版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
食の人文学ノート 朝倉 敏夫(著/文) - 花乱社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910038490

食の人文学ノート 日韓比較の視点から

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:花乱社
A4判
256ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-910038-49-0   COPY
ISBN 13
9784910038490   COPY
ISBN 10h
4-910038-49-3   COPY
ISBN 10
4910038493   COPY
出版者記号
910038   COPY
Cコード
C0077  
0:一般 0:単行本 77:家事
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2022年4月28日
最終更新日
2022年5月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日韓の文化比較、特に韓国の食文化研究の第一人者が、様々な文献や新聞記事などを紹介しながら、日本の「食」を概観。
さらに日韓の食の比較を通して、異文化・自文化を知る楽しさを伝える。

目次

はじめに
序 章 食の人文学
第1章 食の歴史学 本から読む日本の食の歴史
第2章 食の地理学 食の地域性
第3章 食の民俗学 儀礼食とことばを中心に
第4章 食の文化人類学 外来食の受容
終 章 日韓食文化比較
参考文献
おわりに

前書きなど

 私の専門は韓国社会の文化人類学的研究である。1979年に初めて韓国を訪れ,韓国語を6カ月習った。そして1980年1月に,韓国の家族研究をするために新安郡の都草島でフィールドワークを始めた。1988年より国立民族学博物館に勤め,韓国社会のみならず,海外コリアンのフィールドワークも行ってきた。…
 フィールドワークをするなかで,私は「食」についての関心を高めていった。もともと文化人類学におけるフィールドワークは,現地の人々とラポール(信頼関係・親密関係)を形成して,話をうかがうことが基本にある。現地の人々とラポールを形成するための最初の試験は,一緒に食事をすることである。現地の食を現地の人たちとどれだけ多く,おいしく食べて来たかが,文化人類学者の財産になると,私は考えている。
 ことに韓国社会においては,一緒に食事をすることはとても重要な意味を持っていた。韓国で人と会うことは,一緒に食事をすることによってはじめて会ったという実感をもってもらうことと気づいた。また,韓国語で「食べる(モㇰタ:먹다)」という動詞は,「歳(ナイ:나이)を食べる=歳をとる」,「暑さ(トウィ:더위)を食べる=暑気あたりする」,「心(マウム:마음)を食べる=決心する」,「辱(ヨㇰ:욕)を食べる=悪口を言われる」,「怯(コプ:겁)を食べる=怖がる」など,多くの言葉に使われている。韓国は「食べる」社会であった。…

 もともと韓国社会の研究者であるため,日本の食について勉強するうえで,韓国の食との比較という視点で書いている。また,日本における近年の食の研究の進歩は,日進月歩であるが,本書はあくまで2020年度までの日本の食文化研究の成果を私なりに整理したものである。その意味で,韓国研究者による日本の食についての現時点での人文学的研究ノートとなっている。
 本書が,食の文化に関心をもつ人々の一つの道しるべになるとともに,食の人文学を研究する皆さんがさらなる研究をステップ・アップするための踏み台となってくれることを願っている。(「はじめに」より抜粋)

著者プロフィール

朝倉 敏夫  (アサクラ トシオ)  (著/文

1950年,東京生まれ。明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程満期退学。専門は社会人類学,韓国社会研究。韓国社会と海外コリアンの生活文化の調査・研究に従事。国立民族学博物館教授,立命館大学食マネジメント学部学部長を経て,現在は立命館大学BKC社系研究機構上席研究員。国立民族学博物館,総合研究大学院大学名誉教授。『宮廷女官チャングムの誓い』,『イ・サン』など,韓国ドラマの日本語版監修。大韓民国玉冠文化勲章を受章。大阪府茨木市在住。

上記内容は本書刊行時のものです。