版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
民間貸家経営と家主の果たした役割 佐藤 和宏(著/文 | 原著) - 西山夘三記念すまい・まちづくり文庫
..
【利用不可】

民間貸家経営と家主の果たした役割 (ミンカンカシヤケイエイトヤヌシノハタシタヤクワリ) くいつぶし型経営の歴史的意義 (クイツブシガタケイエイノレキシテキイギ)

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
46ページ
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-909395-13-9   COPY
ISBN 13
9784909395139   COPY
ISBN 10h
4-909395-13-X   COPY
ISBN 10
490939513X   COPY
出版者記号
909395   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年10月1日
書店発売日
登録日
2023年9月4日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書のキーとなる問いは、いま住まいがどうして問題になったのか、ではなくて、これまで住まいがどうして問題にならなかったのか、という問いである。戦後の高度経済成長期を中心とした、主に東京の民間貸家経営をくいつぶし型経営と呼ぶが、副業的・兼業的に個人経営がなされるがゆえに、「適切な」利潤が圧迫されても、経営が継続されるという特殊性を有しているのが、くいつぶし型経営の定義である。このくいつぶし型経営が、住まいの問題に対して様々な役割を果たしたことによって、住まいの社会問題化を未然に防いだのではないか、と考えた。本書では、高度経済成長期におけるくいつぶし型経営とその意義にスポットを当てて、現在の住まいの問題についてどう考えたらいいかという問いに貢献したい。

目次

はじめに―なぜ今、住まいが問題になったのか
1 どうして民間借家が問題なのか? ―くいつぶし型経営の歴史的諸前提
2 くいつぶし型経営 ―戦後日本の民間貸家経営
3 くいつぶし型経営の諸機能
4 くいつぶし型経営の変容と現在
5 まとめ

著者プロフィール

佐藤 和宏  (サトウ カズヒロ)  (著/文 | 原著

1988年、静岡県生まれ。現職、高崎経済大学地域政策学部准教授。東京大学人文社会系研究科博士課程修了、博士(社会学)。日本学術振興会特別研究員(DC1)、東京大学社会科学研究所特任研究員、高崎経済大学地域政策学部講師などを経て現職。専攻は住宅政策論、社会学。主な論文に「コロナショックは住宅問題にどのように現れているか」『地域政策研究』など。

上記内容は本書刊行時のものです。