版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本と韓国の地域ファミリー企業のマネジメント比較 (上巻) 金 泰旭(著/文) - 博英社
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

日本と韓国の地域ファミリー企業のマネジメント比較 (上巻) (ニホントカンコクノチイキファミリキギョウノマネジメントヒカク ジョウカン) 創業から成長、第二の創業まで (ソウギョウカラセイチョウダイニノソウギョウマデ)

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:博英社
菊変型判
193ページ
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-910132-14-3   COPY
ISBN 13
9784910132143   COPY
ISBN 10h
4-910132-14-7   COPY
ISBN 10
4910132147   COPY
出版者記号
910132   COPY
Cコード
C3034  
3:専門 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月30日
書店発売日
登録日
2021年8月9日
最終更新日
2022年8月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書では、地域企業の中でも特に地域の伝統産業の担い手である「老舗企業」にフォーカスを当てて分析することとした。それらの企業群の業種は菓子製造、日本酒製造など多岐に渡るが、地域 において長年顧客から支持され、地域とともに発展してきたという共通点がある。

しかし、これまで地域の伝統産業の担い手となってきた「老舗企業」の置かれている環境は極めて厳しいと言わざるを得ない。業界の需要縮小傾向に歯止めがかかっていないのである。老舗企業各社は、この状況を打破するため様々な企業努力が求められている。

他方、筆者の置かれた環境に目を転じてみると、大学は従 来の学問を修める「象牙の塔」から「社会に貢献する知性の 集団」へとその役割が変化してきた。筆者が教員になってから一貫して重視してきた教育方針は一言で言うならば「実事 求是」である。中国の原典には「修学好古実事求是」と記録されている。「学問を修めるにあたり、古いものを大事にしながら事実に立脚する」という意味である。

具体的には、基本となる理論を学んだ後、身近な地域の企業を訪問したり、韓国や中国に渡った際は現地企業に出向いたりするなど、経営の現場に触れる教育スタイルにこだわってきた。本研究は上述した筆者の長年の教育方針である「理論と実践の融合」を企業、行政、大学の協力を得ながら実現してきた教育のひとつの記録であると言えよう。

本研究が現実に安住せず、多様な新事業に挑戦する大学の研究者や学生に新鮮な刺激を与えることを期待している。

企業家とビジネスモデル、経営資源、ファミリー企業、 組織学習、ネットワークに焦点を当てた本書のフレームワークは、今回焦点を当てた地域のファミリー企業以外にも広 く応用できるものと確信している。今後はより幅広い地域、 業種の地域のファミリー企業を研究しながら、欧米の企業や地域にも研究の対象を拡張して行きたいと考えている。

[目次]

第1章 先行研究のレビュー
1 本研究における分析項目の選定理由とその流れ
2 地域企業とイノベーション
3 ファミリービジネスにおける企業家活動
4 地域企業のビジネスモデル(システム)と戦略的資源
5 地域企業における組織学習
6 先行研究の総括

第2章 本研究における分析
1 分析フレームワークの提示

第3章 事例分析
第1節 やまだ屋
1 やまだ屋―宮島銘菓「もみじ饅頭」の老舗―
第2節 旭酒造株式会社

目次

[目次]

第1章 先行研究のレビュー
1 本研究における分析項目の選定理由とその流れ
2 地域企業とイノベーション
3 ファミリービジネスにおける企業家活動
4 地域企業のビジネスモデル(システム)と戦略的資源
5 地域企業における組織学習
6 先行研究の総括

第2章 本研究における分析
1 分析フレームワークの提示

第3章 事例分析
第1節 やまだ屋
1 やまだ屋―宮島銘菓「もみじ饅頭」の老舗―
第2節 旭酒造株式会社

前書きなど

本書では、地域企業の中でも特に地域の伝統産業の担い手である「老舗企業」にフォーカスを当てて分析することとした。それらの企業群の業種は菓子製造、日本酒製造など多岐に渡るが、地域 において長年顧客から支持され、地域とともに発展してきたという共通点がある。

しかし、これまで地域の伝統産業の担い手となってきた「老舗企業」の置かれている環境は極めて厳しいと言わざるを得ない。業界の需要縮小傾向に歯止めがかかっていないのである。老舗企業各社は、この状況を打破するため様々な企業努力が求められている。

他方、筆者の置かれた環境に目を転じてみると、大学は従 来の学問を修める「象牙の塔」から「社会に貢献する知性の 集団」へとその役割が変化してきた。筆者が教員になってから一貫して重視してきた教育方針は一言で言うならば「実事 求是」である。中国の原典には「修学好古実事求是」と記録されている。「学問を修めるにあたり、古いものを大事にしながら事実に立脚する」という意味である。

具体的には、基本となる理論を学んだ後、身近な地域の企業を訪問したり、韓国や中国に渡った際は現地企業に出向いたりするなど、経営の現場に触れる教育スタイルにこだわってきた。本研究は上述した筆者の長年の教育方針である「理論と実践の融合」を企業、行政、大学の協力を得ながら実現してきた教育のひとつの記録であると言えよう。

本研究が現実に安住せず、多様な新事業に挑戦する大学の研究者や学生に新鮮な刺激を与えることを期待している。

企業家とビジネスモデル、経営資源、ファミリー企業、 組織学習、ネットワークに焦点を当てた本書のフレームワークは、今回焦点を当てた地域のファミリー企業以外にも広 く応用できるものと確信している。今後はより幅広い地域、 業種の地域のファミリー企業を研究しながら、欧米の企業や地域にも研究の対象を拡張して行きたいと考えている。

版元から一言

本書では、地域企業の中でも特に地域の伝統産業の担い手である「老舗企業」にフォーカスを当てて分析することとした。それらの企業群の業種は菓子製造、日本酒製造など多岐に渡るが、地域 において長年顧客から支持され、地域とともに発展してきたという共通点がある。

しかし、これまで地域の伝統産業の担い手となってきた「老舗企業」の置かれている環境は極めて厳しいと言わざるを得ない。業界の需要縮小傾向に歯止めがかかっていないのである。老舗企業各社は、この状況を打破するため様々な企業努力が求められている。

他方、筆者の置かれた環境に目を転じてみると、大学は従 来の学問を修める「象牙の塔」から「社会に貢献する知性の 集団」へとその役割が変化してきた。筆者が教員になってから一貫して重視してきた教育方針は一言で言うならば「実事 求是」である。中国の原典には「修学好古実事求是」と記録されている。「学問を修めるにあたり、古いものを大事にしながら事実に立脚する」という意味である。

具体的には、基本となる理論を学んだ後、身近な地域の企業を訪問したり、韓国や中国に渡った際は現地企業に出向いたりするなど、経営の現場に触れる教育スタイルにこだわってきた。本研究は上述した筆者の長年の教育方針である「理論と実践の融合」を企業、行政、大学の協力を得ながら実現してきた教育のひとつの記録であると言えよう。

本研究が現実に安住せず、多様な新事業に挑戦する大学の研究者や学生に新鮮な刺激を与えることを期待している。

企業家とビジネスモデル、経営資源、ファミリー企業、 組織学習、ネットワークに焦点を当てた本書のフレームワークは、今回焦点を当てた地域のファミリー企業以外にも広 く応用できるものと確信している。今後はより幅広い地域、 業種の地域のファミリー企業を研究しながら、欧米の企業や地域にも研究の対象を拡張して行きたいと考えている。

著者プロフィール

金 泰旭  (キム テウク)  (著/文

金泰旭(キム・テウク)
近畿大学経営学部教授、博士(経営学/北海道大学)。韓国ソウル出身。
韓国ソウル延世(Yonsei)大学卒業。北海道大学大学院経済学研究科修了(経営学 修士・博士)。専攻は国際経営論、経営戦略論、ベンチャー企業論。

主な著書
『地域ファミリー企業におけるビジネスシステムの形成と発展』(共編著・白桃書房)
『大学発ベンチャーの日韓比較』(共著・中央経済社)
『研究開発中心型強小企業のイノベーションプロセス-日韓4社の比較事例分析』(単著・中央経済社)

論文
「韓国ベンチャー企業の特性と成長」共著、龍谷大学経営学論集第53巻第1号、pp.1-15
「ハイテックスタートアップス(HS)支援の現状と課題一韓国のHS支援政策と若干の事例紹介一」、北海道大学経済学研究第61巻第4号、pp.97-130

上記内容は本書刊行時のものです。