版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
福岡地方史研究 第58号 福岡地方史研究会(編集) - 福岡地方史研究会
.

福岡地方史研究 第58号

A5判
168ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-910038-22-3
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月15日
書店発売日
登録日
2020年9月17日
最終更新日
2020年9月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

特集は「太宰府再考」。元号「令和」の公表以来、太宰府は全国レベルに格上げされた。『万葉集』(巻五)梅花の宴序から採用された「令和」は、遠のみかど太宰府を聖地に変えたが、元々太宰府は奈良の都に次ぐ大都市だった。現在でも市域の15%が史跡である太宰府の古代から近代に至る歴史を再考し、〈令和の聖地〉を多角的に立体的に具象的に、歴史研究の手法で復元する。
【特集】大伴旅人の館跡(大宰帥公邸)を探る/北野天満宮の伝説を考察する/幕末太宰府と志士 松屋・栗原孫兵衛/案外わがままだった太宰府の五卿:御笠郡乙金村の大庄屋・高原家の記録/太宰府の史跡と絵葉書、ほか

目次

絵葉書でたどる福岡の歴史⑲ 太宰府の絵葉書(石瀧豊美)
【巻頭言】中国時代劇の指切りと鳩杖(石瀧豊美)
【特集】太宰府再考
 [特集にあたって]
 大伴旅人の館跡(大宰帥公邸)を探る(赤司善彦)
 北野天満宮の伝説を考察する(浦辺 登)
 幕末太宰府と志士 松屋・栗原孫兵衛(竹川克幸)
 案外わがままだった太宰府の五卿:御笠郡乙金村の大庄屋・高原家の記録(石瀧豊美)
 絵葉書でたどる福岡の歴史【番外】太宰府の史跡と絵葉書(石瀧豊美)
 史料紹介:没後五十年、光頭無毛文化財・田中諭吉「その日その日 昭和五年日記」を読む:太宰府天満宮「鷽替え・鬼すべ」取材の日記より(田中美帆)
 百済紀行(下):日韓交流の記憶を求めて(師岡司加幸)
【論文】
 杉山茂丸の対中国観:寺内正毅宛書翰を手がかりとして(坂上知之)
【研究ノート】
 九州に渡った島村氏:浦上家宿老・島村氏の研究㈢(島村 豊)
 城と道:月隈丘陵に所在する山城の例から考える⑴(山崎龍雄)
 西暦四〇〇年前後の倭国と大倭国の動向:『日本書紀』巻第七、巻第八、巻第九は語る(中村修身)
 福岡藩慶長期分限帳の成立年代(大林憲司)
 朝鮮通信使・相島の客館の謎:吉村恕助と有待亭、亀井南冥・昭陽との関わりを中心に(今村公亮)
 地方労働運動分析:大分県中央タクシー争議より(濱田周作)
【覚書】福岡城むかし探訪館 福岡城模型ものがたり(西田 博)
【随想】古文書蒐集折々譚 その4:晴れたり降ったり(宮 徹男)
追悼 高嶋正武氏 郷土愛と「民ヲ親ニス」の志(竹川克幸)
朝鮮通信使ユネスコ登録二周年シンポジウム報告─朝鮮通信使の歴史 多角的に─(今村公亮)
短信往来▼今村公亮/河本信雄/島村 豊/西田 博/藤野辰夫/山下龍一
会員の本の紹介/例会卓話記録/編集後記

前書きなど

■特集にあたって
 二〇一九年五月一日、皇太子徳仁親王が即位し、平成から令和への改元が行われた。前天皇の崩御によらない皇位継承であったため、事前に準備が進められ、ある日突然改元が発表されるということはなかった。新元号の発表は四月一日である。
 新元号「令和」の典拠は初めて漢籍によらず、国書(日本の古典)である『万葉集』から採られ(「令月」と「風和」)、その元になった「梅花の歌三十二首、并せて序」(并に序、とも)が大宰帥大伴旅人邸における宴で詠まれた歌を収めていることから、「西日本新聞」が令和を〈福岡の古都「大宰府」に由来する言葉〉と報じるなど、にわかに太宰府が脚光を浴び、その邸宅跡と目された太宰府市の坂本八幡宮に観光客や参拝者が押しかける騒ぎとなった。
 今号では地元福岡の研究会として、この機会に大宰府・太宰府の歴史にあらためて各方面から光を当てることとした。「太宰府再考」を特集テーマに設定して会員の投稿を募った。
 特集テーマを前提に、昨年八月の総会記念講演は市民ミュージアム大野城心のふるさと館館長赤司善彦さんに、「大宰府の成立と大伴旅人の館跡」と題して講演をお願いし、内容を改めて論考として寄稿していただいた。梅花の宴は実際はどこで(!)行われたのか、という謎解きでもある。会員からの投稿は、地元の研究者ならでは、それぞれにユニークな視点で史実を掘り起こすことに寄与できたものと思っている。(抜粋)(石瀧氏)

著者プロフィール

福岡地方史研究会  (フクオカチホウシケンキュウカイ)  (編集

福岡地方史研究会は、1962年の発足。福岡にあって地方史や郷土史に関心を持つ人々によって結成された、民間の自主的な研究団体。発足以来、学界と在野の交流によって相互に情報を交換し、会員個々が研究を重ね研鑽を積む。研究テーマは地方史に限らず、広く文化史・社会史・民俗学に及び、対象となる時代も原始・古代・中世・近世・近現代と各時代の研究者が所属。有志による「古文書を読む会」の活動は『福岡藩朝鮮通信使記録』の刊行に結実し、2001年2月、福岡県文化賞を受賞。月1回の定例研究会を開き、年1冊会報(本誌)を発行する。

上記内容は本書刊行時のものです。