版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
圧倒的!リベラリズム宣言 山口 二郎(著) - 五月書房新社
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909542021

圧倒的!リベラリズム宣言

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ17mm
240ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-909542-02-1   COPY
ISBN 13
9784909542021   COPY
ISBN 10h
4-909542-02-7   COPY
ISBN 10
4909542027   COPY
出版者記号
909542   COPY
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年4月
書店発売日
登録日
2018年3月16日
最終更新日
2018年4月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

“知の精鋭たち”が真正に問い、真正に語る、現代の対話篇「TOPICA2018」シリーズ第1弾

「フェイク政治」から本来の政治へ
安倍政権の長期化の中でいかに政治を転換するか


◆巻頭言〔佐藤章〕
現代の対話篇「TOPICA 2018」

◆安倍政権の長期化の中でいかに政治を転換するか〔山口二郎〕
1. 日本政治の危機
2. 2017総選挙の意味
3. 立憲民主党の課題
4. 2020年代をどう生き抜くか

◆鼎談:平成の終わりに見えてきた次の時代の政治のカタチ〔山口二郎×外岡秀俊×佐藤章〕
・希望の党の「排除宣言」をどう受け止めたか
・リベラル新党を作るしかない
・前原誠司からの電話
・民進党解体の意味
・排除発言の「正当性」と希望の党の失速
・国際情勢のなかの国内政治
・若者のシニシズムと実感のない好景気
・放たれなかったアベノミクス三本目の矢
・台風一過だった小池旋風
・朝鮮人犠牲者への追悼文見送りとウルトラ右翼人脈
・実体のない希望の党
・政権選択という呪縛
・リベラリズムをどう捉え直すか
・リベラリズムの日本的系譜
・自民党もかつては立憲主義だった
・自己目的化する改憲
・自主と従属
・ポスト・トゥルースとフェイクの上の権力
・9条と自衛隊
・政権構想なき政権交代
・民主党政権の成果
・なぜ核燃サイクルを放棄できないのか
・立憲民主党の課題
・必要性があいまいな改憲論

◆政権への道〔外岡秀俊〕
・ドイツ社会民主党
・米民主党改革とクリントン
・ニュー・レイバー
・政権奪取の条件
・米民主党の低迷
・「メイン」は何か

◆公開対談:メディアと政治、そして市民 〔山口二郎×外岡秀俊〕
・現代日本の「凡庸な悪」
・メディアコントロールへの反発
・「規制緩和」「民営化」の実態
・前川バッシングの破綻
・予想外だったトランプ選出と英国のEU離脱
・公共空間の縮小とポスト・トゥルース問題
・住民投票の可能性と危険性
・ヘイトスピーチに両論併記は必要か
・既存メディア再生のカギは自浄能力
・市民運動とメディア
・市民に政治を動かす力は有るのか
・若者が支持する安倍政権
・考えない人とどう向き合うか
・記者クラブの功罪

◆「フェイク政治」から圧倒的!リベラリズム宣言へ 〔佐藤章〕


99%の国民の自由ではなく、トップ1%の自由を目指す新自由主義のアベノミクス。森友学園や加計学園、スパコン疑惑などに見られる堕落した行政。憲法を尊重し擁護する義務を放擲し、ほとんど意味をなさない改憲を唱え続ける安倍首相。これら一連の「フェイク政治」から一刻も早く離脱し、本来のリベラリズムの政治へと日本の政治の軌道を敷き直すこと。これが、99%の国民の切なる願いだろう。『圧倒的!リベラリズム宣言』。本書のタイトルの由来はここにある。(「あとがき」より)

著者プロフィール

山口 二郎  (ヤマグチ ジロウ)  (

法政大学法学部教授・行動する政治学者
1958年生まれ。東京大学法学部卒、北海道大学法学部教授、同大学院公共政策学連携研究部教授などを経て、2014年より現職。最初の著作『大蔵官僚支配の終焉』(岩波書店)により、自民党と財務省による政治・行政支配の構造・実態を暴き、1990年代から2000年代に続く政治改革の深い底流のひとつを形作る。2009年の民主党政権成立をめぐっては、小沢一郎、菅直人、仙谷由人各氏らとの交友を通じて政権交代に影響を与える。立憲主義の立場から安倍首相を痛烈に批判、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の結成にかかわる。

外岡 秀俊  (ソトオカ ヒデトシ)  (

ジャーナリスト・作家
1953年生まれ。東京大学法学部在学中に、石川啄木をテーマにした小説『北帰行』(河出書房新社)で文藝賞を受賞。朝日新聞社に入社、ニューヨーク特派員、AERA編集委員、ヨーロッパ総局長などを経て、東京本社編集局長。同社を早期退職後は、震災報道と沖縄報道を主な守備範囲として旺盛な取材・執筆活動を展開。『地震と社会』『アジアへ』『傍観者からの手紙』(ともにみすず書房)、『3・11 複合被災』(岩波新書)、『震災と原発 国家の過ち』(朝日新書)、などのジャーナリストとしての著書のほかに、中原清一郎のペンネームで小説『カノン』『人の昏れ方』(ともに河出書房新社)なども発表。

佐藤 章  (サトウ アキラ)  (著/文

ジャーナリスト・五月書房新社編集委員会委員長
1955年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞社に入社、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部などで政治、経済、社会問題、国際問題などの取材に携わる。ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職、請われて五月書房新社の編集委員会委員長に就き、本シリーズ「TOPICA 2018」の企画を立ち上げた。慶応義塾大学非常勤講師も務める。著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』『密告される生徒たち』(朝日新聞社)、『山形の政治』『ルポ内申書』(未來社)など、共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。