版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
あおを はっけんした ちいさな ヤン - みならい えかきの おはなし ジャン-リュック・アングルベール(文、絵) - イマジネイション・プラス
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

あおを はっけんした ちいさな ヤン - みならい えかきの おはなし (アオヲハッケンシタチイサナヤン ミナライエカキノオハナシ)
原書: Jan, le petit peintre

児童図書
このエントリーをはてなブックマークに追加
A4変形判
縦268mm 横205mm 厚さ9mm
重さ 370g
40ページ
上製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-909809-50-6   COPY
ISBN 13
9784909809506   COPY
ISBN 10h
4-909809-50-3   COPY
ISBN 10
4909809503   COPY
出版者記号
909809   COPY
Cコード
C8798  
8:児童 7:絵本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年9月
書店発売日
登録日
2023年6月8日
最終更新日
2024年2月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

北海道指定図書選定

紹介

ヤンは、有名な画家のアトリエで見習いとして働く小さな少年。将来、立派な絵描きになりたいという夢をもっています。アトリエの1日の仕事が終わったあともひとり残って、画家の先生や年上の見習いたちの技術や仕事を覚える努力をしていました。 そんなある日、アトリエに伯爵夫妻が訪れて、絵の注文をします。伯爵夫人のドレスを「最も美しい青色」で描いてほしいと。中世と思われる当時、青色は大変貴重な顔料で簡単には手に入らなかったため、画家の先生は頭を抱えてしまいました。 現在「プルシャンブルー」と呼ばれている青色の発見の史実と、それが生まれる化学反応、少年の成長という様々なテーマが作品に織り込まれています。

版元から一言

「プルシャンブルーの誕生」

美しい色を使った美しい絵は、見る人の心を楽しませ、感動を呼び起こします。
大昔から人々は、その絵を描くためにいろいろな色をさがしてきました。色の材料とな
るのは、石、岩、土、植物など自然界にある素材でした。青色絵の具は、ラピスラズリ
という青い石から作られていました。しかし、その石はたいへん高価だったため、絵描き
のアトリエでは、この絵本に描かれているようにカギのかかる戸棚に保管し大切に使って
いました。ところが1704年ヨーロッパで、赤色を作ろうとしていた人が、偶然に青色を
作ったということが起きました。この絵本の中で見習い絵描きヤンに起きたことと全く
同じことが、本当にあったのです。
 その後の研究で、生物がもつある成分に、ほかのある成分を混ぜ合わせると、青色が
できることが科学的にわかりました。(注)人工的に作ることができるその青色は、また
たくまに世界中に広がっていきました。この青色は「プルシャンブルー」という名前で
今も世界各地で親しまれています。
日本には、1747年にオランダから輸入されたという記録が残っています。江戸時代の
人気絵師、伊藤若冲、葛飾北斎、歌川広重たちは、その新しい青色を使って魚、空、
海、川、富士山を描き、その絵は日本だけでなく世界で高く評価されました。
この絵本の途中で、自分たちの絵を描いてほしいという伯爵夫人が登場します。この伯
爵夫妻は、この絵本の原作者ジャン‐リュック・アングルベールが、15世紀のオランダの
画家ヤン・ファン・エイクの作品「アルノルフィー二夫妻像」(1434年)をもとにして描い
ています。この絵を絵本に取り入れたのは、アングルベールのユーモアと、過去の偉大な
画家ヤン・ファン・エイクへのオマージュ(尊敬の気持ち)と言えるでしょう。

(注)フェロシアン化カリウムに硫化第一鉄を反応させると青色ができます。

著者プロフィール

ジャン-リュック・アングルベール  (ジアンリユツクアングルベール)  (文、絵

作: ジャン-リュック・アングルベール

1968年、ベルギー生まれ。 バンド・デシネ(漫画)の道を進んだあとに、絵本作家となった。 ストーリは、あたたかくほのぼのとしており、水彩絵具で描いた絵は、明るくシンプルである。 日本で刊行された絵本に『あきの おわりの てんこうせい』(イマジネイション・プラス)、また絵を担当した『きめてよ、おじいちゃん』(文ジャン・ルロワ 光村教育図書 2015年)がある。 作家としての仕事の他、子どものための出版物にかかわる仕事もしている。 ブリュッセル在住。2人の娘の父親。

はしづめちよこ  (ハシヅメチヨコ)  (翻訳

訳: はしづめちよこ

元公共図書館司書、まちライブラリー@ブックハウスカフェ主宰、絵本・児童文学研究センター正会員、日本児童文学者協会会員。企画書に『ちいさな ハチドリの ちいさな いってき』(イマジネイション・プラス)、翻訳絵本に『あきの おわりの てんこうせい』(イマジネイション・プラス)、『ネネット こころの なかに とりの つばさを もつ おんなのこ』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。