版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ベルセルク精読 宮台真司(著/文) - blueprint
..

ベルセルク精読 (ベルセルクセイドク)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
192ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-909852-32-8   COPY
ISBN 13
9784909852328   COPY
ISBN 10h
4-909852-32-8   COPY
ISBN 10
4909852328   COPY
出版者記号
909852   COPY
Cコード
C0076  
0:一般 0:単行本 76:諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年7月25日
最終更新日
2022年7月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ダークファンタジーの傑作『ベルセルク』は後世に何を伝えるのか? 9人の論者が独自の視点から徹底読解。社会学者の宮台真司、漫画研究家の藤本由香里、漫画編集者の島田一志、ドラマ評論家の成馬零一、作家の鈴木涼美、批評家の渡邉大輔、暗黒批評家の後藤護、ホビーライターのしげる、漫画ライターのちゃんめい、それぞれ異なる角度から『ベルセルク』の魅力を立体的に描き出した本格的漫画評論集。巻末には成馬零一、しげる、ちゃんめいによる鼎談も掲載。

目次

005 イントロダクション
009 宮台真司 │ 人間の実存を描く傑作『ベルセルク』
025 藤本由香里 │ 三浦建太郎という溶鉱炉 -追悼・三浦建太郎-
043 島田一志 │ マイナーなジャンルで王道のヒーローを描く
061 成馬零一 │ 私漫画としての『ベルセルク』
083 鈴木涼美 │ 穢されないのはなぜか -娼婦と魔女がいる世界-
099 渡邉大輔 │ テレビアニメ『ベルセルク』とポスト・レイヤーの美学
113 後藤護 │ 黒い脳髄、仮面のエロス、手の魔法
139 しげる │ フィクションと現実との境界線に突き立つ「ドラゴンころし」
155 ちゃんめい│ 後追い世代も魅了した「黄金時代篇」の輝き
169 特別付録 成馬零一×しげる×ちゃんめい │『ベルセルク』座談会

上記内容は本書刊行時のものです。