版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
進撃の巨人という神話 宮台真司(著/文) - blueprint
..

書店員向け情報 HELP

進撃の巨人という神話 (シンゲキノキョジントイウシンワ)

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦187mm 横127mm 厚さ17mm
重さ 265g
184ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-909852-25-0   COPY
ISBN 13
9784909852250   COPY
ISBN 10h
4-909852-25-5   COPY
ISBN 10
4909852255   COPY
出版者記号
909852   COPY
Cコード
C0076  
0:一般 0:単行本 76:諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年3月12日
書店発売日
登録日
2022年2月14日
最終更新日
2022年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

稀代の傑作『進撃の巨人』は人類に何を問いかけるのか? 8人の論者が独自の視点から徹底読解。社会学者の宮台真司、精神科医の斎藤環、漫画研究家の藤本由香里、漫画編集者の島田一志、ドラマ評論家の成馬零一、社会学者の鈴木涼美、暗黒批評家の後藤護、ライターのしげる、それぞれ異なる角度から『進撃の巨人』の魅力を立体的に描き出した本格的漫画評論集。巻末には批評家の渡邉大輔、映画ライターの杉本穂高、漫画ライターの倉田雅弘による最終回直前の鼎談も掲載。

目次

005 イントロダクション
009 宮台真司 │『進撃の巨人』は物語ではなく神話である
025 斎藤 環 │ 高度に発達した厨二病はドストエフスキーと区別が付かない
045 藤本由香里 │ ヒューマニズムの外へ
061 島田一志│笑う巨人はなぜ怖い
077 成馬零一 │ 巨人に対して抱くアンビバレントな感情の正体
101 鈴木涼美 │ 最もファンタスティックなのは何か
119 後藤護 │ 水晶の官能、貝殻の記憶
145 しげる │立体機動装置というハッタリと近代兵器というリアル
163 特別付録 │ 渡邉大輔×杉本穂高×倉田雅弘 『進撃の巨人』座談会

上記内容は本書刊行時のものです。