版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
家庭性の時代 増田 久美子(著/文) - 小鳥遊書房
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909812520

家庭性の時代 セアラ・ヘイルとアンテベラム期アメリカの女性小説

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小鳥遊書房
四六判
280ページ
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-909812-52-0   COPY
ISBN 13
9784909812520   COPY
ISBN 10h
4-909812-52-0   COPY
ISBN 10
4909812520   COPY
出版者記号
909812   COPY
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年7月16日
書店発売日
登録日
2021年6月10日
最終更新日
2021年7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

家庭から「市民社会」へ……
南北戦争前夜(アンテベラム)期、女性を家庭空間に限定し「反フェミニスト」のレッテルを貼られたセアラ・ヘイル。
しかし、彼女の小説テクスト に書き込まれた「家庭性」をめぐるレトリックの深層を読み解くと、同時代の誰よりも「女性の向上」に尽力し、家庭性や「男女の領域 分離」を唱えたヘイル像とその真意が浮かび上がってくる。

目次

序 章 セアラ・ヘイルと「家庭性の黄金時代」
一.(反)フェミニストか帝国主義者か──セアラ・ヘイルのペルソナ
二.家庭性イデオロギーと「男女の領域分離」論争の展開
三.家庭から「市民社会」の構築へ
第一章 「共和国の母」から「慈悲深き帝国」時代の女性たちへ
──『ノースウッド』にみるセアラ・ヘイルの思想的変遷と「慈善」のイデオロギー 
一.「共和国の母」から娘へ
二.一八二七年版テクストにおける共和国市民の美徳、模範的女性像、チャリティという「慈善」
三.一八五二年版テクストにみる「慈善」のジェンダー化
第二章 「女性の領域」を読む女たち
        ──『女性講演家』のジェンダー・ペダゴジー
一.アメリカ初期演説文化と女性による講演行為
二.誤読される女性講演家
三.実践的テクストとしての『女性講演家』
第三章 ボーディングアウトする女、家庭にしがみつく男
            ──(反)ボーディングハウス小説の場合
一.ボーディングアウトする白人中流階級
二.(反)ボーディングハウス小説というジャンル
三.『ボーディングアウト』のパラドクス的な語り
四.混沌と化す「客間」、神聖化される「書斎」
五.リパブリカニズムへの回帰
第四章 分断された家庭、創出される良妻
──ハウスキーピング小説の場合

一.危機に立つ「女主人」――アンテベラム期の家事奉公事情
二.白人中流階級家庭の「良妻」をつくる
三.家庭空間を分断する
第五章 リベリア礼讃
──セアラ・ヘイルのアフリカ植民思想にみる男性性の危機・回復・依存
一.ペイトン氏の「男らしさ」の危機──福音主義的男性性とリベリア植民運動
二.ペイトン氏の「実験」における男らしさのゆくえ
三.「依存」の構造──福音主義者の男性と消された女性           
第六章 共和国の娘たちへのクロニクル
──『女性の記録』における家庭的歴史の語りと「女性市民」の形成

一.「女性の領域」から市民社会へ──『女性の記録』の評価をめぐって
二.母親であることの不当と苦しみ──家庭的歴史の「心情」の語り
三.アングロサクソニズムと女性の市民性
四.「母」でなく「妻」でなく、「女性市民」を記録する
終章 切り貼りされる自己語り
―――――――――――――――――――――――

参考文献
あとがき
アメリカの歴史と文学年表・ヘイル略年譜
索引

著者プロフィール

増田 久美子  (マスダ クミコ)  (著/文

立正大学文学部教授。専門は19世紀アメリカ文学。主要論文に「ドメスティシティの模倣と懐疑──『ゲーリー家と友人たち』における家庭的人種暴動」(『言語社会』第7号 2013年)など。翻訳にエイミー・カプラン『帝国というアナーキー──アメリカ文化の起源』(共訳、青土社 2009年)、スラヴォイ・ジジェク『厄介なる主体──政治的存在論の空虚な中心』全2巻(共訳、青土社 2005年/2007年)、ベネディクト・アンダーソン『比較の亡霊──ナショナリズム・東南アジア・世界』(共訳、作品社 2005年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。