版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ケアメディア論 引地達也(著/文) - ラグーナ出版
..
詳細画像 0

書店員向け情報

ケアメディア論 孤立化した時代を「つなぐ」志向

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
250ページ
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-910372-01-3   COPY
ISBN 13
9784910372013   COPY
ISBN 10h
4-910372-01-6   COPY
ISBN 10
4910372016   COPY
出版者記号
910372   COPY
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年12月11日
書店発売日
登録日
2020年11月26日
最終更新日
2020年11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ジャーナリズムと福祉の経験をした著者が、「伝えること」の歴史性と「ケア」の概念から、孤立化した時代をつなぐ新たな思想を提唱。

目次

はじめに ―新型コロナウイルスで可視化されたケア―
第1章 広範なケアを必要とする社会背景
第2章 ケアとは何か
第3章 メディア・ジャーナリズムの視点からケアを考える
第4章 ケアメディアの条件
第5章 ケアメディアを支えるもの

著者プロフィール

引地達也  (ヒキチタツヤ)  (著/文

1971年、仙台市生まれ。上智大学大学院文学研究科新聞学博士後期課程修了。博士(新聞学)。
毎日新聞社記者を経てドイツ留学。帰国後は、経営情報誌の編集者を経て、共同通信社入社。外信部、韓国・延世大に社命留学しソウル特派員。退社後はメルボルンでオーストラリアの核問題を研究し、帰国後、大手金融機関の経営コンサルタント、外務省の公益法人理事兼事務局長など国際経験を生かした業務に従事。東日本大震災でのボランティア活動「小さな避難所と集落をまわるボランテイア」をきっかけに、支援が必要な場所への活動を展開。2020年4月、シャローム大学校から一般社団法人みんなの大学校を設立し「ウェブでつながる」を基本とした要支援者のための学びの場を展開。
現在、一般社団法人みんなの大学校代表理事、ケアメディア推進プロジェクト代表並びに季刊「ケアメディア」編集長、法定外見晴台学園大学客員教授など。

上記内容は本書刊行時のものです。