版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
別の人 カン・ファギル(著) - エトセトラブックス
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: 八木|ト|ニ|楽天
直接取引: あり(トランスビュー扱い)

別の人

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六変型判
縦188mm 横131mm 厚さ23mm
重さ 409g
336ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-909910-10-3   COPY
ISBN 13
9784909910103   COPY
ISBN 10h
4-909910-10-7   COPY
ISBN 10
4909910107   COPY
出版者記号
909910   COPY
 
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月30日
書店発売日
登録日
2021年2月16日
最終更新日
2021年4月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

受け入れがたい暴力にさらされたあとも、人生は続く。
そのとき記憶は人をどう変えるのか――。
ハンギョレ文学賞受賞、韓国フェミニズム作家の先頭を走るカン・ファギル初邦訳!

30代前半のジナは、恋人から受けたデートⅮⅤをネットで告発するが、かえって彼女のほうがひどい誹謗中傷にさらされてしまう。さらに傷ついたジナは、かつて暮らした街を訪ねることに……。デビューから一貫して女性を襲う理不尽と絶望を書き続けてきた作家が、韓国でも社会問題化している性暴力被害を題材に、暴力が生まれる構造を正面から描く。

著者プロフィール

カン・ファギル  (カン ファギル)  (

1986年、全州市生まれ。2012年、短篇小説「部屋(방)」でデビュー。以後、一貫して女性を襲う理不尽と絶望を書き続け、韓国のフェミニズム作家の先頭を走る存在。2017年、短編小説「湖―別の人(호수-다른 사람)」で第8回若い作家賞、初の長編である本書『別の人』で第22回ハンギョレ文学賞を受賞。「最近急浮上しているヤングフェミニストの声が、具体的につめこまれた作品」と評され、ベストセラーとなる。2019年、イギリスで発行された韓国文学ショートストーリーシリーズに短編「Demons(英題)」が選ばれ、大きな話題となった。2020年には「飮福 (음복)」で第11回若い作家賞大賞を受賞。他の作品に、『大丈夫な人(괜찮은 사람)』(2016)、『ホワイト・ホース(화이트 호스)』(2020)がある。現在、祖母、母、娘という三代の女性を主人公にした壮大な家族小説を執筆中。

小山内 園子  (オサナイ ソノコ)  (

1969年生まれ。東北大学教育学部卒業。NHK報道局ディレクターを経て、延世大学などで韓国語を学ぶ。訳書に、姜仁淑『韓国の自然主義文学』(クオン)、キム・シンフェ『ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに』(竹書房)、チョン・ソンテ『遠足』(クオン)、ク・ビョンモ『四隣人の食卓』(書肆侃侃房)、キム・ホンビ『女の答えはピッチにある 女子サッカーが私に教えてくれたこと』(白水社)、イ・ミンギョン『私たちにはことばが必要だ』『失われた賃金を求めて』(すんみとの共訳・タバブックス)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。