版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「感想文」から「文学批評」へ 小林 真大(著/文) - 小鳥遊書房
.

「感想文」から「文学批評」へ 高校・大学から始める批評入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小鳥遊書房
四六判
240ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-909812-53-7   COPY
ISBN 13
9784909812537   COPY
ISBN 10h
4-909812-53-9   COPY
ISBN 10
4909812539   COPY
出版者記号
909812   COPY
 
Cコード
C0090
一般 単行本 文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年2月26日
書店発売日
登録日
2020年12月26日
最終更新日
2021年3月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-03-26
発売して、ひと月で重版しました。大学でのテキストなどにも使用されているようです。

紹介

「この作品の面白さを誰かに伝えたい!」
そう思ったら、本書を開いてみてください。
=========================
大学は「感想文」では許されない
レポートや論文を書くことが要求されます。
大学の文系学部を意識している高校生にも
「文学批評」の基礎からわかる本書をお勧めします!

目次

はじめに

序章 文学批評には「型」がある?
◉批評の型をまねる
◉文学批評の六つの型

第一章 作品を生み出す「作家」に注目してみよう
          ーー作家論と近代文学批評の誕生
◉作家論と近代
◉伝記的批評
◉風土的批評
◉作品論的批評
◉作者の死
◉「作者の死」以降の作家論
◉ハーシュの作家論
◉岐路に立つ作家論

第二章 「作品」は社会や作家から独立できるのか?
       ーー伝統社会の崩壊とニュークリティシズム
◉詩は感情に訴える
◉ニュークリティシズムの誕生
◉ニュークリティシズムのマニフェスト
◉ニュークリティシズムの実践例
◉ニュークリティシズムの限界
◉二一世紀以降のニュークリティシズム

第三章 すべての作品には共通するシステムがある?
        ーーニュークリティシズムから構造主義へ
◉構造主義のはじまり
◉ソシュールから構造主義へ
◉構造主義の実践例
◉ロラン・バルトによる物語の構造分析
◉構造主義の限界

第四章 言葉には「声」がある
        ーーイデオロギー批評の逆襲
◉マルクス主義―イデオロギー批評の古典
◉マルクス主義批評の実践例
◉マルクス主義批評の停滞
◉マルクスからポスト・マルクスへ
◉フェミニズム批評
◉フェミニズム批評の実践例
◉ポストコロニアル批評
◉ポストコロニアル批評の実践例
◉イデオロギー批評の現在と問題点

第五章 読者がいなければ、作品は存在しない?!
        ーーマルクス主義批判から読者論へ
◉ヤウスの読者論
◉読者論の実践例―『ごん狐』批評①
◉イーザーの読者論
◉読者論の実践例―『ごん狐』批評②
◉フィッシュの読者論
◉読者論の限界

第六章 作品と読者を取り巻く環境も考える
        ーー文学におけるメディア論
◉メディア論とは何か
◉文学におけるメディア
◉作家の人生を左右する出版メディア
◉純文学から通俗小説へ
◉メディアの多重奏
◉マルチメディアとしての文学
◉メディア消費の空間論

終章 文学批評の存在意義はどこにある?
◉文学は批評できない?
◉文学批評の起源
◉大いなる矛盾
◉ヒュームの批評論
◉文学の価値基準は存在しない
◉文学批評の可能性
◉文学批評の社会的意義

おわりに
主要参考文献(本文で紹介された文献以外に参考にした書籍)

著者プロフィール

小林 真大  (コバヤシ マサヒロ)  (著/文

山形県生まれ。早稲田大学国際教養学部卒業。
現在インターナショナルスクールにて国際バカロレアの文学教師を勤める。2015 年に IB Diploma Japanese A: Literature Category 1 Workshop 修了。
2019 年に IB Diploma Japanese A: Literature Category 2 Workshop 修了。
また、オンラインで海外の生徒への指導もおこなっている。
著書に『文学のトリセツー「桃太郎」で文学がわかる!』(五月書房新社、2020年)がある。
ホームページ:https://www.ibjapanese.com

上記内容は本書刊行時のものです。