版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
緑の牢獄 沖縄西表炭坑に眠る台湾の記憶 黄インイク(著) - 五月書房新社
.
詳細画像 0 詳細画像 1

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909542328

緑の牢獄 沖縄西表炭坑に眠る台湾の記憶
原書: 緑色牢籠

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-909542-32-8   COPY
ISBN 13
9784909542328   COPY
ISBN 10h
4-909542-32-9   COPY
ISBN 10
4909542329   COPY
出版者記号
909542   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年2月19日
最終更新日
2021年10月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-10 朝日新聞  朝刊
評者: 阿古智子(東京大学教授・現代中国研究)
2021-03-22 YAHOO!ニュース  
評者: 一青妙
2021-03-19 nippon.com    3/19
評者: 一青妙
MORE
LESS

紹介

歴史の狭間に埋もれていた衝撃の史実。
かつて 10 歳で台湾から炭鉱のある沖縄・西表島へ渡り、以後 80 年以上島に住み続けた一人の老女。彼女の人生の最期を追いかけて浮かび上がる、家族の記憶と忘れ去られた炭鉱の知られざる歴史。
現代日本人が最も注目する二つの場。それは台湾と沖縄。日本人が思い出さなければいけない歴史の原点がここにある。

著者プロフィール

黄インイク  (コウインイク)  (

1988年生まれ。台湾・台東市出身。沖縄在住。台湾・政治大学テレビ放送学科卒業、東京造形大学大学院映画専攻修了。大学時代からドキュメンタリーの自主制作を開始。短編作品:台湾の出稼ぎタイ人労働者を取材した『五谷王北街から台北へ』(2010)、セルフドキュメンタリー『夜の温度』(2013)、なら国際映画祭とジュネーブ芸術大学のコラボ企画「Grand Voyage」の1つとして『杣人』(2014)を発表。 2013年より植民地時代の台湾から八重山諸島に移住した“越境者"たちとその現在を横断的に描く「狂山之海」シリーズを企画。第一作『海の彼方』(2016)は日本と台湾で一般公開し、大阪アジアン映画祭、台北映画祭ほか、新藤兼人賞「プロデューサー賞」受賞。第二作『緑の牢獄』(2021)は企画段階から注目され、ベルリン国際映画祭、スイス・ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭などに入選し、日本、台湾とフランスでの一般公開を控える。またプロデューサー活動により、チェコ・イフラヴァ国際ドキュメンタリー映画祭「新鋭プロデューサー2020」に台湾代表として選出。現在、沖縄と台湾を拠点に国際共同製作にも進出、「石垣島ゆがふ国際映画祭」ではプログラムディレクターも務めている。

黒木夏兒  (クロキナツコ)  (翻訳

1974年生まれ。横浜育ち。初の台湾旅行時に一目惚れしたBL小説『ロスト・コントロール~虚無仮説~』で2013年に翻訳デビュー。同一作者による『示見の目』シリーズは個人で受権し現在電子書籍で展開中。他の翻訳に日本時代の台北を舞台にした人気漫画『北城百畫帖』シリーズや、『書店本事』(共訳)などを翻訳。映画字幕は2016年に担当した『太陽の子(太陽的孩子)』、2019年の『書店の詩』に引き続き、本作が三度目。撫順生まれの父が少年期を筑豊で送っていた関係で本作に興味を持ち、映画本編の字幕とこの本の翻訳を担当させてもらうことに。興味の対象は台湾の漫画、ライトノベル、BLなどサブカルに加え、書店、歴史や魔界造建築など幅広い。次の地方選挙を見学に行けるかどうかが今一番の気掛かり。

上記内容は本書刊行時のものです。