版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
国際経済法雑誌 創刊号 国際経済法雑誌刊行委員会(編集) - 博英社
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

国際経済法雑誌 創刊号 (コクサイケイザイホウザッシ ソウカンゴウ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:博英社
A5変判
縦210mm 横148mm 厚さ20mm
430ページ
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-910132-58-7   COPY
ISBN 13
9784910132587   COPY
ISBN 10h
4-910132-58-9   COPY
ISBN 10
4910132589   COPY
出版者記号
910132   COPY
Cコード
C3032  
3:専門 0:単行本 32:法律
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年9月29日
書店発売日
登録日
2023年9月15日
最終更新日
2023年11月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本誌は、学会誌と商業雑誌の有する制約を補い、幅広く質の高い研究の成果を発表できる場を提供しようという目的のもと創刊しました。

皆様もご周知のように、昨今国際(経済)秩序が大きな曲がり角に立っていると言われております。その要因として、何よりも従来の権力地殻 (power configuration) の変動、すなわち、米国覇権の衰退と中国の急速な台頭に伴う米中間の激しい戦略的競争があり、また「持続可能性」と人権への関心から「非貿易的関心事項」が新しい次元を迎えていること、そして、新自由主義に基づくグローバリゼーションの深化がもたらした主要先進諸国における社会階層の寸断とアイデンティティ・ポリティックスの噴出などが挙げられましょう。これからは、冷戦の時代のようにイデオロギーや軍事的対決よりも、経済や技術を含む多様な領域で長期にわたる、低強度で複合的な競争の時代になると言われております。変動の時代には、刻々と変わる現状を注意深く詮索することに加えて、現在起きている変動の歴史構造的な根源に目を配ることが何よりも重要であるかと思います。本誌はこの大転換の時代に求められる冷静な歴史構造分析に基づく優れた諸研究を収める器になることを目指します。

雑誌の創刊を記念して東京大学名誉教授であり元 WTO 上級委員であります松下満雄先生から「創刊号特別寄稿」を、経団連国際経済本部統括主幹であります森田清隆さんから「特別寄稿」を寄せていただきました。謹んで深くお礼申し上げます。また、創刊号では、本誌刊行委員会の会員である川島富士雄氏を中心とした小特集企画委員会により「国際経済法の現在・過去・未来」という小特集を組み、刊行委員会内外の方々からの研究論文 4 本と書評 4 本を掲載し厚みのある内容になっていると自負しております。今後も時代状況に合わせたさまざまな特集を企画していく予定です。

- 目次 -

【創刊のご挨拶】

【創刊号特別寄稿】
ある国際経済法学徒の追想 / 松下 満雄

【小特集】国際経済法の現在・過去・未来
物の貿易に関するルール形成の進展とその行方 / 関根 豪政
国際経済活動における情報の価値と法的規制 /張 博一
国際投資法の形成と展開 / 猪瀬 貴道, UMIRDINOV Alisher
国際経済法学と自然人の移動 / 小寺 智史

【研究論文】
「持続可能な発展」からみた「指導原則」の位置づけ―国際経済法と人権保障との統合の試み― / 米谷 三以
Digital.Transformation.(DX)の通商に与える影響と課題 / 末 啓一郎
エネルギー憲章条約 (ECT) の現在地 / 福永 有夏
「2050年カーボンニュートラル」と国際通商法 / 宮岡 邦生

【特別寄稿】
当面の国際関係上の課題 / 森田 清隆

【書評】

目次

【創刊のご挨拶】

【創刊号特別寄稿】
ある国際経済法学徒の追想 / 松下 満雄

【小特集】国際経済法の現在・過去・未来
物の貿易に関するルール形成の進展とその行方 / 関根 豪政
国際経済活動における情報の価値と法的規制 /張 博一
国際投資法の形成と展開 / 猪瀬 貴道, UMIRDINOV Alisher
国際経済法学と自然人の移動 / 小寺 智史

【研究論文】
「持続可能な発展」からみた「指導原則」の位置づけ―国際経済法と人権保障との統合の試み― / 米谷 三以
Digital.Transformation.(DX)の通商に与える影響と課題 / 末 啓一郎
エネルギー憲章条約 (ECT) の現在地 / 福永 有夏
「2050年カーボンニュートラル」と国際通商法 / 宮岡 邦生

【特別寄稿】
当面の国際関係上の課題 / 森田 清隆

【書評】

前書きなど

本誌は、学会誌と商業雑誌の有する制約を補い、幅広く質の高い研究の成果を発表できる場を提供しようという目的のもと創刊しました。

皆様もご周知のように、昨今国際(経済)秩序が大きな曲がり角に立っていると言われております。その要因として、何よりも従来の権力地殻 (power configuration) の変動、すなわち、米国覇権の衰退と中国の急速な台頭に伴う米中間の激しい戦略的競争があり、また「持続可能性」と人権への関心から「非貿易的関心事項」が新しい次元を迎えていること、そして、新自由主義に基づくグローバリゼーションの深化がもたらした主要先進諸国における社会階層の寸断とアイデンティティ・ポリティックスの噴出などが挙げられましょう。これからは、冷戦の時代のようにイデオロギーや軍事的対決よりも、経済や技術を含む多様な領域で長期にわたる、低強度で複合的な競争の時代になると言われております。変動の時代には、刻々と変わる現状を注意深く詮索することに加えて、現在起きている変動の歴史構造的な根源に目を配ることが何よりも重要であるかと思います。本誌はこの大転換の時代に求められる冷静な歴史構造分析に基づく優れた諸研究を収める器になることを目指します。

雑誌の創刊を記念して東京大学名誉教授であり元 WTO 上級委員であります松下満雄先生から「創刊号特別寄稿」を、経団連国際経済本部統括主幹であります森田清隆さんから「特別寄稿」を寄せていただきました。謹んで深くお礼申し上げます。また、創刊号では、本誌刊行委員会の会員である川島富士雄氏を中心とした小特集企画委員会により「国際経済法の現在・過去・未来」という小特集を組み、刊行委員会内外の方々からの研究論文 4 本と書評 4 本を掲載し厚みのある内容になっていると自負しております。今後も時代状況に合わせたさまざまな特集を企画していく予定です。

版元から一言

本誌は、学会誌と商業雑誌の有する制約を補い、幅広く質の高い研究の成果を発表できる場を提供しようという目的のもと創刊しました。

皆様もご周知のように、昨今国際(経済)秩序が大きな曲がり角に立っていると言われております。その要因として、何よりも従来の権力地殻 (power configuration) の変動、すなわち、米国覇権の衰退と中国の急速な台頭に伴う米中間の激しい戦略的競争があり、また「持続可能性」と人権への関心から「非貿易的関心事項」が新しい次元を迎えていること、そして、新自由主義に基づくグローバリゼーションの深化がもたらした主要先進諸国における社会階層の寸断とアイデンティティ・ポリティックスの噴出などが挙げられましょう。これからは、冷戦の時代のようにイデオロギーや軍事的対決よりも、経済や技術を含む多様な領域で長期にわたる、低強度で複合的な競争の時代になると言われております。変動の時代には、刻々と変わる現状を注意深く詮索することに加えて、現在起きている変動の歴史構造的な根源に目を配ることが何よりも重要であるかと思います。本誌はこの大転換の時代に求められる冷静な歴史構造分析に基づく優れた諸研究を収める器になることを目指します。

雑誌の創刊を記念して東京大学名誉教授であり元 WTO 上級委員であります松下満雄先生から「創刊号特別寄稿」を、経団連国際経済本部統括主幹であります森田清隆さんから「特別寄稿」を寄せていただきました。謹んで深くお礼申し上げます。また、創刊号では、本誌刊行委員会の会員である川島富士雄氏を中心とした小特集企画委員会により「国際経済法の現在・過去・未来」という小特集を組み、刊行委員会内外の方々からの研究論文 4 本と書評 4 本を掲載し厚みのある内容になっていると自負しております。今後も時代状況に合わせたさまざまな特集を企画していく予定です。

著者プロフィール

国際経済法雑誌刊行委員会  (コクサイケイザイホウザッシ カンコウイインカイ)  (編集

『国際経済法雑誌』刊行委員会
代表 : 柳赫秀(神奈川大学)

* アイウエオ順
飯野文(日本大学)
猪瀬貴道(北里大学)
UMIRDINOV Alisher(名古屋経済大学)
川島富士雄(神戸大学)
金彦叔(文京学院大学)
小寺智史(西南学院大学)
小林友彦(小樽商科大学)
末啓一郎(ブレークモア弁護士)
関根豪政(横浜国立大学)
張博一(小樽商科大学)
濱田太郎(専修大学)
平見健太(長崎商科大学)

上記内容は本書刊行時のものです。