしかなかった。
 人間を探すことだ。

版元から一言

主人公の「弱さ」に、読んでいると胸が苦しくなり、この現実から目を背けたくなります。救いのない現代社会で、人は何を求めたら良いのかを考えさせられる、重厚な一冊です。

著者プロフィール

佐々木充彦  (ササキミツヒコ)  (著/文

1983年福岡生まれ。漫画家、イラストレーター、デザイナー。2013年、600ページオールフルカラー漫画『インターウォール』(PIE International)でデビュー。同作は文化庁メディア芸術審査委員会推薦作品に選出。以後、さまざまな媒体で漫画・イラストを執筆している。KANA-BOON「結晶星」PVなどのアートワーク、テレビ朝日「アルスくんとテクネちゃん」キャラクター、デザイン誌「アイデア」、小説『マンガ肉と僕』(朝香式/新潮社)などの表紙絵なども手がける。2019年、短編漫画『さよならイエティ』が日中漫画大賞で佳作に選出。2022年2月22日ネコの日に、9年ぶりの新作長編漫画『キャットウォーク』をnoteに公開。お酒が好き。

上記内容は本書刊行時のものです。