版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
泣いたって変わることは何もないだろうけれど パク・ジュン(著/文) - クオン
.
詳細画像 0 詳細画像 1
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

泣いたって変わることは何もないだろうけれど (ナイタッテカワルコトハナニモナイダロウケレド)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:クオン
四六変形判
縦194mm 横123mm 厚さ14mm
216ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-910214-54-2   COPY
ISBN 13
9784910214542   COPY
ISBN 10h
4-910214-54-2   COPY
ISBN 10
4910214542   COPY
出版者記号
910214   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年6月30日
書店発売日
登録日
2024年1月19日
最終更新日
2024年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

消えゆくものたちの言葉を受け取って

誰もが抱える胸のうちや心象風景を
やさしく繊細なことばで描き、
読者の圧倒的共感を得る詩人、パク・ジュン。
旅と生活の中からつむがれた
哀悼と悲しみ、愛情と慰めに満ちた散文と詩。

目次

はじめに


一部
あの年 仁川/あの年 慶州/ふたつの顔/生きつづける言葉/夜明けにかかってきた電話―詩人 李文宰/待つこと、記憶すること/手紙/あの年 麗水/朝ごはん/季節の変わり目/雨/あの年 挟才/白く、か細いひかり/碧蹄行/涙と息づかい/夢見の部屋/体と病/ふたたび今は/孤独と寂しさ/旅と生活

二部
自分を好きになるとき/あの年 画岩/あの年 墨湖/昼
間の酒/心の廃墟/記憶の野原/海南から届いた手紙/泣くこと/屋上へと上がる階段/小説家 キム先生/あの年 恵化洞/音/関係/返信/愛の時代

三部
春を迎えに/小さなこと 大きなこと/ふたたび去りゆく花/あの年 幸信/ふさわしい季節/日常の空間、旅の時間/広場のひととき/劇薬と劇毒/初恋/傘と雨/寺/趣向の誕生/あの年 三陟

四部
仕事と貧しさ/不親切な労働/大人になるということ/孤児/
酢醬油/もう泣かないで、父さん/手を振りながら/祝! パク・ジュホン 一歳/中央医院/スンデと革命/死と遺書/僕の心の年齢/時

おわりに
あの年 蓮花里

訳者あとがき
訳注

前書きなど

はじめに

   陰

人がやっていることは
自分も全部やって生きていくのだと
かたくなに決めていた日々があった。

ひなたの方に
みずから背を向けて

歩まずともよい道を
急いでいた頃があったということだ。

著者プロフィール

パク・ジュン  (パク ジュン)  (著/文

著者:パク・ジュン
1983 年ソウル生まれ。
2008 年『実践文学』にて作品を発表し、詩人としてデビューした。
詩集に『あなたの名前を煎じて数日間食べた』、『私たちが一緒に梅雨を見られるかもしれません』、絵本に『私たちはアンニョン』、散文集に『季節の散文』がある。
申東曄文学賞、今日の若い芸術家賞、片雲文学賞、朴在森文学賞などを受賞。
創作活動以外にも、ラジオDJや、映画出演など幅広く活躍している。

趙倫子  (チョ リュンジャ)  (著/文

訳者:趙倫子
1975年大阪府大東市生まれ。韓国語講師。パンソリの鼓手および脚本家。
創作パンソリに「四月の物語」「海女たちのおしゃべり」「にんご」。
翻訳書にホ・ヨンソン『海女たち』(新泉社)、ファン・ソギョン『たそがれ』(クオン、いずれも姜信子との共訳)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。