版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
自然・生業・自然観 橋本 道範(編集) - 小さ子社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 鍬谷
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909782090

自然・生業・自然観 (シゼンセイギョウシゼンカン) 琵琶湖の地域環境史 (ビワコノチイキカンキョウシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小さ子社
A5判
456ページ
並製
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-909782-09-0   COPY
ISBN 13
9784909782090   COPY
ISBN 10h
4-909782-09-5   COPY
ISBN 10
4909782095   COPY
出版者記号
909782   COPY
Cコード
C3021  
3:専門 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年3月31日
書店発売日
登録日
2021年1月17日
最終更新日
2022年4月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

自然に対する人間の観念(自然観)の本質はどのようなものであり、それはどのような原理で転換しているのだろうか――。
文理の枠を超えた多分野の研究者が、「生業」と「自然観」を軸に、1万1700年前の完新世以降、現代までの琵琶湖地域を対象に、自然と人間の関係を描き出す総合研究。
巨大地震、気候変動、資源の枯渇、そして地域の急激な人口減少に見舞われる現代日本に、新しい自然観の創造のための「地域環境史」を提起する。

■目次■
はじめに(橋本道範)

第1部 自然と自然観

第1章 繰り返された平安時代の近江地震 ― 地震の神・南海トラフ大地震・近畿東北部大地震―(保立道久)
第2章 幕末期における琵琶湖周辺の植生景観 ―「琵琶湖真景図」と「琵琶湖眺望真景図」を主な資料として―(小椋純一)
第3章 近代琵琶湖漁業の漁獲量の長期的な変遷 ― 人々は琵琶湖で何を採ってきたか―(藤岡康弘)
第4章 琵琶湖のヨシ(葭)地をめぐる近世人の自然観(東幸代)
第5章 森林を介した地域住民とカワウとの歴史的関係の地域差(亀田佳代子・藤井弘章・牧野厚史・前迫ゆり)

第2部 「ムラ」と自然観

第6章 先史社会における環境利用の稠密化 ― 社会規模からの推定―(瀬口眞司)
第7章 琵琶湖・淀川水系における中世漁撈について ― 御厨を中心に―(苅米一志)
第8章 近世人の水と土へのまなざし ― 湖岸村落を事例に―(鎌谷かおる)
第9章 中世惣村今堀郷の資源利用と自然観 ― 集落のなかの森づくり―(春田直紀)
第10章 日吉系祭礼にみられる自然観(市川秀之)
第11章 カヤネズミの生息環境と半自然草地に対する意識と管理(中村(澤邊)久美子)
終 章 自然・生業・自然観 ― 琵琶湖の地域環境史―(橋本道範)

著者プロフィール

橋本 道範  (ハシモト ミチノリ)  (編集

滋賀県立琵琶湖博物館専門学芸員.
主要論著:『日本中世の環境と村落』思文閣出版, 2015. 『再考ふなずしの歴史』サン
ライズ出版, 2016. 「地域環境史の自然観論―琵琶湖産フナ属のコード化をめぐって
―」石井美保・岩城卓二・田中祐理子・藤原辰史編『環世界の人文学―生と創造の探
究―』人文書院, 2021.

上記内容は本書刊行時のものです。