版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
片品村のカヲルさん 人生はいーからかん カヲル組(編) - ヘウレーカ
.

片品村のカヲルさん 人生はいーからかん

発行:ヘウレーカ
四六判
112ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-909753-03-8
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月25日
書店発売日
登録日
2019年2月13日
最終更新日
2019年5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-06-24 東京新聞/中日新聞  朝刊
2019-05-08 毎日新聞    朝刊  群馬

紹介

食の雑誌として若い女性から支持されている『季刊うかたま』(農文協)の人気連載「カヲル婆さんのいーからかん人生相談」が本になりました。

群馬県の豪雪地帯・片品村で農業を営む須藤カヲルさんが、『うかたま』の人生相談コーナーに82歳でデビューして10年。ゆるっと「いーからかん」(カヲルさんの口ぐせで、いいかげん、好い塩梅の意味)な回答が人気を集め、ご長寿コーナーとなりました。
その答えの中から「面白い」「役立つ」「癒される」ことばを、カヲルさんをリスペクトする女性たちが拾い出し、写真と組み合わせて一冊にまとめました。どこから読んでも楽しめるつくりです。傍らに置いて、いつでも好きなときにカヲルさんのことばを楽しんでください。

目次

恋愛のハナシ
夫婦のハナシ
女子のハナシ
親子のハナシ
仕事と人づきあいのハナシ
カヲルのハナシ
人生のハナシ

前書きなど

「いーからかん」とは、ゆるゆるっとしてこだわりのないこと。迷ったとき、困ったと
き、心がすっと楽になる魔法の言葉。群馬県片品村に暮らす須藤カヲルさんの口癖です。

カヲルさんはある日突然、雑誌の人生相談コーナーにデビューしました。近所の移住
女子みっちゃんが、猛烈に推薦したのです。村に生まれ、嫁ぎ、働いて子どもを育てた、
有名人でもお金持ちでもないカヲルさん。読者の身内にいるような普通のお婆ちゃん
を探していた編集者は喜んで依頼しました。
そして始まったカヲルさんの人生相談は初回から大好評。ファンレターも届く人気
コーナーとして10年以上続いています。

想像以上に「いーからかん」だったカヲルさんは想像以上に働きものでした。両足の靴下がそろったことのないカヲルさん。箪笥の引き出しが閉まったことのないカヲルさん。顔も手も真っ黒にして炭を焼き、牛を買い、味噌を作り、働いてきたカヲルさん。


「カヲルさんって実在の人物なの?」とよく驚かれます。普通のお婆ちゃんを見つ
けたつもりが、もはや稀な存在なのかもしれません。本書に収録した写真は、そんな
幻の?カヲルさんの日常そのもの。散らかった家も、つまみ食いも、煤けた顔も、そ
のまんまのカヲルさんが答える人生相談。
どうぞいーからかんに味わってください。

著者プロフィール

カヲル組  (カヲルグミ)  (

カヲルさんをリスペクトする、しまざきみさこ、高木あつ子、瀬戸山美智子のユニット。合言葉はもちろん「いーからかんでいこう」。

●しまざきみさこ(文&構成)
編集者。フリーランスとして旅・食・農・手仕事などをテーマに雑誌、書籍、Webに携わる。現在はイベントや商品企画なども手がける。季刊『うかたま』では編集統括として、カヲルさんの連載を企画。

●高木あつ子(写真)
フォトグラファー。第一次産業周辺の撮影が得意。10年前の取材でカヲルさんと出会って以来、片品村に通ってカヲルさんの写真を撮り続ける。2017年には写真展「片品村のカヲルさん」を開催。

●瀬戸山美智子(取材)
炭アクセサリー作家。片品村に2003年に移住。カヲルさんに出会い、味噌づくり、炭焼きなどさまざまな生業とともに生き方を学ぶ。屋号「iikarakan」でワークショップや野菜販売を展開中。

上記内容は本書刊行時のものです。