版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
探偵はここにいる 森 秀治(著/文) - 駒草出版
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784909646392

探偵はここにいる

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:駒草出版
四六判
352ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-909646-39-2   COPY
ISBN 13
9784909646392   COPY
ISBN 10h
4-909646-39-6   COPY
ISBN 10
4909646396   COPY
出版者記号
909646   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年3月24日
最終更新日
2021年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-20 読売新聞  朝刊
評者: 稲野和利(ふるさと財団理事長)
MORE
LESS

紹介

探偵の仕事は「追う」「撮る」「割る」

探偵社への依頼の多くは浮気調査である。依頼者(妻もしくは夫)が疑惑の目を向ける相手(夫もしくは妻)を探偵たちは「対象者」と呼ぶ。また、対象者の浮気相手である人物は「第二対象者」と呼ばれる。

「追う」とは、対象者を尾行すること。「撮る」とは、浮気の証拠を撮影すること。「割る」とは、浮気相手である第二対象者の自宅住所を押さえることである。
そのどれもが離婚調停の際、依頼者の強い武器となり対象者を追い詰めることになる。言い逃れできない証拠が探偵たちの手で積み上げられる……
探偵は自信の持つ経験と技術で、対象者に気付かれることなく不貞の現場を追い続ける。浮気相手とのスマホでのやり取りも撮影され、調査報告書に添付される。浮気相手の住所氏名はもちろん、その職場も特定されて慰謝料が請求されることになる。
追われた対象者は、探偵の姿はもちろん気配さえ気づくことなく丸裸にされていくのだ。

ドラマや映画で探偵を目にすることはあるが、現実社会においてその姿を見ることはない。男性なのか女性なのか。若いのか年配なのか。依頼者でさえ、現場の探偵の姿を見ることはない。
本書では、姿を現すことのない探偵九人に日常の業務で目にした生々しい現場の数々と自身の半生を語ってもらっている。
当事者たちの人生が大きく変わることになる現場で彼らは何を見るのか。
フィクションの世界ではヒーローとして描かれている探偵だが、現実の探偵はどのような素顔なのか。
社会の闇で絡み合った複雑で猥雑な糸をほどいていく……そんな探偵たちがここにいる!

目次

第一章:名探偵の条件
第二章:ピエロの脱皮
第三章:探偵愛
第四章:ドリンクバー
第五章:ハードボイルドの葛藤
第六章:探偵を辞める日
第七章:女探偵、現る
第八章:セカンドキャリア
第九章:依頼者A子の告白
第十章:追憶のホームズ
あとがき

著者プロフィール

森 秀治  (モリ ヒデハル)  (著/文

森 秀治(もり・ひではる) | 1976年生まれ。京都府出身。神戸大学理学部物理学科卒業、神戸大学自然科学研究科地球惑星科学専攻修了。出版社勤務を経て、現在はフリーランスの編集者&ライター。ビジネス書、自己啓発書、自然科学書を中心に、数多くの書籍制作に携わる。森まりも名義で著書『仕事の壁にぶつかった僕に、たとえば宇宙人なら何を教えてくれるだろう?』(大和書房)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。