版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アヴァンギャルド・ヘミングウェイ 小笠原 亜衣(著/文) - 小鳥遊書房
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909812551

アヴァンギャルド・ヘミングウェイ パリ前衛の刻印

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小鳥遊書房
A5判
272ページ
上製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-909812-55-1   COPY
ISBN 13
9784909812551   COPY
ISBN 10h
4-909812-55-5   COPY
ISBN 10
4909812555   COPY
出版者記号
909812   COPY
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月31日
書店発売日
登録日
2021年2月11日
最終更新日
2021年4月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

パリ前衛芸術から実験的文体へ

セザンヌ絵画のように風景を書き、ピカソのキュビズム絵画のように短編を構築し、映画カメラのズーム・イン/アウトのごとく語りの実験をし、映像が連なり流れるような映画的文体で短編作品を書いた散文実験。 ヘミングウェイは、環大西洋的(トランスアトランティック)前衛芸術の文脈からいかなる衝撃/着想を得たのか、多彩な図版とともにその深層に迫る!

目次

序 章 アヴァンギャルド・ヘミングウェイ

0.パリ前衛の刻印
1.祝祭のパリ
2.スタインの薫陶
3.ジャンル越境の芸術実験

第一部 前衛の衝撃――祝祭都市パリへ

第一章 セザンヌが連れてきた近代――絵画の知覚、散文の身体

1.身体的散文を求めて
2.セザンヌ絵画の「風景のつくり方」
3.「大きな二つの心臓のある川」
4.ロレンスの卓見、芸術の身体
5.セザンヌの空間――遠くにあってなお大きな山
6.ヘミングウェイと「世界の手ざわり」

第二章 スタインの教えとピカソの誠実――断片、空間、氷山理論

1.セザンヌのこどもたち
2.スタインのセザンヌ――「部分」へ
3.スタインの実験――瞬間の詩学
4.スタインの教えと『われらの時代に』
5.ピカソの誠実と氷山理論    

第三章 ヘミングウェイ・メカニック――ニューヨーク・ダダと機械の眼

1.奇妙な習作「神のしぐさ」
2.アンダソンの教育
3.ニューヨーク・ダダ・コネクション
4.「機械」という芸術的主題
5.アート・メカニック
6.まるでカメラのように――『われらの時代に』の語りの実験

◉コラム1 近くて遠いココ・シャネル

第二部 戦争の衝撃――近代の通奏低音

第四章 疾走する散文――「ぼくの父さん」の映画的文体と「やつら」の不条理

1.不遇な短編「ぼくの父さん」
2.「ぼくの父さん」の文体実――映像をもとめて
3.シネマの時代の散文実験
4.Theyとは誰か――この世の不条理

◉コラム2 ムッソリーニとクレー、あるいはパリの空腹

第五章 瞬間の生、永遠の現在――『日はまた昇る』とジュナ・バーンズ『夜の森』

1.一九二一年、パリのアメリカ人たち
2.移動性の詩学
3.「瞬間」へ向かう
4.『日はまた昇る』――瞬間の生、永遠の現在
5.『夜の森』――彷徨、脱中心、無化する生

◉コラム3 夢とミロ『農園』

第六章 眠れない近代――ホッパー『ナイトホークス』と「殺し屋」「清潔で明るい場所」

1.光の画家ホッパー
2.構図とハードボイルド
3.省略の技法
4.共鳴する二作品――光と苦悩
5.不眠症の同胞愛
6.神の光、電灯の光
7.眠れない男たち――戦争と祈りの身振り

第三部 視覚性の衝撃――まなざしの欲望

第七章 『エデンの園』の視覚性――『考える人』には見えないもの

1.反映する視覚性
2.見る男/見られる女
3.キャサリンの不満と身体の戦略
4.「彫刻のように」なること
5.視覚性の攪乱、セクシュアリティの混乱
6.見るヘテロセクシュアル/見られる(見えない)ホモセクシュアル
7.強いられた視覚と不可視のもの――誰の欲望か

第八章 幻視する原初のアメリカ
    ――「まずアメリカを見よう」キャンペーンとヘミングウェイの風景

1.ヘミングウェイの最期の風景
2.愛国的キャンペーンと旅のイデオロギー
3.西部の神話化――時を遡行する旅
4.始源の地への欲望
5.幻視する原初のアメリカ――未だ見ぬ過去への遡行    

◉コラム4 ドライな街と二人のモダニスト

終 章 辺境(ウィルダネス)の声を聴け――芸術家ヘミングウェイのアメリカ性

1.米芸術の遠近法――対ヨーロッパ
2.ヘミングウェイのアメリカ性(1):無窮の現在性とリアリズム
3.ヘミングウェイのアメリカ性(2):辺境の声    

あとがき(初出一覧を含む)    

索引

著者プロフィール

小笠原 亜衣  (オガサワラ アイ)  (著/文

1990年東京女子大学文理学部卒。日本アイ・ビー・エム株式会社勤務。1997年日本女子大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程後期。博士。カリフォルニア大学リバーサイド校およびジョン・F・ケネディー・ライブラリー客員研究員(フルブライト研究員2010年~2011年)。立教大学ランゲージセンター、玉川大学工学部を経て現在、関西学院大学法学部・大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。専門はモダニズム文学・芸術。

上記内容は本書刊行時のものです。