版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
木地屋と鍛冶屋 桐村 英一郎(著) - 七月社
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: JRC
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。了解者名:西村

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909544230

木地屋と鍛冶屋 熊野百六十年の人模様

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:七月社
A5判
96ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-909544-23-0   COPY
ISBN 13
9784909544230   COPY
ISBN 10h
4-909544-23-2   COPY
ISBN 10
4909544232   COPY
出版者記号
909544   COPY
Cコード
C0039  
0:一般 0:単行本 39:民族・風習
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年2月24日
書店発売日
登録日
2022年2月7日
最終更新日
2022年2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

森を渡り歩いた漂泊民と炎を操る孤高の職人

木地屋から身を起こし長者となった小椋長兵衛、疫病退散の題目塔で名を残す木地亀蔵、その製品の評判が海外にまで轟いた新宮鍛冶の大川増蔵。
幕末から近代にかけて、熊野の地で活躍した三人をつなぐ細い糸をたどり、その末裔たちの現在までを追った人間ドラマ。

目次

まえがき

第一話 椎茸長兵衛──祖神の縁起を伝え持つ
第二話 金借り道──庄屋まで一札入れる
第三話 新たな発見──先祖への想いが実る
第四話 大義院──縁ある人をひとまとめに
第五話 賀田村──買った山林で潤う
第六話 木地亀蔵──長兵衛とつながる糸は
第七話 題目塔──疫病退散の願い込め
第八話 新宮鍛冶──入鹿、三輪崎鍛冶が合流
第九話 大川増蔵──新宮の川原町で開業
第十話 キリスト者──尾鷲で接し、新宮で洗礼
第十一話 熊野川町畝畑──出会いの縁の不思議

あとがき

前書きなど

木地屋(木地師)は山中に暮らし、トチ・ブナ・ケヤキ・ミズメといった木を刳り抜いて椀や盆、杓子などを作る職人だ。「木の国」熊野に近世たくさんいたが、今はもう山中にその姿を見ることはできない。一方、鍛冶屋は火と水、風を用いて鉄を鍛え、さまざまな生活、仕事の道具を作る職人である。ごくわずかだが、その伝統を守る人たちが各地にいる。

私は木地屋の痕跡を追って地元紙『熊野新聞』で二〇一九年九月から十六回連載し、それを本にした(『木地屋幻想』七月社、二〇二〇年)。その中で熊野市飛鳥町の奥地・池の宿に居を構え幕末に一財産築いた小椋長兵衛を取り上げ、彼から六代目にあたる小倉章睦さん(昭和二十年生まれ・愛知県津島市在住)から先祖への熱い想いを聞いた。
その小倉さんと親戚という、その名もずばり木地孝嘉さん(昭和十六年生まれ・愛知県あま市在住)は、明治時代に今の尾鷲市賀田町に「南無妙法蓮華経」のお題目を刻んだ題目塔を建てた木地亀蔵の末裔である。連載でそれを紹介した際、長兵衛と亀蔵のつながり、賀田という地区に興味を覚えたが、それ以上取材を深めなかった。

一方、新宮市で現在も鍛冶職を続けている大川治さん(昭和十一年生まれ)は旧知だが、その祖父大川増蔵の出身地が賀田で、大正時代に新宮に出て熊野川河口の河川敷で鍛冶屋を始めた、という事実を最近になって知った。
小椋長兵衛の名が文献(『晴雨日記』)に登場する幕末の文久二年(一八六二年)から百六十年。池の宿、賀田、新宮を結ぶ木地屋と鍛冶屋の人模様を描いてみたい。そんな気持ちで改めて皆さんに話を聞いて回った。

著者プロフィール

桐村 英一郎  (キリムラ エイイチロウ)  (

1944年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。朝日新聞入社後、ロンドン駐在、大阪・東京本社経済部長、論説副主幹を務めた。2004年末の定年後、東京を離れて奈良県明日香村に住み、神戸大学客員教授の傍ら古代史を探究。2010年秋から熊野市波田須町で暮らしている。三重県立熊野古道センター理事。熊野に来てからの著書に『熊野鬼伝説』『イザナミの王国 熊野』『古代の禁じられた恋』『熊野からケルトの島へ』『祈りの原風景』『熊野から海神の宮へ』『一遍上人と熊野本宮』『木地屋幻想』『熊野山略記を読む』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。