版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
すごい詩人の物語 山之口貘(著/文) - 立案舎
.

すごい詩人の物語 山之口貘詩文集 人生をたどるアンソロジー

発行:立案舎
A5判
縦210mm 横138mm 厚さ17mm
288ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-909917-00-3
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年7月19日
書店発売日
登録日
2019年7月5日
最終更新日
2019年7月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

山之口貘(1903-1963)。近代・現代を代表する沖縄生まれの詩人。人は、放浪詩人、貧乏詩人、風刺詩人、宇宙詩人、そして、精神の貴族……と呼んだ。

本書は、生涯に198篇しか残さなかった寡作の詩人の作品から135篇を選び、その人生をたどるようにして、5章からなるアンソロジーを編みました。類書と比べ詩の収録数が多いことに加え、一篇一篇の詩を丁寧に扱った美しいレイアウトも特長です。詩論「詩とはなにか」をはじめ、詩の生まれた背景が独自の文体で描かれた自伝的小説3篇が収録されているのも、本書ならではの特典。

目次

詩論「詩とはなにか」

第一章 住所不定

晴天


求婚の広告
若しも女を摑んだら
現金
唇のやうな良心
萌芽
立ち往生
自己紹介
食人種
大儀
無題
疲れた日記
妹へおくる手紙
賑やかな生活である
青空に囲まれた地球の頂点に立つて44
解体

光線
生きてゐる位置
挨拶
無機物
マンネリズムの原因
食ひそこなつた僕
存在
僕の詩
数学
再会
来意

転居
士族
鼻のある結論
襤褸は寝てゐる
上り列車
世はさまざま

天から降りてきた言葉


第二章 結婚と暮らし

友引の日
思ひ出

喪のある景色
生きる先々
曲り角
兄貴の手紙
土地1
土地2
土地3
疎開者
縁側のひなた
ミミコ
ミミコの独立
ヤマグチイズミ
闇と公

汽車
初夢
編上靴
常磐線風景

親子
相子
たねあかし
税金のうた
借金を背負って
博学と無学
人の酒
ぼすとんばっぐ
借り貸し

彼我
珈琲店
右を見て左を見て
鹿と借金
自問自答
柄にもない日
萎びた約束
年越の詩うた
処女詩集
玄関
紳士寸感
芭蕉布
口のある詩
十二月
石に雀

酔漢談義
ろまんす・ぐれい
月見草談義
表札
かれの奥さん
十二月のある夜
ある家庭
首をのばして
桃の花
ひそかな対決
野次馬


第三章 故郷沖縄

沖縄よどこへ行く
おさがりの思い出
耳と波上風景
がじまるの木
不沈母艦沖縄
基地日本
沖縄風景
島での話
正月と島

島からの風
弾を浴びた島


第四章 戦争風刺

思辨
弾痕
夢を見る神
応召
かれの戦死
ねずみ

雲の上


第五章 歌になった詩

ものもらひの話
生活の柄
夜景

第一印象
玩具
会話
座蒲団
紙の上
結婚
深夜
告別式
鮪に鰯
歯車

たぬき
頭をかかえる宇宙人


小説三篇

詩人便所を洗う
詩人の結婚
詩人の一家


年譜<山之口貘の生涯>


娘より、そして、ファンより

沖縄県と父・など 山之口泉
ムコウノヒト 高田漣
貘の詩とお金 宇田智子

版元から一言

本書は、立案舎の第一弾として発行しましたが、はじめから山之口貘ありきだったわけではなく、たまたまその詩を読んだ発行人が、たちまち感化されて、これで行こうと決めたことによるものです。タイトルにもしたように、「すごい詩人のすごい詩」だったわけです。
多くの貘作品に曲を付けて歌っていたフォークシンガーの高田渡が、その著書「バーボン・ストリート・ブルース」(ちくま文庫)の中でこんなふうに書いています。
「彼の詩には、一般的な“詩”という言葉からイメージされる取っつきにくさのようなものがまったくない。それでいて、技術的にも内容的にも優れている。ましてやそれを見せない。そこがいいのである。そういうものこそ、上手というのだろう」
本書で、その魅力にどっぷり浸かってください。とくに若い人たちに読んでいただきたく、詩集然としたハードカバーにせず、表紙もそれらしきものとせず、好きなときに本棚から取り出して、ベッドで寝ころんで読めるような装丁としました。

著者プロフィール

山之口貘  (ヤマノクチバク)  (著/文

山之口貘(やまのくち ばく)
1903年~1963年。沖縄生まれの詩人。1938年、第1詩集『思辨の苑』。1940年、第2詩集『山之口貘詩集』。1958年、『定本 山之口貘詩集』で第2回高村光太郎賞受賞。1963年、59歳で永眠。死の直前、詩業に対し沖縄タイムス賞が授与される。1964年、遺稿詩集『鮪に鰯』刊行。1975(~1976)年、『山之口貘全集』(全4巻)刊行、近年では、2013年に『新編 山之口貘全集』が刊行されている。

上記内容は本書刊行時のものです。