版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
明るい映画、暗い映画 21世紀のスクリーン革命 渡邉大輔(著/文) - blueprint
..

書店員向け情報 HELP

明るい映画、暗い映画 21世紀のスクリーン革命 (アカルイエイガクライエイガニジュウイチセイキノスクリーンカクメイ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦187mm 横127mm 厚さ26mm
重さ 478g
328ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-909852-19-9   COPY
ISBN 13
9784909852199   COPY
ISBN 10h
4-909852-19-0   COPY
ISBN 10
4909852190   COPY
出版者記号
909852   COPY
Cコード
C0074  
0:一般 0:単行本 74:演劇・映画
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月10日
書店発売日
登録日
2021年9月15日
最終更新日
2021年9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

気鋭の批評家・映画史研究者である渡邉大輔による初の評論集。インターネット、スマートフォン、SNS、Zoom、VR、AR、GoPro……新たなテクノロジーによって21世紀の映画はどのように変容したのか? 「明るい画面」と「暗い画面」という見立てから、これからの映画の可能性を読み解く画期的論考を収めた第1部、『君の名は。』『天気の子』『鬼滅の刃』『ドライブ・マイ・カー』など、話題のアニメ・映画を鋭く論じた第2部、合計328頁のボリュームでお届けする。

「これぞ「ポスト・パンデミック時代の映画」の条件だ。
だがそれは、現状より10年以上前から、私たちにひたひたと忍び寄ってきたものの汪溢だった。
その事実を、本書は、徹底的に暴く。デスクトップ的なZoom映画、人新世、「明るい暗さ」、暗黒啓蒙、接触的平面、ポスト・ヒューマニティーズ、そしてZ世代――。映画と、世界とを語る、最先端のキーワードを充填して。
これが、僕たちの時代の切れ味である。」(さやわか・物語評論家)

目次

まえがき

【第 1 部 新しい画面の映画論】
第 1 章 「明るい画面」の映画の到来
第 2 章 Zoom映画と切り返しの問題
第 3 章 現代映画の「暗さ」と接続/断絶の問題
第 4 章 現代アニメ文化における高さ=超越性の喪失
第 5 章 「明るい画面」の映画史に向けて

【第 2 部 画面たちの星座】
第 1 章 21世紀映画のインフラストラクチャー
第 2 章 変容する現代日本アニメ
第 3 章 スタジオジブリとその周辺

あとがき

著者プロフィール

渡邉大輔  (ワタナベダイスケ)  (著/文

批評家・映画史研究者。1982年生まれ。現在、跡見学園女子大学文学部准教授。専攻は日本映画史・映像文化論・メディア論。映画史研究の傍ら、映画からアニメ、純文学、本格ミステリ、情報社会論まで幅広く論じる。著作に『イメージの進行形』(人文書院、2012年)、共著に『アニメ制作者たちの方法』(フィルムアート社、2019年)『スクリーン・スタディーズ』(東京大学出版会、2019年)『本格ミステリの本流』(南雲堂、2020年)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。