版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
訓読と漢語の歴史[ものがたり] 福島 直恭(著) - 花鳥社
.

訓読と漢語の歴史[ものがたり]

発行:花鳥社
四六判
284ページ
上製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-909832-03-0
Cコード
C1081
教養 単行本 日本語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年2月28日
書店発売日
登録日
2019年3月11日
最終更新日
2019年11月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2019-11-30

紹介

訓読文はどのように成立しどのような変遷をたどったのか

なぜ昔の日本人は、中国語の文章や詩を翻訳するときに、「ちょっと違った感じのする日本語」にしたのか。
訓読文を語るときに欠かせない、漢語についても詳しく説明――漢語とは何か、どのように日本語の中に入ってきたのか。
漢文の授業が苦手だった人も楽しめる「ものがたり」。

目次

 本書を読んでくださる方へ

序章 本書の基本的立場
 1 「歴史」ということばの捉え方
 2 訓読と訓読文についての研究
 3 本書における言語と文字の関係
  3・1 記号としての言語と記号としての文字の関係
  3・2 表意文字と表音文字について
 4 本書の構成

第1章 訓読についての基本的説明
 1 「訓読」とはどういうことか
  1・1 本書における「訓読」の定義
 2 訓読のプロセス
 3 訓読の過程における2種類の制約の再確認
  3・1 解釈における選択幅と文体面における選択幅
  3・2 表記における選択幅
 4 訓読行為の主体

第2章 他文化受容の一形態としての借用
 1 借用について
  1・1 借用の定義
  1・2 借用とコードスイッチング
 2 借用語としての漢語
 3 漢語借用のはじまり
  3・1 漢語と訓読文
  3・2 なぜ借用するのか
 4 その後の漢語
  4・1 漢語と和文
  4・2 漢語と和漢混淆文
  4・3 漢語と現代標準日本語

第3章 漢語の受容と日本語の変化
 1 借用語の定着度について
 2 訓読文と漢語
 3 中国語の単語を借用するための工夫
  3・1 日本語の単語としての加工
  3・2 日本語のルールの変更
 4 漢語使用の広がりと漢語の違和感の軽減
  4・1 漢語使用の広がり
  4・2 音便について
  4・3 和漢混淆文中の漢語の存在意義
  4・4 本章のまとめ

第4章 訓読文体の確立と訓読文の表記の変遷
 1 訓読の定義再論
  1・1 訓読の一般的説明
  1・2 一般的な説明の問題点
 2 書記言語としての訓読文
  2・1 「文体」について
  2・2 口頭言語と書記言語
  2・3 訓読文の位置づけ
  2・4 訓読文体の成立
  2・5 集団規範としての訓読文
 3 訓読文の表記の変遷
  3・1 訓読文のさまざまな表記
   3・1・1 ヲコト点による表記
   3・1・2 角筆による表記
   3・1・3 紙の裏側への書き込み
   3・1・4 簡略文字や読み順を示す記号による表記
  3・2 訓読文表記の変遷のまとめと訓読文という文体の確立

第5章 訓読文の変遷と終焉
 1 訓読文とその他の言語変種
  1・1 諸言語変種の整理
  1・2 文字列の外見からの言語変種の区別の可能性
 2 その後の訓読文
  2・1 拡張訓読文の成立
  2・2 拡張訓読文の具体例
  2・3 他の文体への影響
   2・3・1 和漢混交文
   2・3・2 候文
   2・3・3 普通文
  2・4 書記言語としての拡張訓読文と標準日本語の位置の違い
 3 訓読文の終焉
  3・1 訓読文の特質と限界
  3・2 書記言語の取り替え

第6章 漢語が仲立ちした書記言語の交替
 1 訓読文と標準日本語の漢語使用調査
  1・1 訓読文と標準日本語の関係
  1・2 漢語の使用率について
   1・2・1 漢語の分布
   1・2・2 漢語使用率に関する先行研究
 2 訓読文における漢語の使用率の高さ
  2・1 訓読文と漢語の関係
  2・2 訓読文における漢語の使用率調査
  2・3 近代の訓読文における漢語使用率の高さ
 3 近代の標準日本語における漢語使用
  3・1 標準日本語について
  3・2 標準日本語における漢語の使用率調査
  3・3 標準日本語の漢語使用率の高さ
 4 調査結果のまとめ

終章 まとめとひとつの問題提起
 1 まとめおよび本書の意義
 2 ひとつの問題提起
  2・1 本書の内容と漢文教育
  2・2 漢文教育の問題点1 名称の問題
  2・3 漢文教育の問題点2 訓読漢文と書き下し文の違いに関する問題
  2・4 漢文教育の問題点3 ひとつの訓読法を絶対視しすぎる問題


参考文献
索引

前書きなど

本書は、漢文の授業があまり好きではなかった、あるいはあまり理解できなかった人でも、もう一度出発点に戻って、こういう文について改めて考えてみると、最初は難しそうに感じたものもかなりいろいろなことがわかって面白いと思ってもらえるように書いたつもりです。そして、知ってはいたけど遠い存在だった訓読文というものが、実は日本語や日本語を使用する社会に大きな影響を与えたものだったのだということも分かってもらえるように書いたつもりです。……「本書を読んでくださる方へ」より

著者プロフィール

福島 直恭  (フクシマ ナオヤス)  (

1959年北海道生まれ。
学習院女子大学国際文化交流学部教授。
博士(言語学)。

著書に、
『〈あぶないai〉が〈あぶねえe:〉にかわる時― 日本語の変化の過程と定着』(笠間書院、2002)
『書記言語としての「日本語」の誕生― その存在を問い直す』(笠間書院、2008)
『幻想の敬語論―進歩史観的敬語史に関する批判的研究』(笠間書院、2013)
などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。