版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
LIFTING OURSELVES UP Ninryo Yamada(著/文) - スローウォーター
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 090-5200-4719
注文FAX番号: 03-3335-0480
注文メール: obara.slowwater@gmail.com

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910379340

LIFTING OURSELVES UP

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-910379-34-0   COPY
ISBN 13
9784910379340   COPY
ISBN 10h
4-910379-34-7   COPY
ISBN 10
4910379347   COPY
出版者記号
910379   COPY
Cコード
C0014
一般 単行本 宗教
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年5月14日
最終更新日
2021年8月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-08-07 読売新聞  夕刊  大阪版
MORE
LESS

紹介

本書出版の主旨・コンセプトは、「山田師の法話、日本の仏教の思想を世界に向けて発信しよう!」というものです。海外、特に欧米諸国の現状を見ると、まだまだ仏教の考え方が、広く一般の方々に知られている(受け入れられている)とはいえません。そこで、仏教のことをあまり知らない海外の一般の方々(仏教ファンや研究者以外)にも、この法話を通して、もっと仏教に親しんでほしい、仏教の考え方を知ってほしい、という思いを持って制作しました。

 最近海外では、「マインドフルネス」がGoogleやAppleの社員研修に取り入れています。仏教的な考え方が現代人に必要なこと、またその価値が、徐々に海外でも認められつつあるのだと思います。そんなトレンドの中、本書がいわゆる仏教愛好家の方だけでなく、海外のビジネスパーソンや子供、若者、高齢者など幅広い層の読者にも興味を持ってもらえるのではないかと期待しています。
また本書は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大(パンデミック)により、世界中の多くの方が苦しみ、亡くなっていく状況に対し、「人類は今こそ、『人間とは何か、生きるとはどういうことか、死とは何か』について、もう一度、皆が真剣に考えるべきではいか」というメッセージも発信しています。
 本書冒頭の、翻訳監修者・田野尻哲郎氏の「Editor‘s Introduction」(はじめに)にも、次のように書かれています。

「私たちは人新世の始まり、人間活動が地球環境を改変していく時代であるが故に、人間社会が地球環境に大きく影響される時代を生きています。パンデミックや気象変動による社会的大量死が容易に起こり得るいまとこれからを生きる私たちにとって、死はとても近しい存在です。「地獄の自覚」は、そんな私たちを支えてくれます」

 本書は、哲学、宗教学、文化人類学、医学等様々な分野に精通した田野尻哲郎氏(大阪大学招聘准教授)と、豊島実和氏(東京外語大学、昭和大学講師)、ニール・コンウェイ氏(大学講師・言語学者)という稀に見る最高の翻訳チームによって、仏教、真言宗に関する多くの調査・検証もしながら翻訳しました。本来であれば、他言語に翻訳するのが非常に困難な内容を、英語ユーザーにとって、分かりやすく正確に文意を理解できるよう、最高レベルの翻訳をしてくださいました。

 本書は、Amazonの海外PODサービスを利用して、日本国内のみならず、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリアなどでも同時発売中です。またAmazon kindle版(電子書籍)も発売しています。

世界中の人々が大変な困難の中で生きる中、この本を読んで一人でも多くの人が救われ、勇気を持ち、明日に向かって立ち上がることができる。そんな助けになればと願っています。

前書きなど

私たちは人新世の始まり、人間活動が地球環境を改変していく時代であるが故に、人間社会が地球環境に大きく影響される時代を生きています。パンデミックや気象変動による社会的大量死が容易に起こり得るいまとこれからを生きる私たちにとって、死はとても近しい存在です。「地獄の自覚」は、そんな私たちを支えてくれます。
 山田師が属する真言宗は、現実をよりよく変革することをとても重視します。開祖である空海は、仏教の実践として、日本中で灌漑土木工事を行い、教育や慈善事業に邁進しました。社会と個人、人の心は、インドラの宝珠のように互いが互いを映し合う、不即不離の存在だから、すべて同時に仏教の教えに浴さなければならないからです。これらの活動は、瞑想法などの密教修行や民衆教化活動と有機的に結びつけられることで、千数百年にわたり多くの人々を救済し続けました。心が世界を作るという華厳経的認識が、社会活動と個人の救済および瞑想修行を一体にした真言密教を成立させています。
 そのような日本仏教と真言宗の活動のなかに、山田師によるこの説法は、あります。「地獄に立つ」、「いま」「ここ」を生ききるその覚悟が自分と他者、世界を変革し、解脱へ導く、そういう日本仏教と真言宗の叡智が、この説法集に収められています。

版元から一言

●アニメやエンタメだけじゃない! 日本仏教的考え方や生き方を世界に!
日本語オリジナル版『東寺のお坊さんの法話集Vol.1 人間は何度でも立ち上がる』を発売したのは2019年6月。それから約2年がかりで制作・発行しました。本書出版の主コンセプトは、「日本仏教の教えを世界に向けて発信しよう!」というものです。
最近海外では、「マインドフルネス」がGoogleやAppleなどの社員研修に取り入れられています。仏教的な考え方や生活の仕方が徐々に一般の人々の間でも認められつつあります。日本アニメや音楽などのエンタメは海外で人気ですが、日本仏教の教えだってクールです! そんなトレンドの中、本書がいわゆる海外の一部の仏教愛好家だけでなく、ビジネスパーソンや子供、若者、高齢者など幅広い層の読者にも興味を持ってもらえるのではないかと期待しています。

●パンデミック時代、世界の人々に「生と死」について共に考えてほしい!
また本書は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大(パンデミック)により、世界中で多くの方が苦しみ、亡くなっていく状況に対し、「人類は今こそ、『人間とは何か、生きるとはどういうことか、死とは何か』について、共に考えるべきではいか」というメッセージも発信しています。

著者プロフィール

Ninryo Yamada  (ヤマダニンリョウ)  (著/文

1957年滋賀県生まれ。立命館大学卒業。1980年 生涯の師となる三浦俊良師(当時、洛南高校校長・東寺僧侶)と出会う。1985年より洛南高校・附属中学校で体育教師を務め、退職後は治療師の免許を取得し整体治療院を開設。1992年 真言宗総本山教王護国寺(東寺)に入寺、僧侶となる。2008年「残りの人生を法話で生きたい!」と一念発起し、東寺大日堂で毎週日曜日に法話会を始める。2010年より月一回境内掲出の「お大師さまのおことば」を担当。2011年 東寺発行の機関紙『光の日日』の編集長に、2016年 教学部長に就任。現在、東寺において「日曜早朝法話」「第一日曜法話」「21日 弘法さん法話」「東寺宝物館文化講座」にて公式法話を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。