版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日系カナダ人の移動と運動 和泉 真澄(著/文) - 小鳥遊書房
.

日系カナダ人の移動と運動 知られざる日本人の越境生活史

発行:小鳥遊書房
A5判
340ページ
上製
価格 3,400円+税
ISBN
978-4-909812-24-7
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年2月5日
書店発売日
登録日
2019年11月1日
最終更新日
2020年3月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本からカナダへの移住開始から現在までの歴史を、
国際関係、移民史、オーラルヒストリー、社会史、文化研究、法的分析
などを駆使して解説する、初めての日系カナダ人通史。
移民システムと排斥運動、太平洋戦争中の強制移動と収容、
戦後のコミュニティ再建過程と補償運動、
「バンクーバー朝日」野球チームなどについて、
トランスナショナル・ヒストリーの観点から
「ムーヴメント(MOVEMENT)=移動/運動」を鍵語に読み解く。

目次

はじめに

第一章 黒潮の果てに
    1.カナダ太平洋岸の発展
    2.日本人移民の到来
    3.初期日本人移民の職業
    まとめ

第二章 バンクーバー暴動をめぐるトランスパシフィック・ヒストリー
    1.二〇世紀初めの日本における移民会社と移民熱
    2.バンクーバー暴動の発生とその原因
    3.暴動の結末と一九〇七年以後のカナダへの移民システム
    まとめ

第三章 在カナダ同胞社会の発展
    1.女性の到来
    2.出稼ぎ移民労働者社会から日系エスニック・コミュニティへ
    3.カナダ社会との関わりと日系コミュニティの拡大
    まとめ

第四章 排日運動のカナダ的特徴と日本人移民の生存戦略
    1.投票権はく奪と本間留吉による裁判
    2.日本人移民枠の縮小
    3.漁業ライセンスの削減
    4.外国人土地法成立の阻止と日白農業者の相互関係
    5.バンクーバー朝日と日本人移民の生存戦略
    まとめ

第五章 鉄条網なき強制収容所
    1.太平洋岸からの強制移動
    2.財産の没収と売却
    3.分散政策と国外追放
    4.収容所の中での「生」
    まとめ

第六章 サバイバルからリバイバルへ
    1.第二次世界大戦後の日系人政策における転換
    2.日系人学生によるアイデンティティの模索と文化復興運動
    3.三世の日本体験
    4.雑誌『六華(Rikka)』とゴードン・ヒラバヤシ
    5.失われた歴史を取り戻すために
    まとめ 

第七章 桜とメープル
    1.日本語による日系史保存への努力
    2.バンクーバーの都市再開発とパウエル・ストリート
    3.バンクーバー市地域改善計画
    4.移民百年祭とパウエル祭
    まとめ 

第八章 リドレス運動
    1.アメリカにおけるリドレス運動
    2.カナダにおけるリドレス運動
    まとめ

第九章 戦時措置法の撤廃と緊急事態法案の改正
    1.戦時措置法撤廃発表と緊急事態法政府原案(Bill C-77)の提出
    2.全カナダ日系人協会(NAJC)の緊急事態法案修正案
    3.可決された緊急事態法
    4.残された問題――カナダの憲法と人権
    まとめ

第一〇章 バンクーバー朝日と日本人越境史の再生
    1.リドレス運動後の日系コミュニティと日系カナダ人研究
    2.「バンクーバー朝日」の歴史の再生
    3.太平洋をまたぐ「バンクーバー朝日」の物語
    4.新生バンクーバー朝日野球チームの誕生
    まとめ

おわりに
索引

著者プロフィール

和泉 真澄  (イズミ マスミ)  (著/文

東京生まれ。同志社大学グローバル地域文化学部教授。東京外国語大学、クイーンズ大学大学院政治学研究科を経て、同志社大学大学院アメリカ研究科博士課程修了。博士課程の一部をカナダ政府奨学生としてビクトリア大学で行なった。博士(アメリカ研究)。専攻は日系アメリカ人・日系カナダ人文化史。主著『日系アメリカ人強制収容と緊急拘禁法――人種・治安・自由をめぐる記憶と葛藤』(明石書店、2009年、単著)、『アメリカ研究の理論と実践――多民族社会における文化のポリティクス』(世界思想社、2007年、共編著)

上記内容は本書刊行時のものです。