版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
里の力で学校は残った 宮﨑 裕子(著) - リトルズ
.
詳細画像 0

里の力で学校は残った 小中一貫教育校 京都大原学院の挑戦

発行:リトルズ
発売:小さ子社
A5判
縦210mm 横148mm
336ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-909782-50-2
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年1月25日
書店発売日
登録日
2018年12月18日
最終更新日
2019年1月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 京都郊外、三千院などの歴史と風光明媚な山里として知られる大原の里、この地の市立中学校に4年ぶりに校長として赴任した著者が見たものは、少子化による学校の統廃合問題に揺れる地域の姿だった――
 地域の思いをくみ取り、地域の力で小中一貫校・コミュニティスクールを作ることを決意した著者は、ときに壁にぶつかりながらも地域に寄り添い、平成21(2009)年に京都大原学院の開設にこぎ着ける。
 開設までの苦闘、開設後の具体的な教育や日常に起こる問題、そしてそれをどう乗り越えたのか、さらには現場教員や地域・保護者・子どもたちの声などによる、開設10年を経た現在の姿までを、臨場感あふれる筆致と資料で詳細に描く。

目次

地域・保護者とともに歩む小中一貫・コミュニティスクール 大原学院(在田正秀)
里の心を持つ「学院」(小松郁夫)
就学前からの教育の中心地(センター)としての大原学院(小柳和喜雄)

はじめに

第1章 学校がなくなる!
 1 三度目の大原へ!
  (1)嵐の前触れ
  (2)少子化問題対策委員会
  (3)小学校130周年事業
 2 いざ校長として、学校をどうする!?
  (1)学校には地域の将来がかかっている
  (2)学校として何ができるか
 3 誰のための学校? 誰が学校を作る?
  (1)命がけの会話
  (2)PTAアンケートの結果
  (3)学校運営協議会の発足
  (4)小松郁夫先生との出会い
  (5)小柳和喜雄先生との出会い
 4 どうしたら学校を残せる?
  (1)市教育委員会との関係
  (2)特色のある学校とは?

第2章 大原の里とは……
 1 大原の歴史
  (1)いざ! という時の里人は
  (2)「新・平家物語」 ♪京都大原三千院で大ブレイク
  (3)天台声明の里としての大原
  (4)別所としての大原
  (5)大原に隠棲した人々
  (6)観光から農業地域としての再生
 2 学校への思い
  (1)学校と地域とのつながりは?
  (2)学校は地域行事に、地域は学校行事にどのように参加していったか
  (3)子どもたちを大原好きにするお母さんの力
  (4)大原の里って……

第3章 新しい学校づくりへ
 1 学校存続が決定!
  (1)学校設立が認められるまでの牽引力
  (2)もしや、学校存続?
  (3)ついに要望書提出
 2 学校づくりが始まる
  (1)学校づくりの主な組織
  (2)学校づくりの主な内容
 3 小中一貫教育校を生かした教育課程
  (1)これぞ、めだまづくり
  (2)教育の柱1 学力向上面
  (3)教育の柱2 つよい心と身体づくり
 4 小規模であるということは
  (1)統合で大きく問題視された3つの点
  (2)小規模で心配なこと
  (3)小規模であることを生かすこと

第4章 学校がスタートすると
 1 さあ開校だ! みんなで学校を作る
  (1)実は開設!
  (2)全校合唱
  (3)京炎そでふれ
  (4)おやじの会の活躍
  (5)学校中の大掃除
  (6)オオムラサキ公園の記念植樹
  (7)思いのつまった開設式
 2 見られて育つ、見て育つ
  (1)ひとつ屋根の下に暮らしてみて
  (2)モデルがあるということ
  (3)他校での中学生による小学生への読み聞かせ
 3 廊下一本で小中が結ばれる?
  (1)簡単には消えない壁
  (2)職員室が一つになったこと
 4 いつしか0歳から15歳の学びの空間
  (1)かわいい仲間たちが増えた!
  (2)小規模保育施設 小野山わらんべ
  (3)つどいの広場ぴーちくぱーちく
  (4)学童クラブ
 5 学校が地域に残ったことで
  (1)大原学院卒業第1期生の保護者の声
  (2)コミュニティスクールであることは……大原学院教職員の声

第5章 小中一貫教育校とは
 1 全国の状況
  (1)小中一貫教育が進められてきた背景
  (2)全国的に広まりを見せる訳
 2 京都方式と京都大原学院
  (1)京都の独自性
 3 子どもたちと地域の輝く未来に向けて
  (1)小中一貫教育の難しさ
  (2)本当に大切なことは

第6章 京都大原学院の今
 1 10年の歳月が流れると――教職員アンケートより
  (1)小中一貫教育について
  (2)ブロック制は
  (3)小中の壁は?
  (4)教科担任制
  (5)小野山わらんべ・ぴーちくぱーちく
  (6)管理職・教職員が次々と異動で入れ替わること
 2 子どもたちの学力は? 生活力はどう変化
  (1)小1からの英語活動
  (2)小3からの理科専科指導
  (3)学力
  (4)部活動
  (5)個別学習の保障
  (6)全校マラソン
  (7)生活力は
 3 9年間の集大成としての子どもたちの「大原提言」
  (1)「大原提言」テーマ一覧
  (2)子ども・教職員の声
 4 地域の思い
  (1)地域の方々の声
 5 現在の大原学院の取り組み
  (1)小中一貫教育小規模校サミット
  (2)新たな10年に向けて
 6 大原の里、今
  (1)里の今
  (2)子どもたちの今
  (3)お母さんたちの今
  (4)学校の未来

おわりに
あとがき

●資料編
資料1…小中連携総合プラン
資料2…大原青年会呼びかけ文
資料3…大原成人学校「どんぐりコロコロ」の取り組み
資料4…大原地域における小中一貫教育推進に関する要望書
資料5…めざす子ども像アンケート用紙
資料6…目指す子ども像
資料7…平成30年度『大人になる科』年間計画
資料8…佐竹和男「小中一貫教育校 京都大原学院の開設と地域の取組み」
資料9…京都大原学院の誕生から未来へ
資料10…小中一貫教育への道

著者プロフィール

宮﨑 裕子  (ミヤザキ ユウコ)  (

1949年 群馬県勢多郡富士見村生まれ 京都市在住 3女の母 8人の孫。
前橋女子高から早稲田大学教育学部卒 群馬県で3年間の教職を経て、1977年(昭和52)より京都市の公立中学校の教諭となる。初任は雲ケ畑小中学校。
大原中学校、高野中学校、大原中学校教頭、西賀茂中学校教頭を経て2006年大原中学校校長となる。赴任早々から統配合問題があり、地域住民の意向を汲みながら、学校存続を考え、小中一貫教育校・コミュニティスクールとしての京都大原学院の設立に関わる。
2009年(平成21)より京都大原学院初代校長、2010年より京都市山科図書館館長、2013年 退職。
2009年 京都市教育功労者表彰。

上記内容は本書刊行時のものです。