版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
補陀落ばしり物語 中嶋隆(著/文) - ぷねうま舎
.

補陀落ばしり物語

発行:ぷねうま舎
四六判
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-910154-01-5
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年1月24日
書店発売日
登録日
2019年12月26日
最終更新日
2020年1月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 時は江戸宝永年間、富士山大噴火と大地震の巷から船出した三度の渡海の物語──西方浄土に向けて、僧を小舟に閉じ込め、熊野灘の荒海に流す、世に名高い補陀落渡海顚末。
 果たしてそれは、大破局の地獄絵から衆生を救う捨て身の行たりえたのか。親殺しの汚名と、裏切りと、人肉食の破戒……俗世の底の底をうごめくものたちが、渡海のはての仮死の境で目にしたものとは。
 生きとし生けるもの、ことごとくに仏性が具わる。世間知を破り、人間の条件すら踏み抜いたとき、そこに光と呼び声が……。
 小説・破局をくぐる信と愛と光と。

「あとがき」より
 私は、 ……古代・中世の補陀落渡りを、元禄末・宝永期のこととして、この物語を書いた。市井の人々の生命と信仰とが、そこ に凝縮していると考えたからである。この時期には、小田原城が倒壊した元禄大地震、四国・近畿に大被害を及ぼした宝永大地震、さらに富士山噴火と、天変地異が続いた。未曾有の大災害のさなか、信仰心を持ち続け、煩悶しながら生きた人々が、この物語の主人公である。

目次

                     渡海 その二
  始章 那智の賭場            六章 宝永大地震
渡海 その一                七章 悪人
一章 出会い               八章 観音狂い
二章 兄妹                九章 強請り
三章 「犬」と尼 渡海 その三
四章 鴎の助七 十章 再会
五章 破戒僧               十一章 復帰
                      十二章 別離
                      十三章 遺された者
                      十四章 最後の渡海
                       終章 再び、那智の賭場

前書きなど

歴史研究の修練の果てに、満を持して送る、著者入魂の時代小説!

著者プロフィール

中嶋隆  (ナカジマタカシ)  (著/文

1952年, 長野県生まれ. 国文学者, 専門は西鶴を中心とする近世文学. 早稲田大学教授. 『西鶴と元禄メディア』(1994), 『初期浮世草子の展開』(1996), 『西鶴と元禄文芸』(2003), 『西鶴に学ぶ』(2012)など, 歴史専門書・歴史読み物など多数. 「歴史への招待」(NHK教育テレビ)で講師を務める. 2007年, 『郭の与右衛門控え帳』で作家デビュー, この作品は第8回小学館文庫小説賞受賞. 他に, 潜伏キリシタンを描いた時代小説『はぐれ雀』などがある.

上記内容は本書刊行時のものです。