版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ワタリガニの墓 クォン・ジエ(権志羿)(著/文) - クオン
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910214238

ワタリガニの墓 韓国現代短編選

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:クオン
四六判
縦188mm 横127mm 厚さ25mm
352ページ
並製
価格 2,300円+税
ISBN
978-4-910214-23-8   COPY
ISBN 13
9784910214238   COPY
ISBN 10h
4-910214-23-2   COPY
ISBN 10
4910214232   COPY
出版者記号
910214   COPY
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年4月20日
書店発売日
登録日
2021年3月13日
最終更新日
2021年4月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

江華島で出会った素性の知れない女は、
渇きを充たすようにカニの醬油漬けを貪る――。
クォン・ジエによる表題作のほかクォン・ヨソン「桃色のリボンの季節」、ハ・ソンナン「隣の家の女」など、季刊誌『Koreana』日本語版の掲載作品から厳選した、韓国現代文学のアンソロジー。

「この12編は特定のテーマを元に書かれたわけではないが、どこか共通したものがある。それは、食や住処、性といった暮らしの生々しい側面と、そこに亀裂を入れる妄執や思い出の存在だ。人の営みを緻密に活写することで、かえってその暗部をのぞき込んでしまうような、そんな不穏なトーンが全作に共通しているように思える」あとがきより

季刊誌『Koreana』とは
韓国の芸術と文化を世界に広めるため、韓国国際交流財団により1987年に英語雑誌として創刊された季刊誌。翌年には日本語版、1993年には中国語版が創刊され、現在では9ヵ国語で発行されている。
旧石器時代の遺物からインスタレーション・アートまで、あるいは朝鮮王朝の宮廷文化から現代のカルチャーまで、韓国の芸術文化を幅広く扱う。日本語版には現代文学の邦訳も掲載されており、本書に収録された作品はその一部となる。

目次

ワタリガニの墓/クォン・ジエ
隣の家の女/ハ・ソンナン
マテ茶の香り/チョン・ハナ
プラザホテル/キム・ミウォル
桃色のリボンの季節/クォン・ヨソン
からたちの実/ユン・デニョン
旅人は道でも休まない/イ・ジェハ
鎌が吠えるとき/キム・ドッキ
塩かます/ク・ヒョソ
バラの木の食器棚/イ・ヒョンス
てんとう虫は天辺から飛び出す/パク・チャンスン
初恋/チョン・ギョンニン
あとがき

著者プロフィール

クォン・ジエ(権志羿)  (クォン ジエ)  (著/文

クォン・ジエ(権志羿)
1960年、慶尚北道慶州市生まれ。梨花女子大学校英文科卒業、フランス国立パリ第七大学東洋学部博士号取得。デビュー作は「夢見るマリオネット」(1997)。代表作に小説集『爆笑』(2003)、『ベロニカの涙』(2,019)、絵物語『愛するか狂うか』(2010)、『三十七歳で星になった男』(2012)、長編小説『美しい地獄一・二』(2004)、『真紅の絹の包み』(2008)、『師任堂の真紅の絹の包み』(2016)、『四月の魚』(2010)、『誘惑一~五』(2011~12)、他に散文集などがある。「うなぎのシチュー」で李箱文学賞(2002)、『ワタリガニの墓』で東仁文学賞(2005)を受賞した。

ハ・ソンナン(河成蘭)  (ハ ソンナン)  (著/文

ハ・ソンナン(河成蘭)
1967年、ソウル特別市生まれ。ソウル芸術大学校文芸創作科卒業。デビュー作は短編小説「草」(1996、ソウル新聞「新春文芸」)。代表作に小説集『ルビンの盃』(1997)、『隣の家の女』(1999)、『青い髭の最初の妻』(2002)、長編小説『食事の楽しみ』(1998)、『サッポロ旅館(2000)、『私の映画の主人公』(2001)、散文集『まだときめくことは多い』(2013)など。「カビの花」で東仁文学賞(1999)、「嬉びの世界」で韓国日報文学賞(2000)、「講義白昼夢」で梨樹文学賞(2004)、「あの夏の修辞」で呉永寿文学賞(2008)、「アルファの時間」で現代文学賞(2009)などを受賞した。

チョン・ハナ(鄭ハナ)  (チョン ハナ)  (著/文

チョン・ハナ(鄭ハナ)
1982年、ソウル特別市生まれ。建国大学校国文科卒業、同大学院修士課程修了。
2005年大学在学中、大山大学文学賞を受賞してデビュー。小説『月の海』(2007)で文学トンネ作家賞受賞後、本格的に小説家として活動開始した。代表作に小説集『エニ』(2015)、『ハロウィン』(2017)、『私のために笑う』(2019)、長編小説『リトルシカゴ』(2012)、『親密な異邦人』(2017)などがある。『エニ』で統營市文学賞(2016)、金溶益小説文学賞(2016)、『親密な異邦人』で韓戊淑文学賞(2019)などを受賞した。

キム・ミウォル(金美月)  (キム ミウォル)  (著/文

キム・ミウォル(金美月)
1977年、江原道江陵市生まれ。高麗大学言語学科、ソウル芸術大学文芸創作科卒業。デビュー作は「庭園に道を尋ねる」(2004、世界日報新春文芸入選)。主な作品は『ソウル洞窟ガイド』(2007)、長編小説『八番目の部屋』(2010)、『誰も開いてみない本』(2011)、散文集共著『僕が愛した女』(2012)、『昔の恋人のおみやげバザー』(2019)、翻訳『ガウディの青い海』(2004)など。「中国語授業」(2010)と「プラザホテル」(2012)が文学トンネ若い作家賞、「八番目の部屋」で申東曄創作賞(2011)、今日の若い芸術家賞(2014)などを受賞した。

クォン・ヨソン(権汝宣)  (クォン・ヨソン)  (著/文

1965年、慶尚北道安東市生まれ。ソウル大学校国語国文学科卒業、同大学院修士課程、仁荷大学校大学院国文学博士課程修了。デビュー作は長編小説『青い隙間(1996年、「第二回想像文学賞」受賞)。代表作に小説集『純粋な魂、マリリンモンロー』(2005)、『ピンクリボンの時代』(2007)、『私の庭の赤い実』(2010)、『カヤの森』(2013)、『春夜』(2014)、長編小説『レガート』(2012)、『レモン』(2019)、『まだまだという言葉』(2020)、散文集『きょうの肴なに食べよう?』(2018)など。「タンキリ豆の蒸す間」で吳永壽文学賞(2007)、「愛を信じる」で李箱文学賞(2008)、『土偶の家』で東里文学賞(2015)、「春の宵」で東
仁文学賞(2016)、「知らない領域」で李孝石文学賞(2018)などを受賞した。

ユン・デニョン(尹大寧)  (ユン デニョン)  (著/文

ユン・デニョン(尹大寧)
1962年、忠清南道礼山郡生まれ。1988年檀国大学校仏語仏文学科卒業。1988年大田日報新春文芸に「円」が入選、1990年に短編「母の森」が『文学思想』新人賞を受賞してデビュー。小説集に『鮎釣り通信』(1994)、『陶磁器博物館』(2013)、長編小説『昔の映画を見に行った』(1995)、『追憶の遠い向こう』(1996)、『コカコーラ恋人』(1999)、『ハサミムシ女』(2001)、『誰かが歩いていく』(2004)、『トラはなぜ海に行ったのか』(2005)、『ピエロたちの家』(2016)、他に散文集など多数。受賞歴は「天地間」で李箱文学賞(一九九六)、『たくさんの星が一か所に流れた』で現代文学賞(1998)、「いばらの記念館」で李孝石文学賞(2003)、『燕を飼う』で金裕貞文学賞(2007)、『口蹄疫』で金埈成文学賞(2012)、「誰が猫を殺したのか」で「ソナギ村」文学賞、黄順元作家賞(2019)などがある。

イ・ジェハ(李祭夏)  (イ ジェハ)  (著/文

イ・ジェハ(李祭夏)
1937年、慶尚南道密陽市生まれ。弘益大学校彫塑科中退。1956年に童話「水晶玉」が子供雑誌『新しき友』に入選。一九五九年には詩「零時」が『現代文学』に、短編小説「黄色い子犬」が『新太陽』にそれぞれ入選しデビュー。1961年には短編小説「手」で韓国日報に入選し本格的に小説を書くようになった。代表作に小説集『草食』(1973)、『汽車、汽船、海、空』(1981)、『龍』(1986)、長編小説『熱望』(1997)、『ミゾレ結婚』(1999)、詩集『あの暗闇の中の灯火を感じるごとく(1992)など。「旅人は道でも休まないで李箱文学賞(1985)、「熱望」で韓国日報文学賞(1987)、『綾羅島での出来事』で東里文学賞(2008)、他に片雲文学賞(1999)などを受賞した。

キム・ドッキ(金㯖熙)  (キム ドッキ)  (著/文

キム・ドッキ(金㯖熙)
1979年、慶尚北道浦項市生まれ。東国大学校国語国文学科、文化芸術大学院卒業。デビュー作は短編「あわび」(2013、中央新人文学賞)。2017年に文学と知性社から出版された『急所』には、ディアスラ的な状況が描写され、素材・主題とも様々な九編の短編が収められ、翌年に第23回韓戊淑文学賞を受賞した。

ク・ヒョソ(具孝書)  (ク ヒョソ)  (著/文

ク・ヒョソ(具孝書)
1958年、仁川広域市江華郡生まれ。牧園大学校国語教育専攻。デビュー作は短編「節」(1987、中央日報新春文芸入選)。短編小説集に『缶切りがない村』(1995)、『桔梗の花の姉』(1999)、『朝びっくり波模様のコガネムシ』(2003)、『夜が美しい家』(2009)など。長編小説に『沼を渡る方法』(1991)、『見慣れぬ夏』(1994)、『秘密の門』(1996)、『男の西』(1997)、『私の木蓮一株』(1997)、『悪党イム・コクジョン』(2000)、『ドンジュ』(2011)、『夜明けの星が額に迫る時』(2016)などの他に散文集多数。2000年から国内では初めて電子版〈YES 24〉に小説『情別』を連載している。「塩かます」で李孝石文学賞(2005)、「明斗」で黄順元文学賞(2006)、「時計が掛かっていたところ」で韓戊淑文学賞、「調律|ピアノ月印千江之曲」で許筠文学作家賞(2007)、『長崎パパ』で大山文学賞(2008)、東仁文学賞(2015)などを受賞した。

イ・ヒョンス(李賢洙)  (イ ヒョンス)  (著/文

イ・ヒョンス(李賢洙)
1959年、忠清北道永同郡生まれ。1991年「その災難の兆しは指から始まった」が忠清日報の新春文芸入選。1997年「乾いた日々の合間に」で文学ドンネ新人賞を受賞して本格的に作家として活躍する。代表作に小説集『里芋』(2003)、長編小説『道端の家の女』(2000)、『新妓生伝』(2005)、『四日』(2013)、『消えた曜日』(2017)などがある。『新妓生伝』は2011年、SBSのドラマ『芙蓉閣の女たち~新妓生伝』として制作された。『里芋』で無影文学賞(2003)とすみれ庶民小説賞(2007)、『バラの木の食器棚』で韓戊淑文学賞(2010)などを受賞した。

パク・チャンスン(朴賛順)  (パク チャンスン)  (著/文

パク・チャンスン(朴賛順)
1946年、慶尙北道栄州市生まれ。延世大学校英文学科卒業。還暦の年に「カリボン羊肉串」(2006、朝鮮日報の新春文芸に入選)でデビュー。小説集は『渤海風の庭園』(2009)、『てんとう虫は天辺から飛び出す』(2013)、『アムステルダム行き鈍行列車』(2018)など。2014年『てんとう虫は天辺から飛び出す』で第四回韓国小説作家賞を受賞した

チョン・ギョンニン(全鏡潾)  (チョン・ギョンニン)  (著/文

チョン・ギョンニン(全鏡潾)
1962年、慶尙南道咸安郡生まれ。慶南大学校ドイツ文学科卒業。デビュー作は、小説「砂漠の月」(1995年、東亜日報新春文芸入選)。代表作に小説集『海辺の最後の家』(1998)、『天使はここに留まる』(2014)、長編小説『私の生涯で一日だけの特別な日』(1999)、『情熱の習慣』(2002)、『月の海』(2007)、『草原の上の食事』(2010)、『最低限の愛』(2012)、『額を照らす、足首を染める』(2017)、散文集『蝶』(2004)、『赤いリボン』(2006)など。『ヤギを追う女』で韓国日報文学賞(1996)、『どこにもいない男で文学トンネ小説賞(1997)、「夏休み」で大韓民国小説文学賞(2004)、「天使はここに留まる」で李箱文学賞(2007)、「川辺の村」で現代文学賞(2011)などを受賞した。

金明順  (キム ミョンジュン)  (翻訳

翻訳 金明順(キム・ミョンスン)
1957年、東京生まれ。韓国外国語大学通翻訳大学院韓日科修了。
訳書に金教斌『韓国哲学の系譜』(日本評論社)、李京子『ノリゲ―伝統韓服の風雅』(東方出版)、クォン・ジエ『師任堂の真紅の絹の包み』(国書刊行会)など。

上記内容は本書刊行時のものです。