版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
美しい木組の家「いつか古民家になる」 松井郁夫(著/文) - ウエルパイン書店
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910069036

美しい木組の家「いつか古民家になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
A4判
価格 5,000円+税
ISBN
978-4-910069-03-6   COPY
ISBN 13
9784910069036   COPY
ISBN 10h
4-910069-03-8   COPY
ISBN 10
4910069038   COPY
出版者記号
910069   COPY
Cコード
C3052
専門 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2021年8月31日
最終更新日
2021年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

わたしたちは、丈夫で美しい架構の住まいをつくります。
「住まい」は、古来より伝わる「木組」の架構が命です。

地震や台風に襲われる日本の家は、丈夫な架構でなければなりません。
また、「美しい」住まいは、架構や仕上げに「自然素材」をふんだんに使い、プロポーションの良い家だと思います。

人は「本物」の素材に囲まれていることで、心豊かに気持ちよく暮らすことができると思います。「本物」とは「本来の物」と考えます。「本来の物」は、むかしからつくられてきた「古民家」をみるとよくわかります。
住まいは、住む人の立ち振舞いを美しくする事ができる「用の美」つまり「機能」と「美しさ」を備えていることだと考えます。

控えめで暮らしの邪魔をせず細部にまでこだわるデザインを「美」ととらえ、実用的な間取りと性能の「用」は環境を壊すことなく、生活の変化を楽しむことができると考えます。さらに風景に溶け込み、原風景をつくる家づくりを私たちは「古民家」から学んできました。日本の伝統の「木組の家」と温熱性能を向上させることで、利便性を備えた快適な「住まい」が実現します。

わたしたちは、長く愛されて丈夫な「いつか古民家となる」ような、美しい家づくりを目指しています。

前書きなど

この本は、松井事務所が新築した「木組の家」をまとめた「写真集」です。
「作品集」とは呼ばずに、あえて「仕事集」と呼ぶことにします。
「家づくり」は、設計者と山や職人たちの「つくり手」が「住まい手」に家を提供する、協働の「仕事」の成果だと考えるからです。
この本は、二冊構成の一冊で新築の「美しい木組の家」です。二冊目は、最新の技術で改修した「古民家再生のみらい」です。
どちらも丈夫な架構でつくる「いつか古民家になる」家づくりです。
家づくりは、木を植えて育てる山から始まり、素材を加工して壁、建具、家具などをつくり仕上げる職人たちに支えられています。職人は、優れた「技術」と経験に裏付けされた「技能」の持ち主です。「設計者」に委ねられるのは独善的な創作作品ではなく、敷地から与えられた条件や「住まい手」の要望を叶えるために、職人とともに協働し、質の高い家を実現することにあります。
家をつくる行為は、「社会の仕組みそのもの」だといいます。その仕組みを知れば知るほど、むかしからの家づくりが優れていることに気がつきます。
日本の伝統が失われたのは、明治時代に遡ると思いますが、長い鎖国の末に文明開化を急ぎ過ぎて、大切な伝統技術を忘れてきたのではないでしょうか?
『ワークショップ「き」組』は家づくりの社会的責任の実践を目指す活動です。
「木組の家」と「古民家再生」はどちらも架構が命です。
そこで古民家から学んだ架構の仕組みを、新築の木組の家にも採用しています。
これまで37年の間「木組の家」づくりを実践してまいりましたが、一度立ち止まって、次のステージに進みたいと考えます。

上記内容は本書刊行時のものです。