版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新型コロナワクチンを打つ前に読む本 森下竜一(著/文) - かや書房
..

新型コロナワクチンを打つ前に読む本

発行:かや書房
四六判
重さ 290g
232ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784910364070
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月2日
書店発売日
登録日
2021年1月6日
最終更新日
2021年2月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本初、大阪発のワクチンの開発者が新型コロナウイルスワクチンについて解説。新型コロナウイルス感染症とはどんな病気なのか? その恐ろしさに続き、ワクチンを理解するために必要な免疫の知識に続き、大きく分けて4種類ある新型コロナウイルスワクチンのメリット・デメリットを紹介します。
たとえば、日本人が最初に打つことになるファイザー社のワクチンはアメリカFDA発表の資料では1日か2日ですが、15パーセントの人が38度以上の発熱をしています。そのため、会社や医療機関で集団接種をする場合は、ローテーションなどを組み、計画的に接種する必要がある、などなど。
今後さまざまなワクチンが認可されていきますので、もしかしたら、来年以降は打つワクチンを自分で選択ができるようになる可能性もあります。その中で出てくるのは、日本人が日本人の健康を守るためには国産ワクチンの必要性です。
さらに、新型コロナウイルスに感染しないため、ワクチンの有効性を高めるための免疫力の付け方を解説。

ワクチンは16歳以上の日本人全員が打つのが理想ですが、接種する前に、本書を読んで、ワクチンについてもっと知りましょう。

やみくもに怖がるのもダメですが、知識なしに安心をしてしまうのも禁物です。

目次

-

著者プロフィール

森下竜一  (モリシタリュウイチ)  (著/文

岡山県総社市出身。1998年、大学発のバイオベンチャー企業として、メドジーンバイオサイエンス社(現:アンジェスMG)を設立。2000年、同社の取締役を兼業。その後、取締役から退いたが、同社メディカルアドバイザーの立ち位置で同社に関与している。
2003年から2007年まで第1次小泉改造内閣時代の知的財産戦略本部本部員を担当。2013年1月23日、内閣府規制改革会議委員、健康医療戦略本部戦略参与、同年4月17日、大阪府市統合本部医療戦略会議参与に就任。2016年6月28日、大阪府2025年日本万博基本構想委員、2016年9月9日、内閣府規制改革推進会議委員[3]を歴任。
2020年3月5日、アドバイザーを担当しているアンジェスとタカラバイオとで新型コロナウイルス感染症の感染を防ぐ、DNAプラスミドベースのワクチンを開発する事を発表[4]。同年6月25日に第1/2相臨床試験を大阪市立大学医学部附属病院での実施を承認し、同病院と治験契約を締結し、2020年6月末から2021年7月末の期間で実施する事を発表した

上記内容は本書刊行時のものです。