版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
クロスメディア・ヘミングウェイ 塚田 幸光(著/文) - 小鳥遊書房
.

クロスメディア・ヘミングウェイ アメリカ文化の政治学

発行:小鳥遊書房
四六判
304ページ
上製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-909812-33-9
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年4月6日
書店発売日
登録日
2020年3月3日
最終更新日
2020年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

同時代のメディアや文化の政治学から
ヘミングウェイ文学を再考察する。
ヘミングウェイが生きた映画/映像の世紀、モダニズム/ファシズムの時代を軸に、ジャーナル、フィルム、フォトグラフ、アート、そしてノヴェルといった政治とメディアを横断して「文学」を別角度から検討し、文化/メディア研究を更新する!

目次

はじめに ヘミングウェイと文化の政治学
1.テクスト×コンテクスト
2.芸術と政治――クロスメディア序説
3.各章概説――クロスメディア実践

第1章 クロスメディア・ヘミングウェイ
     ――ニューズリール、ギリシア・トルコ戦争、「スミルナの桟橋にて」
1.二つの「スミルナ」――交差するメディア
2.戦争の光景――ニューズリール「スミルナ炎上」
3.難民と母子――『トロント・スター』
4.赤子と騾馬――短編小説「スミルナの桟橋にて」

第2章 睾丸と鼻――ヘミングウェイ詩編と老いの身体論
1.睾丸スキャンダル――テクノロジーとフリークス
2.ジャズ・エイジの表裏――グロテスクと抒情
3.睾丸詩編――ヘルスとグロテスク
4.睾丸と鼻――フリークス的身体
5.「老い」の身体論――詩と散文

第3章 アフリカ×アメリカ
       ――ターザン、帝国、ジャングル・プール
1.エレファント・イン・ザ・ズー
2.アメリカの中の「アフリカ」――恐慌とジャングル・プール
3.フレーミング・アフリカ――人種とスクリーン
4.アフリカの中の「アメリカ」――ヘミングウェイのサファリ
5.欲望のスクリーン――イメージとしての「アフリカ」

第4章 ゲルニカ×アメリカ
       ――イヴェンスとクロスメディア・スペイン
1.ゲルニカ×ゲルニカ
2.『ライフ』、イヴェンス、スペイン体験
3.フィルム×ジャーナル――クロスメディア・スペイン
4.シネマティック・ゲルニカ――『スペインの大地』を見る
5.ゲルニカ×アメリカ――『スペインの大地』とFSA

第5章 ヘミングウェイ、戦争に行く
       ――ジェンダー、ナショナリズム、『脱出』
1.映画と弾丸――戦時の共犯関係
2.プロパガンダとワーナー・ブラザーズ――『ド・ゴール物語』
3.戦争、女性、口紅――広告とジェンダー
4.フレーミング・ファム・ファタール――『脱出』と『ミルドレッド・ピアーズ』
5.帰国のレトリック――ファム・ファタールと医師

  [補章1]シネマ×ヘミングウェイ①――サム・ウッド監督『誰が為に鐘は鳴る』
1.女性映画のジェンダー――医師と患者
2.メロドラマの陥穽――顔とクロースアップ

第6章 マン・オン・ザ・ベッド
       ――コード、ジェンダー、『殺人者』
1.コード、ノワール、ファム・ファタール 
2.フラッシュバックの「距離」――『ローラ殺人事件』と『殺人者』 
3.マン・オン・ザ・ベッド――脆弱な男性身体 

  [補章2]シネマ×ヘミングウェイ②――アンドレイ・タルコフスキー監督『殺人者』
1.メディアの両極――ヘミングウェイ×タルコフスキー
2.鏡、密室、双子

第7章 カリブ×アメリカ
       ――『老人と海』と文化の政治学
1.パパ・ダブルビジョン――アメリカとキューバ
2.「老い」の政治学――フォークナー、ヘミングウェイ、『ライフ』
3.黒き少年とアメリカン・インヴェイジョン――テクスト/コンテクスト
4.反転する狩り――「老い」のスペクタクル

  [補章3]シネマ×ヘミングウェイ③――アレクサンドル・ペトロフ監督『老人と海』
1.ガラスペインティング・アニメーション
2.十字架の形象と聖痕

第8章 ライティング・ブラインドネス
          ――ヘミングウェイと「老い」の詩学
1.「終わり」の意識
2.見る・書く・撃つ――「視」の詩学
3.視と死
4.ライティング・ブラインドネス――「盲導犬としてではなく」と「世慣れた男」
5.老人は誰か――「無(ナダ)」からの逃走/闘争

  [補章4]シネマ×ヘミングウェイ④
            ――フィリップ・カウマン監督『私が愛したヘミングウェイ』


おわりに ヘミングウェイ・アンド・ビヨンド

あとがき

   索引 

著者プロフィール

塚田 幸光  (ツカダ ユキヒロ)  (著/文

映画学、表象文化論、アメリカ文学 関西学院大学法学部・大学院言語コミュニケーション文化研究科教授 博士(関西学院大学) 立教大学大学院博士後期課程満期退学。ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員、サウスイースト・ミズーリ州立大学フォークナー研究所研究員(BioKyowa Award)、韓国済州大学校特別研究員、防衛大学校准教授などを歴任。 単著『シネマとジェンダー アメリカ映画の性と戦争』(臨川書店、2010年) 編著『映画とジェンダー/エスニシティ』(ミネルヴァ書房、2019年) 編著『映画とテクノロジー』(ミネルヴァ書房、2015年) 編著『映画の身体論』(ミネルヴァ書房、2011年) 共編著『アーネスト・ヘミングウェイ 21世紀から読む作家の地平』(臨川書店、2011年) 共著『ヒッピー世代の先覚者たち 対抗文化とアメリカの伝統』(小鳥遊書房、2019年) 共著『スタインベックとともに 没後五十年記念論集』(大阪教育図書、2019年) 共著『アメリカ映画のイデオロギー 視覚と娯楽の政治学』(論創社、2016年) 共著『冷戦とアメリカ 覇権国家の文化装置』(臨川書店、2014年) 共著『交錯する映画 アニメ・映画・文学』(ミネルヴァ書房、2013年)

上記内容は本書刊行時のものです。