版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
有翼女神伝説の謎 荒巻 義雄(著/文) - 小鳥遊書房
.

有翼女神伝説の謎 蝦夷地に眠る古代シュメルの遺宝

発行:小鳥遊書房
A5判
282ページ
並製
価格 1,900円+税
ISBN
978-4-909812-27-8
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年12月25日
書店発売日
登録日
2019年11月22日
最終更新日
2019年12月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-04-04 図書新聞  3443
評者: 渡邊利道

紹介

日本敗戦後、占領下の昭和24年の北海道、小樽湊……。
アメリカの犯罪雑誌の翻訳で糊口を凌ぐ私立探偵・山門武史は、謎の女性・申女卯女子と出会い、いつしか、わが国建国以前の謎に巻き込まれていく…。
蝦夷地と古代シュメルをつなぐ謎の線刻女神像を巡る、壮大な超古代史伝奇ロマン!
日本SF界の第一世代の代表的作家・荒巻義雄、満86歳の書き下ろし長編!

目次

第一部 シュメル金庫の秘密

第 一 章  山門探偵事務所 
第 二 章  冷凍倉庫の死     
第 三 章  小樽湊高商の教官      
第 四 章  父親の遺書の謎       
第 五 章  事件の背景 
     
第二部 シュメルの遺宝

第 六 章  非時香菓の島の夢     
第 七 章  シュメル研究会      
第 八 章  『原古事記』の真相    
第 九 章  倭人伝と馬      
第一〇章 有翼女神伝説      
第一一章 遺伝子の夢、無可有の夢
  
あとがきに代えて
    日本空白史の試み―神代史再構築  
用語解説        
取材写真一覧      
全登場人物一覧 

著者プロフィール

荒巻 義雄  (アラマキ ヨシオ)  (著/文

1933年小樽市生まれ。早稲田大学で心理学、北海学園大学で土木・建築学を修める。日本SFの第一世代の主力作家の一人。1970年、SF評論『術の小説論』、SF短編『大いなる正午』で「SFマガジン」(早川書房)デビュー。以来、執筆活動に入り現在に至る。単行本著作数180冊以上(文庫含まず)。1990年代の『紺碧の艦隊』(徳間書店)『旭日の艦隊』(中央公論新社)で、シミュレーション小説の創始者と見なされている。1972年、第3回星雲賞(短編部門)を『白壁の文字は夕陽に映える』で受賞2012年、詩集『骸骨半島』で第46回北海道新聞社文学賞(詩部門)2013年度札幌芸術賞受賞2014年2月8日~3月23日まで、北海道立文学館で「荒巻義雄の世界」展を開催。2014年11月より『荒巻義雄メタSF全集』(全7巻+補巻/彩流社)を刊行。2017年には『もはや宇宙は迷宮の鏡のように』(彩流社)を満84歳で書き下ろし刊行。2019年、北海道文学館俳句賞・井手都子記念賞現在も生涯現役をモットーに、作家活動を続けている。

上記内容は本書刊行時のものです。